ジオ天六 ツインタワーズの建設状況 17.03

th_001_20160719232258656.jpg


ジオ天六 ツインタワーズ
は、
大阪市北区長柄西1丁目にあった関西大学天六キャンパス跡地に建設されている地上23階、高さ73.43mの免震ツインタワーレジデンスです。延べ床面積は33,320.17m2、総戸数は358戸の規模です。









th_IMG_0180_20160719232301a58.jpg



【スペック】
名称:ジオ天六 ツインタワーズ
所在地大阪市北区長柄西1丁目12番1,12番4の一部
階数:地上23階建2棟、【共用棟】鉄筋コンクリート造一部鉄骨造、地上1階建
高さ:73.43m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 場所打ちコンクリート拡底杭
主用途:分譲共同住宅
総戸数:358戸
敷地面積:9,199.33m2
建築面積:4,850.13m2
延床面積:33,320.17m2※容積対象面積:27,583.56㎡
建築主阪急不動産
設計者フジタ
施工者フジタ
着工:2015年12月(予定)
竣工2018年03月(予定)











 th_IMG_0715_20170320114645da2.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2016年07月だったので約8ヶ月振りの取材です。随分と間が空いてしまいました。久々に現地を訪れてみると躯体がかなり成長していました。






















th_IMG_0725_20170320114649ac0.jpg



ジオ天六 ツインタワーズの杭基礎は「場所打ちコンクリート拡底杭」です。場所打ちコンクリート拡底杭とは、支持地盤が深い場合に杭を深く打ち込み、建物を支える基礎工法で、地盤調査の結果から、支持地盤となる強固な地盤の位置・深さを把握した上で、地盤・建物計画に応じて最適な基礎設計が行われます。「ジオ天六ツインタワーズ」では、ボーリング調査により地中約
28mから安定した支持地盤があることを確認、この支持地盤に達する44本の「場所打ちコンクリート拡底杭」と免震装置により建物をしっかり支えています。付属棟・外構は除く。











th_IMG_0721_20170320114647f07.jpg


東棟の様子です。












th_IMG_0723_20170320114648732.jpg


西棟の様子です。東西それぞれ、タワークレーン1機で建設故事が行われています。













th_IMG_0731_20170320114650e6a.jpg



最後は南東側から見た、ジオ天六 ツインタワーズの様子です。
関連記事





ジオの北側のブランズシティは完成していましたね。
[ 2017/03/26 10:45 ] [ 編集 ]

工事は順調ですね(´∀`)

関大天六キャンパス跡地のここ、東西に横長のマンションが2棟建設中のこの敷地はあらためてその広さがわかります。
かつてのキャンパスも今は梅田に移転し、街が時代と共に刻々と変化してゆくさまが見てとれますね。
[ 2017/03/26 10:04 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4173-35af514f