EIUが発表した世界の都市安全性指数ランキング『Safe Cities Index 2017』医療・健康環境の安全性で大阪が世界1位!

th_IMG_1204_201710162208295b9.jpg

Safe Cities Index 2017 は、NECの協賛の下で、ザ・エコノミスト・インテリジェン ス・ ト(The Economist Intelligence Unit EIU])が作成した都市の安全性に関するレポートです。テーマは「加速する都市化とセキュリティ強化に向けた取り組み」。対象となる全世界60都市の49指標に着目。サイバー セキュリティ(Digital Security)、医療・健康 環境の安全性(Health Security)、インフラの 性(Infrastructure Security)、 個人 全性(Personal Security)という 4つのカテゴリーに分け分析が行われました。




世界には、社会的・経済的ハブとして繁栄する 都市が数多く見られます。新興国では地方部住民 が都市へ流入し、先進国のグローバル都市には 世界各国の人材が集中する中で、過去に例を見ない規模のメガシティ(都市圏人口1000万超の巨大都市)が生まれています。こうした1000 万人以上の住民を抱えるメガシティは、2016 年時点で世界に312030年までに 41へと増加する見通しです。こうした都市の繁栄と表裏一体として浮上する問題が、脆弱性を増しつつある都市の安全です。

60 都市を対象とする今回の調査では、急速な都市化が進む新興国と、大きな変化の見られない先進国の間で、安全レベルの差の大きさが改めて浮き彫りになりました。総合ランキングのトップ 2015 年と変わらず「東京・シンガポール・ 大阪」でした。これら3都市のスコアには小数点単位の差しかありません。トップ 10に入った残り7つが、 主にアジアとヨーロッパの都市であることも同じです。


総合ランキング1位は東京 、2位シンガポール、3位大阪
東京のスコアは医療・健康環境の安全性カテゴリーで前回から 7 ポイント上昇しました。 最大の強みはサイバーセキュリティ分野です。一方、インフラの安全性ではトッ 10 から脱落し12 位となりました。









th_002_201710162202420c6.jpg

カテゴリー 2医療・健康環境の安全性では大阪が世界1位となりました。














th_003_2017101622024364f.jpg

個人の安全性” のカテゴリーでは、大阪は世界ランキング3位となりました。トップ10 選ばれたのは、すべて高所得層あるいは中高所得層に属する都市となっています。(シンガポール・ウェリントン・大阪・東京・トロント・台北・香港・ メルボルン・ストックホルム・アムステルダム)
















th_IMG_0260_201710162208288d3.jpg

このレポートは海外のシンクタンクが纏めたので、かなり客観的な内容となっています。先進国と発展途上国の経済的な格差が生み出す安全性の差、インフラの老朽化の進行と、それに対応する経済力の有無によるインフラの安全性の差、市民の経済格差による治安による安全性の格差など。膨大な量のデーターを分析し、導きだされたランキングと詳細なレポートは読み応え充分でした。


関連記事
[ 2017/10/17 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(1)

良いレポートですね

日本国内のメディアや機関が出すものだと偏った主観というか、特定の地域を贔屓したり妙なバイアスがかかったりと、どうも信用出来ない傾向が多々見られるのですよね。

その点こういった海外のシンクタンクは、極めて公正・冷静かつ客観的にデータを徹底分析しているため内容にも説得力を感じます。その上でのこの分析結果ですから、素直にうれしく思いましたヽ(´▽`)/

[ 2017/10/17 12:42 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4554-9b1e8bdf