北大阪急行ー千里中央駅の可動式ホーム柵は京三製作所が受注。地上側のセンサで定位置停止を検知

th_001_20170622234309bd5.jpg

株式会社京三製作所は、2017年06月15日発表のニュースリリースで同社が北大阪急行電鉄 千里中央駅の可動式ホーム柵を受注した、と発表しました。北大阪急行電鉄は2016125日(月)に、ホームでの事故対策として、同社の3駅にホームドア(可動式ホーム柵)を設置すると発表しており、千里中央20179月末竣工予定しています。

【出典元】
株式会社京三製作所>北大阪急行電鉄 千里中央駅の可動式ホーム柵を受注いたしました(PDF)
北大阪急行電鉄>当社線 3 駅に「可動式ホーム柵」を設置します(PDF)









th_IMG_0821_20170622234315502.jpg


【北大阪急行電鉄のホームドア設置計画の概要】

1.設置駅
千里中央駅(島式ホーム 1番線・2番線) 
京三製作所が受注
桃山台駅 (島式ホーム 1番線・2番線)
緑地公園駅(相対式ホーム 1番線・2番線)

2.仕
・開口部 2,600mm ・腰高タイプの可動式ホーム柵(固定部ホーム床面から約1,320mm

3.全体工程(予定)
千里中央駅 平成29 1月工事着手 平成29 9月末竣工予定
桃山台駅     平成29 6月工事着手 平成30 3月末竣工予定
緑地公園駅 平成29 6月工事着手 平成30 3月末竣工予定










th_IMG_0771_20170622234313d0c.jpg


現地の様子です。既にホームドア(可動式ホーム柵)の設置準備工事が行われていました。
















th_IMG_0768_201706222343116cb.jpg

京三製作所のホームドアが関西の民鉄採用されるのは初めてとなる予定ですが、同社の ホームドア(可動式ホーム柵)は、大きなドア透過部やスライド式非常脱出口を備えている他、 地上側に設置するセンサにて車両の定位置停止検知などを行い、可動式ホーム柵 の自動開閉を実現しています。これにより、地上-車上間の情報伝送(トランスポンダ)装置 が不要となり、地上設備だけのシンプルなシステムとなっている所が大きな特徴です。












th_IMG_0766_201706222343138a1.jpg



ホームドアの設置工事が進む北大阪急行ー千里中央駅。2017年09月には稼働開始の予定となっています。ホームドアの設置はホーム上の安全性が格段に向上する為、千里中央駅への設置は大歓迎ですね。鉄道ファン的には車両の撮影が難しくなるので痛し痒しといった面はありますが・・・。
関連記事
[ 2017/06/23 00:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(1)

延伸工事が本格化し、自社保有車両もどんどん置き換えが進み。そしてこの可動式ホーム柵設置。
北大阪急行も進化を続けてますね。
[ 2017/06/23 00:14 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4336-72fdb990