梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.05

th_0001.jpg



梅田1丁目1番地計画は、 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングと隣接する新阪急ビルを一体的なビルに建て替える大規模再開発計画です。 新ビルは地上38階、地下3階、高さ188.9m、延床面積約257,000m2の超巨大なビルになります。工事は東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工され、1期工事は2018年春に、2期工事は2021年秋に竣工する予定です。



【出典元】
H2OリテイリングHP>阪神梅田本店建替えの工事施行計画の決定について(PDF)
梅田1丁目1番地計画 (大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画) において改正都市再生特別措置法で認められた道路上空部分の建築工事がはじまりました



【過去記事】
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 17.01
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 17.01


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.10
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.10

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.07

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.06

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.06


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.05
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.05

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.04
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.04


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.03

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.03


梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 16.02
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル側の建設工事の状況 16.02

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.12
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.12

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル側の建設工事の状況 15.11

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況      15.11

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.09

梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.07
梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.07

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.05
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.05

梅田1丁目1番地計画ー大阪神ビル解体工事の状況 15.04
梅田1丁目1番地計画ー新阪急ビル解体工事の状況 15.04

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.12

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.10

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.07

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の状況 14.05

阪神梅田本店建替えの工事施行計画が決定、1期工事は2018年春、2期工事は2021年秋に竣工!

阪神百貨店を建て替える梅田1丁目1番地計画の最新完成イメージパース











th_001_20160507233136377.jpg







 ■工事施行計画 

 現在阪神梅田本店のある大阪神ビルディングを東西にて2工区に分け、東側をⅠ期、西側をⅡ期として2段階で施工。

 

 ■総投資額 約450億円 


 ■工事スケジュール 
工事に伴い、2014年4月より売場縮小工事を順次行い、2021年秋頃まで減少した売場面積での営業。 


 ●準備工事(ビル縮小に伴う階段・エレベーター等の移設工事) 
2014年2月~ 

 ●Ⅰ期工事 
2015年春頃 大阪神ビルディング東側解体工事着手 
2018年春頃 Ⅰ期棟竣工・阪神梅田本店Ⅰ期棟オープン 

●Ⅱ期工事 
2018年春頃 大阪神ビルディング西側解体工事着手
2021年秋頃 Ⅱ期棟竣工 

●阪神梅田本店グランドオープン 
2021年秋頃 阪神梅田本店グランドオープン 













th_IMG_1534.jpg



【スペック】
名称:梅田1丁目1番地計画ビル(仮称)
所在地:大阪市北区梅田一丁目1、1-2、1-3、8-1
階数: 地上38階、地下3階
高さ:188.9m
構造:S造、RC造、SRC造
杭・基礎 :
主用途:百貨店、オフィス、集会所、駐車場 
総戸数:---
敷地面積:12,192.83㎡
建築面積:10,348.95㎡
延床面積:258,856.89㎡(容積対象床面積240,785.57㎡)
建築主:阪神電気鉄道、阪急電鉄
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2015年07月
竣工:2022年03月下旬(予定)













th_IMG_1537_20170528210723e7e.jpg



現地の様子です。前回から約1ヶ月振りの取材です。1期工事の南側、旧・新阪急ビル側に遅れて始まった大阪神ビルが側の工事ですが南側に追いつけ追い越せの勢いで急ピッチで工事が進んでいます。鉄骨建方が進み、外観上の特徴である扇型の形状が解る様になってきました。外装の基本デザインは南側工区と同様ですが、大阪神ビル側の北側には窓ガラスがあるので、その辺りが実際どんな感じで仕上がってくるのか?興味深々です。














th_IMG_0148_201705282107246b1.jpg



撮影ポイントを変えて、梅田阪急ビルのスカイロビーから見た様子です。新阪急ビル側、大阪神ビル側の2棟が急速に一体化して行く様子がよく解ります。












th_IMG_0129_20170528210725c5f.jpg



大阪神ビル側の頂部の様子です。














th_IMG_1417_20170528210729665.jpg



さらに撮影ポイントを変えて、ノースゲートビルディング、カリヨン広場付近から見た様子です。新・旧ビルの階高の違いがハッキリ解るアングルだと思います。















th_IMG_1411_201705282107307a1.jpg


最後は引き続きで見た現地付近の様子です。梅田1丁目1番計画ですが、来春の1期オープンを目指して急ピッチで工事が進んでいます。ただ、あと1年で本当にオープン出来るの!?と思う所もあります。あまり詳しくは書けませんが細かな機材の選定作業は着実に進んでいます。


僕は小売店の売場作りに興味があり、全国各地の主要な百貨店の売場は大体見てきました。そして、現時点では梅田阪急本店は日本最高のクオリティを持つ百貨店だと思います。

そんな環境下、隣接する同グループの最強百貨店に対して、新装される阪神百貨店がどのような売場を作るのでしょうか。従来の「庶民派百貨店」だけでは、新しい施設がは勿体無い。全国最強を誇るデパ地下は強みとして残すのは当然として、全体では、どのようなストアコンセプトで切り込んでくるのか?非常に興味深々です。

関連記事
[ 2017/05/31 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(3)

道路上の建物躯体

グングン伸びてきました!直近で8・9階部分の鉄骨建方まで進んでます(´∀`*)
[ 2017/06/13 11:45 ] [ 編集 ]

来年のI期オープン

阪神百貨店はどう生まれ変わるのか?いずれにしても楽しみにしています。
[ 2017/05/31 19:30 ] [ 編集 ]

阪神百貨店の食品売り場

阪神百貨店の地下食品売り場が強いのは、その立地によるところが大きいと考えられます。

すなわち、店舗入口は多くの人が行き交う地下一階がメインとなっており、
本来の百貨店の顔である地上一階のエントランスへはたどり着きにくいという、
ダイヤモンド地区独特の街の構造によるものです。

これは建て替え後も同じでしょうから、「食品に強い阪神」はそのまま残ると思います。
大阪駅前ビルも1Fには全然人がおらず、地下2Fがメインですしね。

その点阪急百貨店は、地上入口も地下入口も人があふれており、最強の立地ですね。
阪急百貨店が強いのは、その立地からも必然でしょう。
[ 2017/05/30 23:40 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4293-c9ff1563