中部国際空港(セントレア)にLCC専用ターミナルの建設が決定!2017年度下期にも着工、2019年上期の開業を目指す

th_001_20170407001416c6f.jpg
中部国際空港は2016年3月31日に、新たに格安航空会社(LCC)専用ターミナルを建設し2019年度上期の開業を目指すと発表しました。中部国際空港のLCC専用ターミナルビルは2階建てで、延べ床面積は約4万平米。国際線と国内線合わせ、最大で年間450万人の旅客への対応が可能な規模です。2017年度下期に着工する計画です。




【関連記事】
→中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル外観

中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(アクセスプラザ→3階出発ロビー→4階スカイタウン)
中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(スカイデッキ→センターピアガーデン)
中部国際空港(セントレア)ー旅客ターミナルビル(2階到着ロビー→車寄せ→アクセスプラザ)
中部国際空港(セントレア)ー名鉄空港線 中部国際空港駅
中部国際空港(セントレア)ー駐車場棟 
中部国際空港(セントレア)ーアクセスプラザ→高速艇乗り場 










th_003_20170407001417cd0.jpg

出典:中部国際空港株式会社>新ターミナルビルの整備について(PDF)

LCC専用ターミナルは現ターミナル南側の臨時駐車場周辺に建設されます。チェックイン棟とコンコース棟の2棟で構成し、両棟を連絡通路で結ぶ構造となります。国際線、国内線ともに2階を出発、1階を到着フロアとし、2階には商業エリアも設けられます。駐機場は10カ所を設置。乗客は徒歩で搭乗し、風雨をしのげる簡易な固定橋も設けられます。また、周辺施設とは空中回廊で直結され中部国際空港駅、立体駐車場から、それぞれ徒歩7分、同2分での到着を可能となります。ターミナル前には、専用のバス停も設置されます。


 







中部国際空港では、今年5月の連休明けには駐機場の整備のため臨時駐車場の土壌改良に着手。今後夏休みなどピーク時の駐車場が不足するため、空港島で新駐車場の建設も検討するとの事です。また、来年夏に開業する、米ボーイングの旅客機を展示する商業施設などと合わせ、「新たなにぎわいを創出する」計画となっています。









th_IMG_0626_20170407001421a0c.jpg

現地の様子です。丁度、上の写真の左奥にLCC専用ターミナルビルが建設されます。









th_IMG_0821_2017040700142207b.jpg


中部国際空港(セントレア)では、今回発表されたLCC専用ターミナルビルの他にも、全長 3,500mの第2滑走路を2027年までに増設する計画が持ち上がっています。


中部国際空港の概要】
面積:471.3 ha
運用時間 : 24時間
滑走路:1本(3,500×60
エプロン : 80ha 、71スポット

旅客数:10,424,318人 ※2015年度実績
発着回数:97,755
貨物取扱量:186,890 t




国土交通省と愛知県などは、急増する訪日観光客の受け皿として、品川-名古屋間を 40分で結ぶリニア中央新幹線が開業する 2027年までの供用開始を目指し、中部国際空港(セントレア)に2本目の滑走路を新設、旅客機の発着能力を現在より最大で 1.6倍、年 20万回前後に拡張するとする方向で調整に入りました。中部国際空港の構想では、埋め立てにより空港島の面積を約200ha増加したうえで現在の滑走路から 300m沖合に 3,500mの並行滑走路(クローズドパラレル)を1本新設するとしており、事業費は約 2,000億円を見込んでいるそうです。

関連記事




[ 2017/04/07 00:30 ] その他 空港 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4205-0efc853b