「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」の関西初出店が明らかに!日本初の寺院山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生!

th_IMG_2795.jpg


東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースによると、2016年1月に閉館した「御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になります。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。



まさかの御堂会館の建替え、さらにホテルを内包した複合高層ビルの建設計画の発表には、本当に驚きました!
※福島区民さんから情報を頂きました、ありがとうございました!



【出典元】
東急ホテルズ>「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ









th_IMG_6336.jpg


「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ

大阪のメインストリートである御堂筋の名前の由来ともなった「南御堂」難波別院は、これまで400年に亘り、親鸞聖人が顕かにされた浄土真宗の教えを伝えてきました。その中で「御堂会館」は、1961年に難波別院の山門を兼ねて建設されて以来、教化伝道や文化交流発展など大阪市民の皆さまに親しまれてきましたが、施設の老朽化が進み、2016年1月をもって閉館していました。

難波別院は、将来に亘って浄土真宗の教えを発信していくために「御堂会館」が必要であると考え、事業者の資金による建替を模索し、「御堂会館」の建替に着手すべく、積水ハウスグループの積和不動産関西を建替事業者とし、東急ホテルズ(東が運営する「エクセルホテル東急」を主たる用途として決定し定期借地権の設定契約に至りました。



1.建替事業者の決定について
真宗大谷派難波別院では、老朽化が進んでいた御堂会館を2016年1月より閉館し、定期借地権を活用した建替を検討してていました。複数の事業者の中から提案を募り検討を重ねました結果、積和不動産関西株式会社を選定し事業者として決定しました。


2.建替後の主たる用途および運営者について

建替後の用途は、株式会社東急ホテルズが運営する、日本初の寺院山門と一体となったホテルに加え、浄土真宗の教えを
発信していくための難波別院の総合案内所や多目的会議室等を含む、高層の複合施設となります。


3.東急ホテルズが運営するホテルについて

本ホテルは、御堂筋の新たなランドマークに相応しい、関西初の「エクセルホテル東急」として誕生します。これまで多くの人とひととが出会い、心とこころとを結び、広く文化交流の役割を担ってきた難波別院の歴史を継承し、世界各国から集まるお客様に、日本のおもてなしや上質な滞在空間を体感していただける新しいホテルを提案します。


4.事業スキームについて
真宗大谷派難波別院の境内地の一部に60年間の定期借地権を設定した上で、積和不動産関西株式会社が複合施設を建設の上、事業を行います。


5.スケジュールについて
東京五輪前の2019年冬の開業を目指し、既存建物2棟(御堂会館、教化センター会館)の解体、インフラ再整備、及び新築建物の基本設計につきましては既に着手しました。

関連記事
[ 2016/10/27 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

よく映画の試写会を観たなあ。
[ 2016/10/30 09:57 ] [ 編集 ]

このニュースは驚きでした(*'▽'*)

まさかのお寺とホテルの一体開発!しかも東急ホテルズの上級ブランドである「エクセルホテル」初出店とは…

どういったものになるのか本当に楽しみです(´∀`)
[ 2016/10/26 23:37 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/3942-ae81a88c