(仮称)梅田曽根崎計画 住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画するホテルと住宅等で構成された超高層複合ビルの概要が判明!

th_001_20170323224259b63.jpg



大阪市は、もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地(6934.51㎡)の周辺地域の活性化を図るため「もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地」の開発事業について、公募型プロポーザルを実施し、住友不動産が事業予定者に決まりました。住友不動産の事業コンセプトは「曽根崎 Link City」で、敷地のポテンシャルを最大限に活かす為、梅田エリア最高峰クラスとなる、地上52階建て(約900戸)のシンボルタワーを創出し、低層部は「リンクプラザ」「リンクモール」及び「リンクガーデン」で繋がる賑い・交流空間が整備する、という内容でした。。

その後、約900戸の住戸のほか、中層部にホテル、低層部に物販・飲食施設や公益施設などが入る複合高層ビルへの計画変更がアナウンスされていましたが、本日(2017年03月23日)の大阪市のHPに(仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価準備書が掲載され、計画変更後の(仮称)梅田曽根崎計画の詳細が判明しました。

今回判明した
(仮称)梅田曽根崎計画の事業内容は、地上56階、地下1階、高さ約193m、延床面積111,500㎡の大型複合ビルで、住宅(約900戸)、ホテル(約200室)、店舗、サービス施設、公益施設(大阪市管理施設)等で構成される超高層複合ビルになります。











th_005_201703232242579c3.jpg

【スペック】
名称:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地大阪市北区曽根崎2丁目73-2
階数:地上56階、地下1階
高さ:約193m
構造RC造、一部S造、SRC造
杭・基礎
主用途:分譲共同住宅、ホテル、物販・店舗、公益施設等
総戸数:約900戸/客室数:約200室
敷地面積:約6,900m2
建築面積:約5,200m2
延床面積:約111,500m2 ※容積対象面積:75,900㎡
建築主住友不動産
設計者未定
施工者未定
着工:2018年夏頃(予定)
竣工2022年03月(予定)









th_006_20170323224256b69.jpg

(仮称)梅田曽根崎計画の高さは約193mと梅田エリアでも最高峰となる為、同エリアのスカイラインに与えるインパクトは非常に大きいです、











th_003低層部南面

設の用途は、高層部の住宅を主体として中層部はホテル、低層部は店舗・サービス施設、公益施設、駐輪場、地下部は設備室、バイク置き場等とする計画です。事業計画地の西側は曽根崎お初天神通り、南側は曽根崎中洲通りに面する事から、低層部には物販・飲食店舗を配置、周辺新たに設置する歩道と既存道路が一体となる様に街路樹を配置するなど周辺施設を含めた賑わい創出と街の回遊性を高める計画としています。







th_低層部西面



住宅:質の高い多彩な住宅(約900戸、1LDK~4DLK)やホテルライクなサービスを提供。

ホテル:国内外のビジネス・観光客を対象とした宿泊特化型ホテルで客室数は約200室。

店舗:曽根崎お初天神通り等との相乗効果を生む物販・飲食施設を低層部に整備

その他:地域活動向けのサービス施設、公益施設を整備






th_低層部東面(新御堂筋)

(仮称)梅田曽根崎計画ですが、最高高さが約193mのままで、計画変更により約200室のホテル機能が追加されましたが、計画住戸数は約900戸のままとなっています。この事から、単身者向けの1LDKタイプの小さい間取りの投資向け住戸の比率が高い物件になりそうです。













th_007_20170323232858302.jpg


梅田阪急ビルスカイロビーから見た完成後のイメージです。











th_008_201703232328595bb.jpg


梅田歩道橋から見た完成後のイメージです。中々いい位置に立ち上がってきますね。















th_009_20170323232900623.jpg


大阪駅前第三ビルから見た完成後のイメージです。梅田の高層ビル群の厚みがグッと増した印象です。








th_IMG_0617_20160403153446192.jpg


最後は現地の様子です。計画変更後の詳細が明らかになった(仮称)梅田曽根崎計画 。ホテルとの複合タワーですが、大阪都心では最大級のタワーマンション、ザ・パークハウス中之島タワー地上55階・塔屋2階、高さ:193m、延床面積:99,700㎡)や、ザ・サンクタスタワー 地上53階、塔屋3階、高さ:189.55m、延床面積:99,731.33㎡)を超える規模の大型タワーが梅田に誕生するインパクトは計り知れません。ビルヲタにとっては非常に楽しみな計画が具体化してきた事を素直に喜びたいと思いました。



関連記事




[ 2017/03/24 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(13)

そうですね

すみません、失礼しました。
[ 2017/10/04 21:17 ] [ 編集 ]

わかる。
[ 2017/10/04 19:58 ] [ 編集 ]

再開発と関連の薄い記事を無分別にURL貼って、コメント入力されることに少々辟易する。
[ 2017/10/04 18:57 ] [ 編集 ]

曽根崎にまつわるコラム記事

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO21875360U7A001C1960E00/

“創建1300年「恋人の聖地」 お初天神”
[ 2017/10/04 17:38 ] [ 編集 ]

梅田曽根崎計画

https://www.constnews.com/?p=47450
〜【民間】梅田の超高層複合ビルは18年6月初旬に着工/分譲・賃貸住宅、ホテル、店舗、貸会議室、公益施設で構成/住友不動産〜
[ 2017/10/03 18:33 ] [ 編集 ]

お初天神入り口の東に並んでる古い雑居ビルはどうにかならんのかな
あそこが商業施設の出入り口になれば景色も洗練されるのに
[ 2017/03/26 02:20 ] [ 編集 ]

そういえばこの敷地のとなり

泉の広場上の交差点南西角から3軒目のビル「曽根崎ビル」の解体が始まってました。以前「とらのあな」や歯科医院が入居してたビルです。
[ 2017/03/25 16:27 ] [ 編集 ]

イラストでは曽根崎中州通りとの一体感がとてもイメージとして描かれてますが、実際は古いレジャービルの裏側ですよね。
この開発用地と、南側にある公設市場跡地の空き地。その隙間にある雑居ビル群に如何にも開発の手が加わりそうな条件が整っているので、
そちらにも注目している所です。
[ 2017/03/24 18:01 ] [ 編集 ]

以前のイメージより

良いものに変わったなぁという印象です。建設工事が始まるのがいまから待ち遠しいです(^O^☆♪
[ 2017/03/24 09:10 ] [ 編集 ]

ボリューム感たっぷりですね。
低層部が町に与える影響が楽しみです。
[ 2017/03/24 07:02 ] [ 編集 ]

最近の大阪市内のタワー マンションラッシュは凄いですね
[ 2017/03/24 02:47 ] [ 編集 ]

販売はいつ頃からになるんでしょうかね。
楽しみです!!
[ 2017/03/24 02:34 ] [ 編集 ]

住宅が減少したから閉校したのに

周辺が高度に都市化され、住宅が減少したから閉校したのに、
その跡地には大規模なマンションというのも面白いですね。
[ 2017/03/24 00:45 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4182-6b30f779