京阪電車が大津線車両のカラーデザインを変更すると発表!

th_001_201703140019159cb.jpg

京阪電車は2017年03月13日付のニュースリリースで、「大阪、京都、びわ湖を結ぶ京阪電車」のブランドイメージを統一 する為、大津線車両のカラーデザインを変更すると発表しました。カラーデザインには、京阪線一般車両と同様のものを採用。成長・発展・若々しさといった京阪 電車の企業カラーを象徴する伝統色「緑色」に白色を織り交ぜることで、現代的感覚をプラスした カラーデザインとなります。現在大津線には、若草色(ライト・グリーン)と青緑色(ダーク・グリーン) のツートンカラーの600形、700形と、びわ湖の水面をイメージしたパステルブルーと日本の 伝統色である灰白、刈安(イエロー)の3色を用いた800系がありますが、今回の変更により、 京阪線と大津線の車両イメージが統一されることになります。










th_004_2017031400192052f.jpg  


◆路線識別マークの導入 
800系(京津線)と600形、700形(石山坂本線)が同じ配色となるため、本年6月よ り路線識別マークが設定され、両路線を識別しやすくします。


・京津線 コンセプト:山を越えて東西へ 山を越えて東西に走る路線を抽象化したデザイン。 山をイメージした三角形の下の破線は、 京津線を走る4両編成の車両を抽象化し、 色は、自然豊かな沿線の緑を感じる色としました。

・石山坂本線 コンセプト:湖のほとりを南北へ 湖のほとりを南北に走る路線を抽象化したデザイン。 びわ湖をイメージした三角形の左の破線は、 石山坂本線を走る2両編成の車両を抽象化し、 色は、沿線に点在する歴史的な寺社仏閣の歴史を 感じる色としました。











th_IMG_3749.jpg


浜大津駅に進入する800系の様子です。この車両は新塗装化されても違和感が無さそうですね、










th_IMG_3801.jpg


おまけ:かなり前の写真ですが、けいおん!ラッピング電車の様子です。撮影が2011年なので、既に6年も経っているんですね。何だか時の流れを感じてしまいました。





[ 2017/03/14 00:30 ] 鉄道 | TB(0) | CM(3)

大津線は

地下鉄、路面区間、急勾配、急カーブ等々、実に楽しい路線ですよね。ただ下半分の白い車体だと汚れの付着具合が気になりますね。800系については今の水色ベースが良く似合っていますから、今回の発表は個人的には残念です。
[ 2017/03/17 15:41 ] [ 編集 ]

京阪は

どんどん垢抜けしていきますね。
[ 2017/03/15 00:22 ] [ 編集 ]

イメージ画像を見て

本線系統の車両と遜色なく新塗色が似合ってくれそうでいい感じです(╹◡╹)
これらが新色に塗り替わると、往年の京阪電車カラーが姿を消すのでちょっと寂しさもありますけど、これも時代の変化に伴うものでしょう。
[ 2017/03/14 00:44 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4161-770153ae