(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事の状況 17.01

 th_IMG_0600_201702052222052ab.jpg

(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事は、大阪市北区曽根崎新地一丁目の大阪駅前第3ビルの南側で建設中のホテル計画です。計画地は2009年3月末に閉館した「ホテルモントレ グラスミアハウス」の跡地で、閉館後は駐車場として使われていました。今回の計画により、「モントレの跡地」に「モントレがバーションアップして復活」する事になります。
















th_IMG_0592_2017020522220354d.jpg



【スペック】
名称:(仮称)ホテルモントレ梅田 新築工事
所在地大阪市北区曽根崎新地一丁目13-9他(地名地番)
階数:地上17階
高さ:64.5m
構造S造
杭・基礎
主用途:ホテル
客室数-----
敷地面積:1,326.92㎡
建築面積:1,019.24㎡
延床面積:13,746.88㎡(容積対象面積12,699.13㎡)
建築主マルイト
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2016年12月
竣工2018年08月(予定)













th_IMG_0597_201702052222078c6.jpg



ホテルモントレの建物のデザインやインテリアは、ヨーロッパの伝統や生活洋式をテーマとしているのが特徴で、それぞれのホテルにモデルとする都市があり、その都市の歴史や風土を参考に、外観・内装や客室内のインテリアがデザインされています。また、教会や披露宴会場もホテル同様テーマに合わせたこだわりのデザインになっており、個性に合わせて利用できます。ホテルモントレ梅田の外観デザインがどうなるのか?も楽しみの1つです。












th_IMG_0591_20170205222209d49.jpg



北西側から見た現地の様子です。ちなみにホテルモントレの名称「Monterey」は、スペイン語でmonte(モント)が「山」、rey(レ、レー)が「王」を意味しており、初出店の地が東京都大田区山王だったことに由来するそうです。












th_IMG_0605_201702052222093d4.jpg


最後は計画地の前を通る曽根崎通りの様子です。
関連記事
[ 2017/02/12 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(1)

かつてのホテルモントレが…

どんな感じだったかすっかり忘れてしまったので、昔の画像をネットで探ってました。8階建てのこじんまりしたホテルだったんですね。
それが今回、スケールアップして復活するとは、計画が判明するまで想像もしてなかったです。ここも楽しみ(^ν^)

あとこの名前「モントレ」の由来も初めて知りました、造語だったのですね。てっきり海外の地名か山の名前かと思ってました(^_^;)
[ 2017/02/12 00:21 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4097-a54cf490