愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 16.08

th_001_20150207221256713.jpg

【出典元】2017年春、名古屋キャンパスに本館(研究棟)・グローバルコンベンションホール完成予定<2期工事>


愛知大学名古屋校舎第2期工事は、現在の愛知大学名古屋キャンパスの東側B-2敷地)にある駐車場・駐輪場で、建設される超高層キャンパスを建設する再開発計画で、高さ約100mの超高層キャンパスが建設されます。超高層ビルとなる本館(研究棟)には研究室のほか教室、学生用のスペースが設けられます。また、B-2敷地南側にはグローバルコンベンションホールが建設され、学会や国際会議等が開催できる600名収容のホールが設けられます。



【出典元】
2017年春、名古屋キャンパスに本館(研究棟)・グローバルコンベンションホール完成予定<2期工事>


【過去記事】
愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 16.05
愛知大学名古屋校舎第2期工事の状況 15.09



【施設概要】

100
m級のシンボル性
環境性能とデザイン性を併せ持つエコボイドの設置
グローバルコンベンションホール(600名収容)の設置
教室数の拡大(1.5倍)と研究室の本館(研究棟)への移転
学生用のスペース(ラウンジ、フリースペース、自習室)を拡充
グローバルスペースやラーニングコモンズの設置
館(研究棟)の最上階に学生、見学者のためのラウンジを設置
上空通路(2階、5階)の設置
機械式駐車場の設置
超高層建物として高度な耐震設計、地盤の液状化対策、備蓄倉庫の確保










th_IMG_1442_20160822234106d9b.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年05月頃だったので約3ヶ月振りの取材です。カーテンウォールユニットの取り付けが最高部まで進み、外観はほぼ完成状態になりました!














th_IMG_1440.jpg

【スペック】
名称:愛知大学名古屋校舎第2期工事
所在地愛知県名古屋市中村区平池町四丁目606
階数:地上23階、塔屋2階、地下1
高さ:最高部93.80m
構造S造、一部(SRC造、RC造)
杭・基礎 場所打コンクリート拡底杭、2000φ4200φ41m×10
主用途:大学
総戸数:-----
敷地面積 4,957.00
建築面積 2,299.72
延床面積 13,929.46
建築主学校法人 愛知大学
設計者日建設計
施工者鴻池組
着工:201502
竣工201703月(予定)










th_IMG_1448.jpg


真正面から見た様子です。














th_IMG_1467_20160822234103c51.jpg



さらに角度を変えてみた様子です。













th_IMG_1477_2016082223410481c.jpg


少し撮影ポイントを変えて、高層棟(本館)に併設されるグローバルコンベンションホールの様子です。














th_IMG_1479_201608222341158e5.jpg


高層棟(本館)との並びです。















th_IMG_1481_20160822234117d06.jpg


既存の講義棟、厚生棟と本館を結ぶ、連絡通路の様子です。














th_IMG_1452_201608222341141d4.jpg


反対側から見た様子です。














th_IMG_1402.jpg


さらに撮影ポイントを変えて、ささしまライブ駅側から見た様子です。














th_IMG_1020_201608222341212a2.jpg


最後はミッドランドスクエアの展望台から見た様子です。

関連記事
[ 2016/08/23 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(1)

高層棟は・・・

なんかパッと見、大阪のオリックス本町ビルに似てますね|ω`)
それで高さも90m台とのことですけど、もっと高さがあるように見えます。

最近は都心部で高層のキャンパスと建てるケースが増えてきているように感じました。
[ 2016/08/23 00:06 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3857-41566fcd