新・新ダイビル 10.10


新・新ダイビル
(仮称)は、1958年に完成した新ダイビルを現地で建替える立て替え計画の仮称で、地上30階程度、延べ床面積約76,000平米の超高層ビルが建設されます。今回の建替え計画に伴い、新ダイビルのテナント多くが昨年完成した土佐堀ダイビルに移転しました。今後は2011年夏着工、2014年春竣工の予定で工事が進められる予定です。

【過去記事】
→新・新ダイビル 10.04
→新ダイビル建替え計画
■追跡取材リスト



久しぶりに現地を取材しましたが、解体工事用に向け「仮囲い」が設置されていました。


 


 


 


 



反対側から見た様子です。


 


 



最後は、堂島アバンザに被られていますが、ブリーゼタワー展望室から見た新ダイビルの様子です。
関連記事
[ 2010/10/30 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(6)

ややこしい名前ですね・・

実はこのビルは今まで意識して見たことのなかった建物です。
この隣に建っているANAクラウンプラザには、5年ほど前の「大阪全日本ホテル」時代に一度だけ宿泊した思い出があります。
でも、その時もまるで目にも留まらないほど無関心でした。

しかし調べてみると、このビルのデザインを手掛けたのは、著名な建築家だった故・村野藤吾氏なんですね。全くもって不勉強でした...

さて、解体工事を来年に控え、どのような高層ビルが出来るのでしょうか。年を追うごとに迫力が増してゆく中之島の景観に、違和感なくマッチする建物になることを期待したいものです(^^)
[ 2010/10/30 01:07 ] [ 編集 ]

連続コメントで

すみません...

正しくは「大阪全日空ホテル」でした。訂正いたしますm(_ _)m
[ 2010/10/30 01:11 ] [ 編集 ]

Unknown

新ビルのデザインがまだ発表されませんね。どんな建物になるのかすごく気になります!
[ 2010/10/30 09:47 ] [ 編集 ]

Unknown

この立地とこれだけの敷地面積があるんだから、
30階程度とかいってないで、最低でも170m以上いってほしいなあ・・・。大阪のスカイライン形成上重要なポジションですよ、ここは。オフィス需要が厳しいならマンション併設で水増ししてでも目一杯高くすべきだと思います。頼んますよ、ダイビル社長はん。。。
[ 2010/10/30 10:55 ] [ 編集 ]

Unknown

中之島ダイビルウエストの工事が始まりました。
新・新ダイビルの完成予想図、詳細が知りたいですね。
元新ダイビルにあった「ひつじ」は保存されるんじゃないかな。
梅田と中之島の高層ビル群をつなぐ堂島マンション、新・新ダイビルの果たす役割は非常に大きいです。
海外の有名な高層都市は、都市規模がそれほど大きくなくても高層オフィス、高層マンションが程よくつながっているんですね。
高層ビルが点在していると、高層ビの数が多くても見た目が悪くなります。
梅田、堂島、中之島ビル群は高層ビルが一定の範囲に集中してきているために、将来日本の高層ビル群をリードする良きモデルとなるでしょう。
[ 2010/10/31 20:18 ] [ 編集 ]

Unknown

>アイラブオオサカ さま。
>JUNK さま。
そうですね。日銀や市役所なと重厚な建物が多い場所なので、個人的には品のあるオーソドックスなデザインが良いと思っています。さて、どんなデザインが発表されるか。。?楽しみですね。


>akasaka_moon さま。
そうですね。僕もスカイラインを考えると、ここは非常に重要なポイントだと思います。発表された計画では30階程度なので、140m位だと思いますが、高さ170m以上のビルが立てば最高ですよね。



>KEN さま。
>「ひつじ」は保存 確かに。あの「ひつじ」は目を引いていいましたし、保存されるかもしれませんね。伝統を引き継ぐ解りやすいアイコンになりそうですね。
[ 2010/11/06 22:55 ] [ 編集 ]

コメントの投稿













管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://saitoshika-west.com/tb.php/762-931b7ae9