すぴら氏の最新作「夜ビル3 NAGOYA」を「こみっくトレジャー31」にて頒布を実施。1月21日インテックス大阪4号館 キ13aです!

(仮称)梅田曽根崎計画 住友不動産がもと大阪北小学校跡で計画するホテルと住宅等で構成された超高層複合ビルの状況 18.01


 th_th_001_20170323224259b63.jpg

大阪市は、もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地(6934.51㎡)の周辺地域の活性化を図るため「もと大阪北小学校・もと曾根崎幼稚園跡地」の開発事業について、公募型プロポーザルを実施し、住友不動産が事業予定者に決まりました。住友不動産の事業コンセプトは「曽根崎 Link City」で、敷地のポテンシャルを最大限に活かす為、梅田エリア最高峰クラスとなる、地上52階建て(約900戸)のシンボルタワーを創出し、低層部は「リンクプラザ」「リンクモール」及び「リンクガーデン」で繋がる賑い・交流空間が整備する、という内容でした。

その後、約900戸の住戸のほか、中層部にホテル、低層部に物販・飲食施設や公益施設などが入る複合高層ビルへの計画変更がアナウンスされていましたが、2017年03月23日の大阪市のHPに(仮称)梅田曽根崎計画環境影響評価準備書が掲載され、計画変更後の(仮称)梅田曽根崎計画の詳細が判明しました。


 


 
th_IMG_0270_20171015163333957.jpg


 

【スペック】
名称:(仮称)梅田曽根崎計画
所在地大阪市北区曽根崎2丁目73番2
階数:地上56階、塔屋2階、地下1階
高さ:193.00m
構造:RC造、一部(SRC造、S造)
杭・基礎 
主用途:共同住宅(分譲・賃貸)、ホテル、店舗・貸会議室(文化交流施設)、大阪市管理施設
総戸数:836戸(分譲・賃貸) 、客室数:約200室
敷地面積:6,837.63㎡
建築面積:5,039.48㎡
延床面積:106,986.28㎡(容積対象面積75,141.72㎡)
建築主住友不動産
設計者大林組
施工者大林組
着工:2018年06月(予定)
竣工2022年03月(予定)













th_IMG_0271_2017101516333257d.jpg

建築計画のおしらせに掲載されていた南立面図です。















th_IMG_0274_201710151633293cb.jpg


同じく配置図です。低層部の商業施設の南西側が敷地の形状に合わせて扇状に広がっています。












th_th_005_201703232242579c3.jpg


大阪市のHPからお借りした北立面図と立面図です。高層部のタワーマンション部分の総戸数は836戸(分譲・賃貸)となっています。住友不動産のタワーマンションブランどにはシティタワーシリーズと、より高級な「ドゥ・トゥール」シリーズ、高級賃貸の「ラ・トゥール」シリーズがあります。(仮称)梅田曽根崎計画では「ドゥ・トゥール梅田、ラ・トゥール梅田の名称で攻めてくるかもしれませんね。

また、中層部に入居するホテルは、おそらく同社が運営する「ヴィラフォンテーヌ」ブランドが入居するのではないでしょうか。超高層タワーマンションとヴィラフォンテーヌの組み合わせは、
シティタワー神戸三宮で見られます。











th_IMG_8056_201801142035301a6.jpg

現地の様子です。前回の撮影が2017年10月だったので約3ヶ月振りの取材です。計画では2018年6月に新築工事に着手する予定ですが、現地は既に背の高い仮囲いで覆われており、重機も投入されていました。現地に掲示されていた作業工程表によると、既設外周塀解体撤去、既設杭引き抜き工事が行われているとの事です。











th_IMG_8051.jpg

梅田の景観に大きなインパクト与える、本計画ですが6月の本体着工を前に、ついに本格的な準備工事が始まりました。ヨドバシ梅田タワー、梅田1丁目計画に続く梅田地区の巨大プロジェクトなので、実際に動き出した姿を見ると非常に期待が高まりますね。













th_IMG_8032.jpg



準備工事が本格化してきた(仮称)梅田曽根崎計画。ホテル、マンションのブランド名が気になる所ですが、住友不動産からの公式発表を待ちたいと思います。また、計画地南側に近接している雑居ビル群がどうなるのかも見ものですね。

4 Comments

アリー my dear

SECRET: 0
PASS: 2b52e331129aa396df9e167518164312
高さでは梅田で一番のビルですから、どうしても期待してしまいます(╹◡╹)
本格着工前の準備工事が始まりましたか( ◠‿◠ )

曽根崎エリアは、ここも含めてあちらこちらで古くなった建物の解体が行われてますよね。長年放置されてきたあの「廃墟ビル」や「旧足立宝石店」、そしてこの敷地のすぐ北隣にあった雑居ビルなど…
この再開発に影響されてエリア全体がもっともっと新陳代謝が活発になってほしいなと、そう願っている次第です。

返信する
匿名

SECRET: 0
PASS: 689cbc84b74b32f61aadcf1466268ec3
曽根崎東ビルとADビルも解体され綺麗になるといいんですが
梅田一高いのに古臭い雑居ビルに隠れて勿体ない

返信する
アリー my dear

SECRET: 0
PASS: 2b52e331129aa396df9e167518164312
あの通り沿いのビルも再開発の対象になれば言うことなしなんですけどね。しかも新御堂筋直下の交差点南西角は地下街の泉の広場と直結できるでしょうから、どうしても妄想してしまいます( ^ω^ )

返信する
匿名

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
仮称)梅田曾根崎計画は193mで梅田一の高さ。
足立宝石店が解体されています。

建て替え中の阪神百貨店の新百貨店一期が今年春頃開業になりますから楽しみです。
それと2期工事により古い百貨店の建物が解体されますね。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です