関空内の商業施設「エアロプラザ」に簡易宿泊施設「ファーストキャビン」が進出!2017 年 3 月にオープン予定!


th_P1100040.jpg


関西エアポート株式会社は、2016年8月9日に発表したニュースリリースで、関西国際空港内にある商業施設ビル「エアロプラザ」北側に簡易宿泊施設「ファーストキャビン」を開業すると発表しました!


「ファーストキャビン」は飛行機のファーストクラスをイメージしたコンパクトホテルで、低料金でありながら大浴場やラウンジなど充実したサービスで評価を得ている高級カプセルホテルチェーンで、東京、関西を中心に展開を行っています。 関西エアポート株式会社は「24 時間空港の関西空港では、深夜・早朝便のお客様を中心に、幅広いお客様にご利用いただける」との考えの様です。また、関西空港では、インバウンドのお客様にも喜んでいただけるよう「ファーストキャビン」では「和」のコンセプトの内装を施すことを計画しています。


【出典元】
関西エアポート株式会社>
エアロプラザに「ファーストキャビン」が OPEN(PDF)



【過去記事】
関空の商業施設「エアロプラザ」が大規模改修、トランジット(乗り継ぎ)ホテルを整備。バンシ・エアポートの運営ノウハウを導入!








th_005_20160814002308f0d.jpg






「ファーストキャビン」の場所は上記図の通りです。関空駅側から見て右側奥の3・2階に
153(予定)の規模での出店となります。









th_006_20160814002309eb4.jpg


客室(キャビン)のイメージ図です。ファーストキャビンは旅館業法上は簡易宿泊所となる為、各キャビンの出入口に施錠する事ができません。その為、セキュリティ性高める為、各キャビン内に施錠可能な大型の収納が用意されています。



















th_007_20160814002310fcb.jpg


共用ラウンジのイメージ図です。訪日外国人旅行客に喜んでもらえるように和のテイストが散りばめられた空間演出がなされます。




















th_008_201608140023111cc.jpg

エントランスのイメージです。ファーストキャビン関西空港のエントランスはエアロプラザの3階に位置しています。













th_IMG_0053_20160814004140219.jpg


24時間空港の必須施設とも言える簡易宿泊所が整備される事になったエアロプラザ。関西エアポートに出資する仏空港運営会社バンシ・エアポートの運営ノウハウが早速導入された形ですが、宿泊料金が5000円はちょっと高い?また、153室の規模で足りるのか!?と言うのが正直な感想です。さて、エアロプラザに進出するファーストキャビンの稼働率がどの程度になるのか?またどの様に評価されるのか?お手並み拝見といった所ですね。




関連記事
[ 2016/08/14 00:30 ] その他 空港 | TB(0) | CM(10)

関空の話題

http://www.nikkei.com/article/DGXLZO06419720T20C16A8LDA000/

“関空国際線、快適性狙う 日航、新内装を投入 外資は最新鋭機”
[ 2016/08/25 14:39 ] [ 編集 ]

南海とトランスアジア

http://www.nankai.co.jp/library/company/news/pdf/160823.pdf

~トランスアジア航空が初めて鉄道会社と連携したお得なきっぷ~
「TranceAsia Airways & NANKAI Railway Ticket」を発売します
[ 2016/08/23 22:04 ] [ 編集 ]

昼間のショートステイで大浴場を利用したあとちょっと仮眠という使い方もいいですね。
[ 2016/08/16 11:44 ] [ 編集 ]

関空の利用者は関西地方の人だけじゃないです。国際線利用のため新幹線や長距離バスで来阪される方は時間調整も必要ですし、国内線で来阪して出国される方はターミナルから出てトランジットホテルとしても使えます。部屋数、値段設定も開業段階として適切だと思いますよ。むしろ訪日客でどの層がターゲットなのかよく見えません。観光客は市街のホテルを予約しているでしょうし、やはりLCC利用の近隣諸国でしょうか。
[ 2016/08/14 21:42 ] [ 編集 ]

羽田空港内の簡易宿泊施設「ファーストキャビン」の評判を調べてみたんですが、ホテルを期待する方にはいまひとつみたいですね。アコーディオンカーテンでの仕切りのみ(多分法律でドアや鍵はつけられない)でいまいち落ち着かないらしいです。でもこれで必要十分と感じる人も多いみたいで値段、部屋数含めギリギリのバランスじゃないですかね。
[ 2016/08/14 20:26 ] [ 編集 ]

空港で泊まれるという利便性を考えると国際的な感覚で言えば5000円は決して高くないのでは。
足を伸ばして快適にゆっくり眠れるなら十分リーズナブルだと感じます。

ヨーロッパなどでは都心から離れた町外れのボロボロのB&Bでも5,000円取られます。

いくら寝れるといってもネットカフェは外国人にはとっつきにくいですし。

日本人客はそもそもターゲットではないでしょうね。
[ 2016/08/14 19:17 ] [ 編集 ]

個人的には関空には広い休憩室のある銭湯があると凄くありがたいです。
[ 2016/08/14 19:00 ] [ 編集 ]

仮眠室ならネットカフェで十分ですし
LCC使う層ならベンチで仮眠が多いです。
わざわざ宿泊施設を作る必要は無いとおもうのですが。
[ 2016/08/14 18:56 ] [ 編集 ]

これはちょっとという施設で、深夜便での仮眠には高すぎ、いわば泉州地区のホテルとして機能しそう。
何年か後には大阪市は24時間都市として、鉄道も24時間運航となるので、仮眠施設はいらないと判断したのか。
民営化後大きな動きもなく、それも心配。

[ 2016/08/14 09:48 ] [ 編集 ]

一旦入国の必要があるので厳密にはトランジットホテルではありませんね。ハブ機能を高めるためもっとトランジット客を増やすようターミナル保税区域内にも同レベルの宿泊施設の整備は必要ですね。
[ 2016/08/14 02:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3841-fd2a5854