JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム外観・高架線編) 17.08

th_IMG_0164_2017081718442791d.jpg



JR阪和線ー東岸和田駅付近高架化事業は、岸和田市内の下松町から土生町までの約2.1kmのうち、東岸和田駅を含む約1.0kmを高架化する都市計画事業です。2003年度から事業用地の測量と買収を開始し、2012年10月に線路を仮線に切り替える工事が完了、2015年2月8日から、関空・和歌山方面行き下り線が高架線に切り替えられました。現在は、いわゆる玉突き方式で下り線仮設ホーム跡に、上り線の高架が建設されています。

長らく高架化工事が行われてきた東岸和田駅ですが、20171022日(日曜日)から上り線高架線の使用を開始する事になりました。これにより、東岸和田駅駅は上下線の高架化が完成します。また、東岸和田駅は高架化に伴い現在位置から若干ずれるため、隣接する駅からの営業距離も変更となります。現在は下松~東岸和田間と東岸和田~東貝塚間が各1.5kmとなっていますが、高架化後の1022日からは下松~東岸和田間が0.1km短い1.4kmに、逆に東岸和田~東貝塚間は0.1km長い1.6kmに変更されます。




【出典元】
東岸和田駅付近高架化事業パンフレット (PDF)

【過去記事】
JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム外観・高架線編) 17.04
JR阪和線-東岸和田駅高架化工事の状況(上りホーム施設編) 17.04
JR阪和線-東岸和田駅上りホーム高架化工事の状況 16.04
JR阪和線-東岸和田駅下り線ホームが2015年2月8日から高架化!








th_001_20150208185914a57.jpg


1.上り線高架供用開始日

2017年10月22日(日)始発列車から


2.上り線高架化区間 

東岸和田駅付近約 1.6km 


3.事業の概要

事業名称:JR 阪和線東岸和田駅付近高架化事業 
事業主体:大阪府・岸和田市 
事業手法:限度額立体交差事業(単独立体) 
事業区間:岸和田市下松町~土生町 事業延長:約 2.1Km 
踏切廃止数:7箇所 交差道路:8箇所 
駅施設:ホーム面数2面、線数4線 

4.上り線高架化に伴うホーム施設整備について 
エレベーター、エスカレーター、列車長と同等長さの屋根、待合室 階段部2段手すりなど









th_IMG_0157_20170817184429072.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年04月頃だったので約4ヶ月振りの取材です。読者さんから「東岸和田駅の高架化工事がかなりすすでおり、駅らしくなっていますよ」との情報を頂いたので早速取材に行ってきました。













th_IMG_0160_20170817184429201.jpg


こちらは現在の地上ホーム上り線から見た、高架駅舎のエントランス付近の様子です。












th_IMG_0151_201708171844311ed.jpg



内部の様子です。先に高架化された下り線の通路が変更になっており、一部が高架駅舎の内部を通っていました。その為、完成後のコンコース部分の一部を見る事が出来ました。天井のデザインテイストなどは、新大阪駅など最近のJR西日本の流儀にそった都会的な雰囲気になっています。











th_IMG_0167_201708171844326be.jpg


撮影ポイントを変えて。こちらは天王寺方面の上り高架線の様子です。













th_IMG_0153_20170817184441efd.jpg



さらに撮影ポイントを変えて。跨線橋から見た、高架駅舎の様子です。手前が工事中の上り線ですが、外観はほとんど完成している様に見えました。

















th_IMG_0109_201708171844429eb.jpg



さらに、さらに撮影ポイントを変えて。写真右側が工事中の上り線の様子です。(和歌山側)




















th_IMG_0137_20170817184447c17.jpg


こちらは天王寺側の様子です。写真左側が工事中の上り線です。



















th_IMG_0111_20170817184443154.jpg


高架化工事が終盤戦を迎えた東岸和田駅。次回は、工事中の上り高架ホームの施設、設備をご紹介したいと思います。





関連記事
[ 2017/08/17 19:00 ] 鉄道 高架化 | TB(0) | CM(1)

天王寺方面高架線切り替えまで

もうあと2か月なんですね、早いものです…真新しい軌道も架線も初々しく見えます(^.^)
車両の世代交代も含め、阪和線の近代化が急速に進んでいるのを肌で実感します。
[ 2017/08/17 19:11 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4444-dfba0d2f