JR西日本ー嵯峨野線「京都~丹波口駅間」の京都鉄道博物館近くの新駅のデザインなど概要が判明。開業は2019年春を予定!

 th_002_2016081322445337b.jpg



JR西日本は2016812日発表のニュースリリースで、嵯峨野線の「京都~丹波口駅間」の京都鉄道博物館近くに計画している新駅のデザインなど概要を発表しました。新駅の所在地は下京区観喜寺町で、七条通と嵯峨野線の交差部付近に設置され、梅小路公園と今年4月にオープンした京都鉄道博物館の最寄り駅となります。新駅は梅小路の活性化などを目的に設置が検討され、20152月にJR西日本と京都市が基本合意書を締結していました。新駅の工事の着手に先立ち、919日に安全祈願祭と起工式が行われ、開業は2019年春の予定を予定しています。




 ※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!












th_001_201608132244514ea.jpg




<新駅舎の特徴>
基本コンセプトは、「梅小路公園および京都市西部地区の玄関口として、鉄道を意識しつつ、地域との連携を育むデザイン」となります。京都の町並みの「縦格子・縦縞」、京友禅の反物の「縦長矩形」、工芸品に用いられる「梅柄(光琳梅)」を引用するとともに、公園と調和し、地域のシンボルとなるように、ホームの外壁や入口部を曲面として、京都らしい色彩計画となっています。



<新駅計画概要>
・高架下駅舎(約1,000平方メートル)
・ホーム(相対式2面:幅員3メートルから6.7メートル)
・旅客上家(屋根)
・エレベーター(2基:各ホーム1基)
・エスカレーター(4基:各ホーム上下1基ずつ)
・自動改札(4通路)
・券売機(3台)








th_IMG_0428_201608132345522ce.jpg



現在は京都駅からバス、もしくは徒歩でのアクセスとなっている「京都鉄道博物館」。新駅の開業後は同博物館へのアクセスが格段に向上する事になります。













IMG_2038.jpg 

京都鉄道博物館の近くにある京都水族館にとっても新駅の開業は朗報です。

概要が明らかになった、JR西日本ー嵯峨野線「京都~丹波口駅間」の新駅。開業は2019年とまだ少し先ですが、2つの博物館と公園が集中している梅小路地区が京都観光のメニューに組み込まれる事になり、同市の観光スポットのバリエーションが一段と強化される事になりそうです。

関連記事
[ 2016/08/13 23:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

阪急京都線との交差地点にも新駅を

JR嵯峨野線と阪急京都線の交差地点に両線新駅作って乗り換えできるようにして欲しいな。
[ 2016/09/07 23:35 ] [ 編集 ]

大阪方面への短絡線は

確か廃止にされる(もう廃止になったのかな?)はずですが、あの高架線はどうなるのでしょう?
その点を思い出しました。
[ 2016/08/15 08:58 ] [ 編集 ]

おはようございます٩(´ω`*)و

京都の新たな2大観光スポットとなった京都水族館と鉄道博物館。この新駅ができることによって、アクセスが大変便利になってさらに人気が上がるでしょうね。

・・・とはいえ、私はまだどちらも行ってません(^^;)そして最後の画像を見て、❝京都水族館て、こんな外観だったのか❞と初めて知りました。水族館というよりは「美術館」みたいですね。
[ 2016/08/14 09:47 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3840-c6d265aa