ツインタワー広瀬川・春圃

th_IMG_0418_20170215222256d2a.jpg


ツインタワー広瀬川・春圃は仙台市若林区河原町1丁目の広瀬川のほとりに建設されたツインタワーマンションです。地上23階(北棟)、21階(南棟)2棟で構成され、北棟の高さは86.9m、総戸数は141戸、延床面積は16,113.24㎡です。竣工は1995年02月と結構な年月が経過しており、仙台都心部も古参のタワーマンションです。













th_IMG_0420_201702152222564e8.jpg


【スペック】
名称:ツインタワー広瀬川春圃
所在地宮城県仙台市若林区河原町1丁目5-15
階数:地下1階、地上23階(北棟)、21階(南棟)
高さ:86.9m北棟
構造鉄骨鉄筋コンクリート造
杭・基礎
主用途:共同住宅
総戸数:141戸
敷地面積:4,051.58
建築面積:1,316.42
延床面積:16,113.24
建築主住友商事
設計者山下設計
施工者鹿島、錢高組JV
着工:1992年09月
竣工1995年02月









th_IMG_0410_201702152222544f6.jpg


ツインタワー広瀬川・春圃の「春圃(しゅんぽ)」とは、「春の園、春のはたけ」という意味で、「住まう人々にとって、希望に満ちた新しい楽園であるように」という願いを込めて名付けられました。













th_IMG_0402_201702152222580de.jpg


せせらぎ清らかな広瀬川に面し、緑豊かな大年寺山を望む河原町の広瀬川のほとりにたたずむ「ツインタワー広瀬川・春圃」の周辺には、河畔の公園をはじめ、爽やかな自然を生かした理想的な住環境が広がります。古くから「市の立つ街」として栄えた河原町は、城下町の面影をたたえながら、人々の心の交流を見守ってきました。











th_IMG_0397_20170215222300730.jpg


最後は、ツインタワー広瀬川・春圃と広瀬川の奥に見える仙台都心の様子です。
関連記事




[ 2017/02/19 00:00 ] 東北 仙台 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4112-90b06027