JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム外観・高架線編) 17.04

th_IMG_0243_2017042217592241e.jpg


JR阪和線ー東岸和田駅付近高架化事業は、岸和田市内の下松町から土生町までの約2.1kmのうち、東岸和田駅を含む約1.0kmを高架化する都市計画事業です。2003年度から事業用地の測量と買収を開始し、2012年10月に線路を仮線に切り替える工事が完了、2015年2月8日から、関空・和歌山方面行き下り線が高架線に切り替えられました。

現在は、いわゆる玉突き方式で下り線仮設ホーム跡に、上り線の高架が建設されており、2017年秋ごろの高架線への切り替えが予定しています。





【出典元】
東岸和田駅付近高架化事業パンフレット (PDF)

【過去記事】
JR阪和線-東岸和田駅上りホーム高架化工事の状況 16.04
JR阪和線-東岸和田駅下り線ホームが2015年2月8日から高架化!








th_001_20150208185914a57.jpg


1.下り線高架供用開始日

2015年2月8日(日)始発列車から


2.下り線高架化区間 

東岸和田駅付近約 1.6km 


3.事業の概要

事業名称:JR 阪和線東岸和田駅付近高架化事業 
事業主体:大阪府・岸和田市 
事業手法:限度額立体交差事業(単独立体) 
事業区間:岸和田市下松町~土生町 事業延長:約 2.1Km 
踏切廃止数:7箇所 交差道路:8箇所 
駅施設:ホーム面数2面、線数4線 

4.下り線高架化に伴うホーム施設整備について 
エレベーター、エスカレーター、列車長と同等長さの屋根、待合室 階段部2段手すりなど












th_IMG_0239_20170422175923b9d.jpg


現在の様子です。まずは上り線仮設ホームから見た、高架駅舎の様子です。上り線(天王寺方面行き)の工事がかなり進み、高架駅舎に外装の化粧パネルが取り付けられました。












th_IMG_0246_20170422175925c68.jpg



北西側から見た様子です。











th_IMG_0240_20170422175925371.jpg


駅舎の中央付近には、新しい西口と思われる部分が見て取れました。












th_IMG_0248_20170422175927ddf.jpg


つづいては、北側の様子です。新しい高架線が出来上がっています。










th_IMG_0230_20170422180008f96.jpg


撮影ポイントを変えて、先に高架化された下りホーム南端付近から見た様子です。すでにレールの敷設が始まっていました。











th_IMG_0197_2017042218000644b.jpg


こちらは反対側、北側の様子です。














th_IMG_0236_20170422180009740.jpg


順調に高架化工事が進むJR阪和線ー東岸和田駅上り線ホーム。次回は工事が進んでいる上り線高架ホーム上の様子をお伝えします。

to be continued...

関連記事
[ 2017/04/23 00:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(2)

十三駅

いつも楽しくブログ拝見させてもらってます!

阪急十三駅の構内も随分綺麗になっており、新しい路線図など壁に描かれています!
是非取材してみてください!
[ 2017/04/23 07:30 ] [ 編集 ]

一年前の記事と比較しても

工事が進んで大詰めの段階まできているのがよくわかります。駅部も軌道部分も、完成形に近いところまで出来てきているようですね。

阪和線も225系の大量投入による旧型車の置き換え、また路線内の各駅でもこういった高架化や駅改良が行われて、近代化が急速に進みつつあるのがうれしいです。なんといっても南海本線とならぶ関西空港へのアクセス路線ですから、改善は必須ですよね(^^)
[ 2017/04/22 23:20 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4226-cfe0e18a