「旧名古屋銀行本店ビル」を保存再生する再開発計画(仮称)錦二丁目計画の建設状況 17.04

 th_001_20160507165447afb.jpg


(仮称)錦二丁目計画
は、愛知県名古屋市中区錦二丁目の旧大和生命ビル跡地に計画されている再開発計画です。建築主は三菱地所などで構成する「名古屋デベロップメント特定目的会社」と「積水ハウス」です。新棟の規模は地上21階、塔屋2階、地下1階、高さ97m、延床約45,410㎡で、敷地西側にある「旧名古屋銀行本店ビル」は、近代的な銀行建築として価値が高いため、商業店舗として保存・活用されます。三菱地所はニュースリリースで、2016年3月1日に新東の新築工事を着工したと発表しました。



【出典元】
→三菱地所ニュースリリース>
「(仮称)錦二丁目計画」着手 -新たなランドマークとなるオフィスビルの開発と歴史的建築物の保存・活用による、栄・伏見エリア活性化プロジェクト始動-










th_IMG_0401_20160507165448322.jpg




【スペック】
名称:(仮称)錦二丁目計画
所在地愛知県名古屋市中区錦二丁目2011番他
階数:地上21階、地下1階、(新棟)、地上6階、地下1階(保存棟)
高さ:97.100m
構造S造、一部RC造
杭・基礎 
主用途:オフィス、店舗、集会場
総戸数:-----
敷地面積4,581.79㎡(施設全体)
建築面積:3,363.79㎡(施設全体)
延床面積50,366.95㎡(施設全体)
建築主名古屋デベロップメント特定目的会社、積水ハウス
設計者三菱地所設計、竹中工務店
施工者竹中工務店
着工:2016年03月
竣工2018年02月(予定)










th_IMG_1337_20170508235157531.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2016年05月頃だったので約1年振りの取材です。


















th_IMG_1341_20170508235156731.jpg



既に高層棟の建設がかなり進んでおり、工事は終盤戦に差し掛かっている所でした。


















th_IMG_1332_20170508235154c2b.jpg



手前にある「旧名古屋銀行本店ビル」の保存再生工事も進んでおり、防護ネットの中からリニューアルされた外壁の一部が顔を出していました。

















th_IMG_1342_20170508235154ed3.jpg



真横から見た様子です。防護ネットの上から顔をだした保存部分がいい感じですね。














th_IMG_1348_201705082351523b5.jpg



それに対して、こちらは新築されている高層棟の足元周りの様子です。マリオンを強調したスマートなデザインがレトロな「旧名古屋銀行本店ビル」側と好対照です。

















th_IMG_1351_20170508235206590.jpg



縦アングルで見た高層棟の様子です。

















th_IMG_1357_2017050823520868b.jpg



撮影ポイントを変えて、西側から見た様子です。
















th_IMG_1366_20170508235211466.jpg



高層棟の外装のアップです。
















th_IMG_1362_20170508235212363.jpg



「旧名古屋銀行本店ビル」の反対側はかなり作り変えられている様に見えました。もしくは保存等の裏側に新しい構造物が増築されているのでしょうか。












th_IMG_0734_2017050823521311b.jpg




撮影ポイントを変えて、ミッドランドスクエアから見た様子です。















th_IMG_0735_20170508235518656.jpg


最後は引きのアングルで、周辺部の高層ビルを絡めた様子です。(仮称)錦二丁目計画の高層棟が成長して来たので、ここからもハッキリと解るようになりました。
関連記事
[ 2017/05/09 00:00 ] 東海 名古屋 | TB(0) | CM(0)

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4251-3f574ddd