JR九州が帝人ビルディング跡に地上37階建てのタワーマンションを建設!(仮称)大阪南本町タワーの状況 17.09

th_IMG_0723_20171003220145c9d.jpg

帝人の大阪本社は2017年05月08日(月)から中之島フェスティバルタワーに本社移転、肥後橋シミズビルに総務、人財、人事、経理、財務・IR、資材・物流などの部署が2017年04月24日に移転しました。

帝人旧本社ビルはJR九州が約100億円で取得しており、旧ビルを解体し跡地に地上30階建て、高さ100m規模のタワーマンションを建設する事がアナウンスされていました。
JR九州の鉄道事業は2017年3月期に初の営業黒字を見込見込んでいますが、同社の鉄道事業は大きな成長は見込みにくい為、今後は不動産事業に注力し上場後の成長力を確保する戦略です。


【過去記事】
JR九州が帝人ビルディング跡に地上37階建てのタワーマンションを建設!(仮称)大阪南本町タワーの状況 17.07












th_IMG_0716_201710032201469c9.jpg



【スペック】

名称:(仮称)大阪南本町タワー
所在地:大阪市中央区南本町1丁目11番
階数:地上37階、塔屋1階、地下1階
高さ:137.5m
構造:RC造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲・賃貸)
総戸数:----
敷地面積:2,844.46m2
建築面積:1,920m2
延床面積:47,400m2 ※容積率対象面積34,130㎡
建築主:JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
着工:2018年07月(予定)
竣工:2021年04月(予定)











th_IMG_0718_20171003220147ef7.jpg


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。延床4.72万㎡の規模なので結構な太さがあります。












th_IMG_0710_201710032201492d7.jpg


北西側から見た現地の様子です。
















th_IMG_0714_20171003220337d4e.jpg



現地では敷地全体が仮囲いで覆われ解体工事が本格化していました。撮影時点では内部でアスベスト除去が行われている所でした。












th_IMG_0708_201710032203360dd.jpg



少し引き気味で見た様子です。塔屋の「TEIJIN」のロゴマークも、もう少しで見納めです。











th_IMG_0706_20171003220338d5f.jpg

近年の大阪都心部の業務エリアは梅田・中之島方面に向かって徐々に北上している状況です。それに伴い本町界隈は純然たる業務エリアからステータス感のある職住近接エリアに変化しつつある様に見えます。

30年前ほど前の梅田は、現在の様なステータス感は全くなく、企業がオフィスを構える場所としては「格落ち」感がありどちらかと言うと敬遠されていたそうです。当時は御堂筋、本町エリアのステータス感が圧倒的で大企業はこぞって本町に拠点を構えました。それが時代が変わり、交通利便性に秀でる梅田エリアのビジネスセンターとしての地位は劇的に向上、同時期に中之島西部の再開発も進み、都心部の業務エリアの中心軸の北上が始まりました。梅田の地位向上とブランド力のアップを見ていると、これからさらに30年後は、今では考えられない様な都心構造に変化しているかもしれませんね。

関連記事




[ 2017/10/03 22:30 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(4)

ここの現場

ビルの横に、解体作業用と思われるタワークレーンが登場しているのが確認できました。
[ 2017/12/02 15:28 ] [ 編集 ]

逆スプロール現象

高度成長期には日本でもスプロール現象が問題になりましたが、
今の大阪はオフィス街ど真ん中や路地裏の狭い敷地など
ところ構わず無秩序にタワーマ ンションが建設されるという、
逆スプロール現象ともいうべき事態です。

今後の関西は低成長から縮小均衡に転じ、今後もこの傾向が続くと思われる中、
何らかの手を打ってほしいです。
[ 2017/10/04 08:08 ] [ 編集 ]

本社の自社ビルがなくなるのはやっぱりさみしいですね(+_+)
東京一極集中は本当にどうにかしていきたいですね
[ 2017/10/04 02:52 ] [ 編集 ]

新たな情報です!

田の超高層複合ビルは18年6月初旬に着工
分譲・賃貸住宅、ホテル、店舗、貸会議室、公益施設で構成
/住友不動産
2017.10.03

https://www.constnews.com/?p=47450

住友不動産が大阪・梅田に計画する超高層複合ビル「(仮称)梅田曽根崎計画」は、2018年6月初旬から新築工事を始める。延べ10万平方㍍超のビルには、分譲と賃貸の住宅やホテル、店舗、貸会議室、大阪市管理施設が入る。
設計施工は大林組が担当する。完成は2022年3月下旬の予定だ。

もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地に建設する。建物の規模は、RC一部S造地下1階地上56階建て延べ10万6986平方㍍。建物高さは、約193㍍。
1LDKから4LDKの約900戸の住戸のほか、中層部に約200室の宿泊特化型ホテル、低層部に物販・飲食施設や公益施設などが入る。

建設地は大阪市北区曽根崎2-73-2(地番)の敷地6837平方㍍。敷地は既存建物を解体後、駐車場「シスコンパーク曽根崎2丁目」として使っている。

大阪市は公募型プロポーザルで、14年3月に事業予定者を住友不動産に決めた。住友不動産は、14年4月28日に大阪市から土地を購入した。売買代金は145億0200万円。
大阪北小学校は児童数の減少から07年3月末で閉校し、大阪市立扇町小学校に統合されていた。
[ 2017/10/03 23:25 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4530-34bbd64a