羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業は、地上23階建・145戸のタワーマンションと商業施設の複合ビルに

th_002_20161012220449372.jpg

東急不動産株式会社は、2016年10月12日付けのニュースリリースで、同社が2012年より参画している、羽衣駅前地区市街地再開発組合が施行中の羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業が、2016年10月11日に大阪府より権利変換計画の認可を受けたと発表しました。

この再開発事業は、2012年の組合設立以来「南海本線・高師浜線連続立体事業」に伴う新駅舎の整備や南海本線の高架化、「羽衣駅前地区市街地再開発事業」実施による駅前広場及び周回道路、南海羽衣駅・JR東羽衣駅間の連絡デッキ整備などの公共整備と合わせて計画されてきましたが、2014年3月に東急不動産が再開発組合と住宅参加組合員協定書を締結し、権利変換計画を策定した上で、今回の認可に至りました。上記の連絡デッキ整備により、南海羽衣駅及びJR東羽衣駅の両駅から再開発ビルへの直接アクセスが実現するなど、交通結節点としての機能を最大限活かした市街地の形成が図られます。


【出典元】
東急不動産>
羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業(PDF)


 ※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!














th_001_20161012220447341.jpg



【スペック】
物件名 羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業 
施行者 羽衣駅前地区市街地再開発組合 
所在地 大阪府高石市東羽衣3丁目他 
敷地面積 2,151.51㎡ 
建築面積 1,579.51㎡ 
延床面積 18,113.86㎡ 
専有面積 10,949.35㎡ 
建物用途 共同住宅、商業施設、駐車場 
計画戸 145戸 
構造 鉄筋コンクリート造 地上23階、地下1階 
設計 株式会社アール・アイ・エー 
施工 特定業務代行者(公募予定) 
着工 2017年3月(予定) 
販売開始 2017年秋頃(予定) 
竣工 2019年夏頃(予定)

















th_IMG_0022_20161012220809803.jpg


再開発ビルは、地上23階建て、延床面積18,113㎡、145戸の規模で南海本線―羽衣駅とJR東羽衣駅の間に建設されます。また、南海・JRの両駅の間は2階レベルで歩行者デッキにより直結されます。












th_IMG_0062_20161012220810c29.jpg


羽衣駅前地区第一種市街地再開発事業により、南海・JR両駅の乗り換えがスムーズになり、乗り換えターミナル駅としての機能向上が見込めそうです。高架化と今回発表の再開発により、羽衣駅周辺の景観は一変する事になりそうですね。

関連記事
[ 2016/10/13 00:00 ] 大阪府下 堺・高石 | TB(0) | CM(1)

両駅の位置関係は

阪急と阪神の今津駅に似てますよね。こちらも共に高架駅でありデッキでつながっています。ただ駅のそばに、こういった高層ビルはありませんが…

大阪都心部以外では久々の高層物件で、楽しみですね(^-^)
[ 2016/10/13 16:46 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3912-7169653a