大阪市交通局ー御堂筋線21系リニューアル車

th_IMG_0435_20170706235752a5d.jpg


御堂筋線21は、大阪市営地下鉄の通勤形電車電で、1991年から1998年にかけて10両編成18本(180両)が日本車輌製造・東急車輛製造・近畿車輛・川崎重工業の4社で製造されました。

20系は基本設計の共通する21系・22系・23系・24系・25系の各系列の慣用的な総称である。5系列合計で87編成560両が製造、さらに2005年に24系をベースとした大阪港トランスポートシステムのOTS2編成12両も新20系に編入され、2017年現在は合計89編成572両が在籍しています。最初に営業運転を開始したのは谷町線22系と四つ橋線23系で、ともに19906月から営業運転に入りました。











th_IMG_0430_20170706235753e4a.jpg

御堂筋線21系は10両編成での運行への対応のため、ブレーキ性能の確保を図って編成中央部の2700形に空気圧縮機が追加搭載され、さらに高密度運転線区への投入のため起動加速度が他の新20系各系列の2.5km/h/sに対して3.0km/h/sとなっており、同時期製造の他線区向け新20系各系列とは一部仕様が異なっています。












th_IMG_0666_2017070623575488c.jpg


現在も御堂筋線や地下鉄各線の主力として活躍している新20系ですが、初期車の竣工から既に約25年が経過したため、更新工事(リニューアル工事)が行われています。










th_IMG_0513_20170706235756847.jpg


更新工事の主な内容ですが、
外装には、車体外板の洗浄、車体屋根部分の洗浄、塗装(検車場外で施工の場合のみ)、側面前後に号車番号表示の追加などが大きな変更点となっています。











th_IMG_0816_20170706235758020.jpg


側面の行き先表示器は幕表示のままです。












th_IMG_0785_201707062358071f1.jpg


内装については、地味ながらかなり大掛かりにリニューアルされています。座席のモケットの変更、バケットシートに改良、床クロスの変更(茶色→グレー)、座席中央部へのスタンションポールの設置、吊り革の増設・改良などが行われました。特に床クロスの変更により車内が随分と明るくなりました。










th_IMG_0787_20170706235809b7c.jpg

ドア間シートは3+3レイアウトの6人がけ。中央にスタンションポールが設置されました。








th_IMG_0804_20170706235809f31.jpg
座席はセミバケットシートで、いわゆる尻痛シートではない、比較的柔らかい座席で座り心地は上々です。







th_IMG_0809_201707062358112fd.jpg

優先座席付近の様子です。モケットの色で明確に色分けされています。








th_IMG_0815_201707062358123bf.jpg


車両妻面の様子です。







th_IMG_0803_20170707000019573.jpg


仕切り袖付近の様子です。大型の仕切り袖は未設置で見通しが良いです。








th_IMG_0515-001.jpg


乗降ドアーの上部にはLCD
式車内案内表示器が千鳥配置で設置されています。








th_IMG_0800_20170707000021c48.jpg

乗降扉床面に黄色ラインが追加されました。







th_IMG_0791_20170707000025e1e.jpg


LCDはアスペクト比4:3のスクエア型です。








th_IMG_0788_20170707000023c3c.jpg


やはりスクエア型液晶で路線図はかなり厳しいですね(笑)大運転(千里中央〜なかもず間)の場合はメチャクチャ細かい表示になっています。







th_IMG_0794_20170707000109005.jpg

天井付近の様子です。車内照明器具は蛍光灯から
LEDに変更の上、蛍光灯カバー撤去されています。
2014年度施工車から)







th_IMG_0663_201707070001087ac.jpg


桃山台駅付近を行く御堂筋線21系リニューアル車の様子です。








th_IMG_0625_20170707000110743.jpg



リニューアル工事が行われ、輝きが復活した21系。元々が斬新過ぎるデザインだった為に、製造後25年が経過してようやく時代がこのデザインに追いついたのか?あまり古臭さを感じない車両だと思います。流石に最新鋭30000系と比べるとビードのある側面時代を感じますが、まだまだ行けそうです。最近のリニューアル車はさらに内装がトンデモナイ事になっていますので、こちらは後日ご紹介したいと思います。

関連記事
[ 2017/07/07 00:00 ] 鉄道 電車 | TB(0) | CM(5)

こちらは四つ橋線バージョン

http://www.kotsu.city.osaka.lg.jp/general/announce/w_new_info/w_new/list_h29_all/20170713_23kei.html

『四つ橋線・23系車両リフレッシュのご案内』車内デザイン一新〜水巡る路線〜・・・これはいいですヽ(´▽`)/
[ 2017/07/13 10:03 ] [ 編集 ]

この「さかな」はかわいいですよ(๑╹ω╹๑ )

http://withnews.jp/amp/article/f0170712002qq000000000000000W00o10101qq000015554A

“地下鉄ドアの「魚」、実は路線図だった! 大阪、目玉の位置は交通局”
[ 2017/07/12 13:23 ] [ 編集 ]

あ…やっぱり。゚(゚´ω`゚)゚。

しかしあれ、誰が考えたんでしょうねえε-(´∀`; )
なんとういうか、妙な車内の居心地がして。“もうちょっとなんとかならんのか”が正直な感想です(~_~;)
[ 2017/07/07 23:54 ] [ 編集 ]

アリー my dear さん>

Q:トンデモナイものとは、ひょっとして『あれ』のことですか?_(┐「ε:)_

A:アレの事です・・・。色彩感覚がおかしくなりそうな「アレ」が増殖するのはホンマに勘弁してほしい(TOT)
[ 2017/07/07 23:41 ] [ 編集 ]

実は私…

以前はこの車両の『顔』がどうも好きになれなかったんですよね。正面がツライチではなく運転席周りが凹んだ、いわゆる“額縁顔”が苦手で、その意味でもJRの201系や205系も登場時はなんだかなあという感じでした。

でもこれらも、なんと言いますかやっぱり馴れなんでしょうね。今ではもうすっかり当たり前になって、自分の中でも違和感のない存在に変化してきました(╹◡╹)

あと、記事最後のトンデモナイものとは、ひょっとして『あれ』のことですか?_(┐「ε:)_

[ 2017/07/07 20:29 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4360-4fda22b6