大阪市営地下鉄ーなんば駅で新サインシステムの取り付けが進む!17.03

th_IMG_0410_201704122231384a6.jpg


大阪市営地下鉄では、地下鉄駅舎サインシステムのリニューアルPDF)が計画されています。市営地下鉄では、バリアフリー設備の設置や駅舎の大規模改良等によりお客さまに迷いを生じさせたり、近年は色覚障がいのお客さまや車いす使用のお客さま等、さまざまなお客さまへの対応が必要と認識しており、これらの諸課題に対応するために、サイン本来の機能を十分に発揮できるようにサインシステムを再構築する事になりました。今回の大阪市営地下鉄の地下鉄駅舎サインシステムのリニューアル基本計画は、ジーエータップ・日本サイン・竹内デザイン・ジイケイグラフィックス特別共同企業体が手がけています。














th_IMG_0397_2017041222313686c.jpg


地下鉄本町駅をパイロットケースに導入が始まった
新サインシステムですが、外国人観光客が溢れかえっている「なんば駅」でも導入がはじまりました。なんば駅の取材は約1ヶ月振りですが、サインシステムの更新がさらに進んでいました。










th_IMG_0400_20170412223135028.jpg


地下鉄なんば駅の改札階フロアは天井が低いため、かなりスリムな什器が採用されています。以前あったラミネートフィルム加工の仮設サインは姿を消していました。











th_IMG_0417_20170412223134d1b.jpg


北行ホームの様子です。柱の線路側に駅名票が「これでもかっ!」と言うほど沢山取り付けられています。










th_IMG_0394_20170412223132cc5.jpg


駅名票も新タイプに変更されました。










th_IMG_0378_20170412223146343.jpg


ホーム上のサインシステムの様子です。













th_IMG_0380_201704122231489c3.jpg


発車標は以前のままです。また時計が新タイプに取り替えられていました。












th_IMG_0383_201704122231486b9.jpg


若干レトロ感のあるこの時計、潔いシンプルさの為か?なぜだか気に入りました。













th_IMG_0375_201704122231504e4.jpg


壁面に取り付けられたインフォメーションボードの様子です。核施設まで「◯◯m」の表示が便利ですね。













th_IMG_0428_2017041222315233f.jpg



今回のサインシステムのタイミングに合わせて、さり気なく地下鉄各駅のゴミ箱も刷新されています。













th_IMG_0429_20170412223333990.jpg



こちらは南行きホームの方面表示です。













th_IMG_0432_20170412223335021.jpg


撮影時点では、旧タイプの駅名票が残っていましたが、現在(4月)は全て新タイプに更新されています。













th_IMG_0449_201704122233363dc.jpg



御堂筋線につづいて千日前線ホームも見てゆきましょう。












th_IMG_0451_20170412223337a24.jpg


階段半ばに取り付けられた路線図の様子です。












th_IMG_0457_20170412223339f1c.jpg


駅名票の様子です。既存什器を流用しています。










th_IMG_0460_20170412223413cc0.jpg


ホーム上の様子です。千日前線ホームも、新サインシステムとホームドアのお陰で少し垢抜けた感じになりました。












th_IMG_0474_20170412223414e29.jpg


西改札の様子です。













th_IMG_0490_20170412223415c9e.jpg


反対側から見た西改札の様子です。













th_IMG_0477_2017041222341780c.jpg


最後は四つ橋線側の様子です。こちらはまだ旧タイプのサインシステムが現役でした。
関連記事
[ 2017/04/13 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(2)

パウチの案内表示

デザインがシンプル、かつ色遣いもシンプルで非常に好感がもてます。見た目スッキリで清潔感がありますね。ただ地下鉄に限らず、特にJR各駅でもそうなのですが、いつの間にか手作りの案内表示が、ペタペタとセロハンテープで壁に、柱に直貼り・・・。チープさもさることながら、統一性のなさ、テープの剥がれや粘着跡の汚れなど、本当に残念な景観がよく見受けられます。駅員の皆さんは良かれと思っての事なんでしょうが、統一された案内表示ではないことから、あれが掲示物と気付かず、かえって目に入ってこないんじゃないでしょうか? 止めてしまうか、予め最初から掲示スペースや金属製の掲示枠なんかを準備しておくほうが賢明と思いますがいかがでしょう。
[ 2017/04/20 12:48 ] [ 編集 ]

個人的に表示で良いと思った点

現在地から各地点までの距離が記されているのが、実はなかなか親切な心遣いだと感心しました。ちょっとしたことなんですけどね(^.^)

大阪以外から来られるたくさんの人々。特に近年増加が著しい訪日外国人のみなさんにとっては、ありがたいものだろうなと感じます。地下はなにしろ距離感が掴みにくい上、初めて来た人にしたら方角も含めて精神的に疲労するでしょうから、とても良いですね(^。^)
[ 2017/04/12 23:36 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4212-4fdfa790