大阪・道頓堀の「ピップ看板」がLEDビジョンの時計台にリニューアルされる!

th_IMG_4113-001.jpg


大阪・道頓堀にある「医療関連用品のピップ」の電光掲示板がリニューアルされました。会社のロゴを表示した従来の看板から、アナログ式の時計を表示した大型LEDビジョンになりました。1時間ごとに映像も流れるそうです。











th_IMG_4114.jpg


新しい「ピップ」のLEDビジョンの様子です。大きさは縦約10m、横約6.5m。道頓堀のランドマーク、グリコマン・サインの左上に位置しており、PR効果は抜群です。ピップの看板は1982年に道頓堀に設置され、今回で3代目です。ピップが来年創業110年を迎えるのを記念して、付け替えられました。











th_IMG_4112.jpg


最近の戎橋界隈は世界的な観光名所となり、特に「グリコマン・サイン」の知名度は抜群で「ゴールインポーズ」を決めて記念撮影する観光客がメチャクチャ増えました。さらにLEDビジョン化された大型看板が増加しつつあり、一段と華やかになってきました。










th_IMG_4118_201712062323581e3.jpg


奥に見えるツタヤの超大型LEDビジョン「ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン」が戎橋界隈を一気に華やかな印象に変えました。次は、上の写真の左側、アサヒスーパードライの看板を曲面一体型の巨大LEDビジョンにしてほしい所です。














th_IMG_4123.jpg


「ツタヤエビスバシ・ヒットビジョン」の様子です。屋上部(幅18,6m高さ10.2m)と壁面(幅15.4m、高さ17.3m)の2面構成の巨大ビジョンで総面積は約455㎡もあります。













th_IMG_4122.jpg


LEDビジョン化が進む南側に比べると、戎橋の北側はまだ固定看板ばかりです。そろそろ北側にも巨大LEDビジョンが欲しいですね。











th_IMG_4106.jpg


相変わらずのにぎわいを見せる戎橋界隈。今回リニューアルされた「ピップの看板」も繁華街の華の1つとして、明るく輝いていました。戎橋界隈は世界的な繁華街として、ニューヨークのタイムズ・スクエア負けない位の超先進的な広告看板の集積地となって、ほしいと思いました。

関連記事




[ 2017/12/07 00:00 ] その他 風景写真 | TB(0) | CM(2)

点灯時間

時計下の年月日の表示から、海外の人の目に触れることを良く考えているな、と感じます。
点灯時間は9時から深夜1時までらしいですね。
https://www.youtube.com/watch?v=slQf6pqPIRw
[ 2017/12/09 11:30 ] [ 編集 ]

相変わらず大賑わいですね♪( ´▽`)

やはり『絵が動く』広告は楽しいですよね!もしかするとアサヒスーパードライやH&Mも、この先変化するのかも知れないなと思います(╹◡╹)まさに“きらびやか”という表現がピッタリくる街並みに進化してきました٩(^‿^)۶
[ 2017/12/07 07:07 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/4645-0b4474c9