JR西日本が京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを計画、開業は2019年春頃を予定!

 th_003_201702022303401f0.jpg


ジェイアール西日本ホテル開発とジェイアール西日本デイリーサービスネットは、JR京都駅前に合計で約900室規模のホテルを出店すると発表しました!今回の計画は、JR京都駅八条口から徒歩2分という抜群のロケーションに、ジェイアール西日本ホテル開発の運営するハイクラス宿泊特化型ホテル(新規ブランド)と、ジェイアール西日本デイリーサービスネットの100%出資子会社であるJR西日本ヴィアインが運営する宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」の2棟が並んで誕生する事になり、2019年春ごろの開業を予定しています。



【出典元】
JR西日本ニュースリリース>JR京都駅前に2ブランド計900室の新規ホテルを開業(2019年春ごろ)



※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました!













th_001_20170202230338b8c.jpg


東側敷地

運営者:㈱ジェイアール西日本ホテル開発
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:3,148㎡
用途:ハイクラス宿泊特化型ホテル「新規ブランド名(未定)」
建物概要:地上9階
客室数:約430室
開業:2019年春頃(予定)


西側敷地

運営者:㈱JR西日本ヴィアイン
所在地:京都市南区東九条上殿田町42番地(京都駅八条口徒歩2分)
土地面積:2,800㎡
用途:宿泊特化型ホテル「ヴィアイン」
建物概要:地上10階
客室数:約470室
開業:2019年春頃(予定)













th_002_201702022303406a0.jpg


JR西日本は、この計画により世界有数の観光都市「京都」の玄関口であるJR京都駅周辺において、京都駅ビル内にある既存のホテルグランヴィア京都に加え、八条口側にハイクラス宿泊特化型ホテルの新規ブランドと宿泊特化型ホテルのヴィアインの3つのブランドの異なるホテルを展開する事となり、これにより様々なニーズの宿泊者に対応する体制が整い、同社の収益性向上に寄与する事になりそうです。

関連記事
[ 2017/02/03 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(2)

敷地6000平米、総客室数900のハイクラス型ホテル、東京や大阪の中心部なら高層ビルになる可能性が高いですが、こう言うのを見るとさすが京都って感じがしますね。
個人的には上に伸ばして欲しいですが(笑)
[ 2017/02/04 18:13 ] [ 編集 ]

きめ細かなニーズに対応

高級シティホテルの「グランヴィア」・リーズナブルなビジネスホテル「ヴィアイン」につづいて、その中間の位置づけとなるワンランク上の新ブランド宿泊特化型ホテル。利用客に使い分けの選択肢を増やしている。
時勢を的確に読む、近年のJR西日本の積極的な経営姿勢が如実に反映されているなあと感心しました。

大阪でも駅ビルのグランヴィア・阪急東通り商店街に建設中のヴィアインに加え、弥生会館跡地にも同様に新ブランドホテルが建設されますね。
それにしても2軒合わせて客室数900とはビッグプロジェクトだと思います。また京都ならばそれだけの需要は十分あるでしょう。
近畿圏ではいまや大阪と京都はホテル建設ラッシュのツートップと言っても過言ではなさそうですね(^-^)
[ 2017/02/03 00:28 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4094-d1211e60