梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.05

th_0001.jpg


梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。




【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.03
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg




 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 













th_IMG_0112_2017052820254029d.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年04月頃だったので約1ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_0116_20170528202541f02.jpg 


旧・新阪急ビル側の様子です。既に最高部まて到達しており、塔屋付近の構築が行われています。


















th_IMG_0118_2017052820254256e.jpg


頂部付近の様子です。新ビルの地上
11階には、面積約3,000 m²のカンファレンスゾーンが整備されます。カンファレンスゾーンは、“ビジネス情報発信の場”“国際的に活躍する人材育成の場”“多様な人材による交流の場”として 活用することで、梅田地区におけるビジネス活動を活性化し、国際競争力の強化に資することを目指しています。

















th_IMG_0204_2017052820254412b.jpg


撮影ポイント変えて、地上から見た現地の様子です。


















th_IMG_1583_201705282025452d0.jpg



前衛的なデザインのファザード。おそらく行われるであろうライトアップに期待が膨らみますね。



















th_IMG_0205_2017052820262808f.jpg 


南東側から見た様子です。南面はコンサバ系のデザインとなっています。




















th_IMG_0208_2017052820262629a.jpg



よく見ると地上から2階に繋がるエスカレーターが見えました!歩行者を自然に店内に導く為の重要な仕掛けですね。



















th_IMG_1575_20170528202622867.jpg


大阪神ビルディング及び新阪急ビルは、幅20mの道路によって隔てられていますが、新ビルは公道(市道)をまたぐ形で、一体的なビルとして建設されています。 今まで、既存の公道上には、ビルを連絡する連絡通路の設置しか出来ませんでしたが、2011年に成立した改正都市再生特別措置法に基づく特例により、大都市の中心部で規制が緩和されました。














th_IMG_1579_201705282026209cf.jpg 


公道の上にはモリモリとビルが建設されています。



















th_IMG_1588_2017052820300113a.jpg

急ピッチで建設工事が進む梅田1丁目1番計画。徐々にですが、完成後の姿が見える様になってきました!

関連記事
[ 2017/05/30 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(2)

楽しみ

個人的には駅の南側でも大型家電量販店があればいいなと思ってます!テナントとして関西資本のジョーシンあたりに入ってもらうとか?
[ 2017/05/31 01:36 ] [ 編集 ]

道路を跨ぐ部分も

鉄骨がグングン高くなってきましたね(^^♪もと新阪急ビル側はたしか去年暮れに上棟して、建物内部も実はだいぶ出来つつあるのではないでしょうか?塔屋部には空調設備も登場しました。

そしてこの壁面デザイン・・・やはり良いです(^-^)ロングさんもおっしゃるように夜はライトアップもなされるでしょう。きっと幻想的なものとなるんだろうなと期待しています。
[ 2017/05/30 22:23 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4292-1d4717df