JR大阪環状線の103系が引退、総走行日数17,464日、総走行距離 約9億5千万km、48年間の歴史に終止符。

th_IMG_0357_20171003232624d4a.jpg

国鉄時代の1969年からJR大阪環状線を走るオレンジ色の通勤形車両「103系」が、2017年10月3日に引退しました。通勤・通学客を運ぶ主力として長年活躍したが、老朽化に伴い新型車両への置き換えが進み、103系は大阪環状線から引退する事になりました。













th_IMG_2572_201710032326262c1.jpg


引退日は103系にちなみ、10月3日となとなりました。総走行日数17,464日、総走行距離 約9億5千万km、48年間の歴史に終止符が打たれました。










th_IMG_6966.jpg


103系は国鉄の通勤型の代名詞といえる車両でそ1963年(昭和38年)3月から1984年(昭和59年)1月までの21年間に3,447両が製造されました。長らく大阪環状線の主力として君臨してきましたが、
JR京都・神戸線を中心に新型321系が大量投入され、玉突きで同線の201系が体質改善工事(大規模リニューアル)を施され環状線と大和路線に投入され、103系は、その数を随分と減らしていました。







th_IMG_0363_20171003232630de1.jpg


103系と離合する221系。長らく見られた光景ですが、もうオレンジバーミリオンの103系が走る事はありません。












th_IMG_9196.jpg


桜ノ宮駅に進入する、大阪環状線103系。










th_IMG_0599_20171003232632a05.jpg

OSAKA POWER LOOPラッピングの103系。












th_IMG_1956_20171003232634279.jpg


自分が子供の頃から走っていた103系。当時から他私鉄の車両にくらべ「古い」と感じていましたが。まさか21世紀の2017年まで環状線で現役で走るとは・・・。そんな103系も、ついに環状線から引退しました。ただ、一般の利用者から見ると同じ様に見える201系は明日以降もたくさん走っているので「オレンジの電車が引退」と言われてもピンとこないかもしれません。本当の意味で大阪環状線の車両が世代交代を迎える日は、2018年度に201系が引退する日になります。



[ 2017/10/04 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

阪神間エリアで久々の超高層ビル案件が浮上、西宮卸売市場再開発の店舗・住宅棟は地上37階建ての超高層ビル!

 th_001_20171001212946193.jpg


阪神間で久々の超高層ビルの新規案件が浮上しました。建設通信新聞DIGITALが伝える所によると、JR西宮駅南西地区にある卸売市場の市街地再開発事業が始動、低層階に店舗を配置する高層住宅や卸売店舗など5棟、延べ5.34万㎡の再開発施設を整備する計画です再開発のランドマークとなる高層住宅は地上37階建ての超高層ビルが計画されています。

JR西宮駅至近の立地なのでタワーマンションはすぐに売れそうです。この売却益を当て込んで卸売市場の再整備を行う算段なのでしょう。地方都市の駅前再開発でよく見られる手法ですが、高層住宅の床を売って市場を再整備するとは・・。結構レアなケースかもしれません。何れにせよ、阪神間エリアでの久々の新規案件の始動は嬉しいニュースですね。





▼引用始め


西宮卸売市場再開発が始動/5棟総延べ5.3万㎡を計画
https://www.kensetsunews.com/archives/109316

JR西宮駅南西地区(兵庫県西宮市)にある卸売市場の市街地再開発事業が始動する。低層階に店舗を配置する高層住宅や卸売店舗など5棟総延べ5万3400㎡の再開発施設を整備する計画で地権者で構成する再開発組合が事業主体となる第一種市街地再開発になる予定だ。現在、地権者の合意形成に向け協議を進めており、準備組合設立後、事業協力者の選定や都市計画決定を経て着工する。



事業地の面積は1.ha。店舗・住宅棟は地下1階地上37階建て、卸売店舗棟は2階建てを想定。そのほか、駐車場棟や一般店舗棟を建設する。約1000㎡の緑地も整備する見込みだ。再開発の対象となるのは、同市池田町にある公設の西宮市地方卸売市場(1948年開設)と民設の西宮東地方卸売市場(34年開設)。ともに施設の老朽化が深刻な問題となっている。



西宮市は市場再生・活性化を目指し、共同建て替えのほか、現状の土地利用を踏襲した個別建て替えなども視野に入れて、2015年4月に「卸売市場再生整備調査検討業務」をアール・アイ・エーに委託。まちづくり協議会との研究会で議論を深めてきた。


▲引用終わり



[ 2017/10/02 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(12)

2017年09月度ブログ運営状況は月間36.3万PV、16.9万セッションで着地

 th_IMG_0049_20171001215834edd.jpg

タ切れ気味なので久々にブログの運営状況の報告です。当ブログの2017年09月度のアクセス状況は、月間PV数36.3万PV、セッション数16.9万回、ユニークユーザー数6万人で着地しました。

9月は稼働日数が30日の月なので、31日換算では37万PVを超える値をマークしています。先月は京阪3000系の鳩のマーク掲示、梅田新歩道橋のライトアップ開始の記事が話題になり多くのアクセスを集めた他、更新頻度も50回以上/月を維持する事で、ページビューを維持する事ができました。また、
ページセッション数は2.14、平均セッション時間は2:03となっており、読者の方にじっくりと記事を読んで頂いている事が数字に現れています。














th_IMG_0299_201710012255324fc.jpg



現在の問題点としては、検索エンジンからの流入が減少の一途をたどっており、新規セッション率が30%を割り込む異常事態となってる事です。簡単に説明すると、新規ユーザーが極端に少なくほぼリピーターで成り立っている、といった感じでしょうか。リピーターが多い=固定ファンが付いている、と言えるので、これは良い事なのですが、新規ユーザーが少なすぎるので、中長期的に見るとジリ貧状態に陥る事が目に見えています。

元々、マニアックなテーマである超高層ビルと再開発をメインに据えたブログなのでファンの絶対数が少ない事は承知の上なのですが、新規ユーザーの少なさは本当に困りました。新規ユーザーはサーチエンジンからの流入数に依存する所が大きいので、こちらの対策をどうするか?が大きな課題となっています。




【2017年09月度に特に人気があった記事】
阪急電鉄が伊丹空港線を検討!梅田から伊丹空港が直結される?
京阪3000系に京阪特急のシンボル「鳩マーク」表示開始!前面の高輝度液晶ディスプレイは多彩は表示が可能!
リニューアル工事が進む梅田新歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)の欄干のライトアップが始まる!夜の梅田歩道橋が「光→の道」の様に美しく変貌!
りんくうプレミアム・アウトレット5期増床計画!りんくう公園予定地内に集客施設などを整備する民間事業者募集のコンペで、三菱地所・サイモンを特定
建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?梅田1丁目1番地計画の外壁はツタを這わせ壁面緑化される様です。




[ 2017/10/02 00:00 ] INFOMATION お知らせ | TB(0) | CM(3)

第2ヨドバシ橋(Bデッキ)の開通は2017年9月末から10月中旬に延期されました!

th_IMG_0029_20171001204143e89.jpg  


話題となったヨドバシ橋(Aデッキ)。ヨドバシ橋の開通につづいて、ヨドバシ梅田の外周を取り巻くペデストリアンデッキと、
グランフロント大阪とヨドバシ梅田を接続する「Bデッキ」に建設が進んでいます。Bデッキの開通は2017年9月末を予定していましたが、グランフロント側の工事が若干遅れ、半月ずれ込み10月中旬の開通予定となりました。


【過去記事】
第2ヨドバシ橋(Bデッキ)とヨドバシ梅田外周を取り巻くペデストリアンデッキの建設状況17.09
2本目のヨドバシ橋(Bデッキ)が一気に架設される!ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.08-2
ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.08

ヨドバシ梅田とグランフロント大阪を接続する「Bデッキ」の建設状況 17.07
開通したヨドバシ橋(淀橋)の週末の状況 17.07
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ「ヨドバシ橋」が遂に開通!なお正式名称はシンプルに「淀橋」の模様です。
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-3 ~ヨドバシ梅田側のデッキ上部にもアーチ状の鉄骨が設置され始める
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06-2 ~カリヨン広場前のAデッキは2017年06月30日に完成すると公式に発表される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.06 ~ヨドバシ梅田とルクアの東側を結ぶ歩行者デッキが一気に架設される!
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.05
ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.04









th_IMG_0034_20171001204144d49.jpg


第2ヨドバシ橋(Bデッキ)の様子です。ヨドバシカメラが担当する区間は予定どおり完成している様子です。ただ、ヨドバシ側から半月ほど遅れて着工したグランフロント側は予想通り工事が間に合わす開通は半月ほどお預けとなりました。ヨドバシ橋と外周ペデストリアンデッキは現在、店舗の営業時間に合わせて開放〜閉鎖されていますが、Bデッキの開通後は終日利用可とする事も検討されているそうです。

[ 2017/10/01 20:40 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)

ヨドバシ梅田タワーに新阪急ホテルが移転!?阪急阪神ホールディングスが運営するホテルが入居する方向でヨドバシと最終調整中!

th_001_20170930173915455.jpg


報道各社が伝える所によると、阪急阪神ホールディングスがヨドバシがJR大阪駅北側に建設中の35階建て複合ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」に入居、新しいホテルを開業する方向で最終調整に入ったそうです。ヨドバシ梅田タワーには、他のホテルチェーンも名乗りをあげているそうです。






▼引用始め

阪急阪神HD、大阪・梅田に市内最大ホテル 
https://www.nikkei.com/article/DGXLASDZ29HD5_Z20C17A9EAF000/2017/9/29 
2017/9/29  日経新聞Web版

阪急阪神ホールディングスは大阪・梅田に新しいホテルを開業する方向で最終調整に入った。家電量販店大手のヨドバシホールディングスが建設中の大型ビルに入る。客室数は約1千室と大阪市内で最大。大阪市ではホテル建設が相次いでいる。梅田への強い集客力を持つ阪急阪神の巨大施設の開業によって、訪日外国人や出張客をめぐる競争が激しさを増す。

ヨドバシがJR大阪駅北側に建設中の35階建て複合ビル「ヨドバシ梅田タワー(仮称)」に入居する交渉を進めている。他のホテルチェーンも名乗りをあげていた。

同タワーは家電店が入る「ヨドバシ梅田ビル」に隣接して、地下1階から地上8階が商業施設で9階以上がホテルとなる。宿泊料金は1泊1万円台が中心になるもようで、主に出張客や観光客の利用を見込む。開業は2019年冬の見通しだ。

阪急阪神のホテル子会社、阪急阪神ホテルズ(大阪市)は全国で48施設を展開し、大阪・梅田ではホテル阪急インターナショナルなど5ホテルがある。ヨドバシ梅田ビルの東側にある大阪新阪急ホテルは客室数が961室ある主力施設だが、開業から50年以上がたち老朽化が進んでいる。


▲引用終わり
















th_002_20170930173915fc9.jpg

【出典元】
うめきたの複合タワーを民間都市再生事業認定




ヨドバシ梅田タワー(上の画像左)は、地上35階、塔屋2階、地下4階、高さ149.90m。家電店などが入るヨドバシ梅田ビル(上の画像右)に隣接して建設されており、地下1階〜地上8階が商業施設、9階以上がホテルとなります。宿泊料金は1泊1万円台が中心になるもようで、主に出張客や観光客の利用を見込んでいます。開業は2019年冬の見通しです。


阪急阪神のホテル子会社、阪急阪神ホテルズは全国で48施設を展開し、大阪・梅田ではホテル阪急インターナショナルなど5ホテルがあります。ヨドバシ梅田ビルの東側にある大阪新阪急ホテルは客室数が961室ある主力施設ですが、開業から50年以上がたち老朽化が進んでいました。










th_P1110456_2017093017391353c.jpg


かなり前の写真ですが現地の様子です。大阪新阪急ホテルは、阪急阪神ホテルズが運営する、地下2 - 地上10階、922室のホテルで1964年08月に開業した古参のホテルです。本館の北には別館である新阪急ホテルアネックス(客室数302)もあります
大阪新阪急ホテルは開業後53年が経過しており、リニューアルはされましたが開業後53年が経過、そろそろ使用限界に近づいており、今回の移転話に繋がったと理解しています。

現地での建替えも視野にあったと思いますが、目の前の交通至便な立地に客室数1000室規模の巨大ホテルに競合他社が入居するのは、梅田の王者阪急としては由々しき事態なので、テナント入居してでもシェアを守りたかったのかもしれません。










th_P1110465_2017093017391711a.jpg



また、大阪新阪急ホテルがヨドバシ梅田タワーに移転した場合、現ホテルを一旦閉鎖して一気に建て替える事が可能になります。今回の移転劇が実現するとヨドバシ梅田タワーがトリガーになり、阪急梅田駅周辺の再開発がドミノ倒しで始まる可能性があります。個人的には現ホテルの跡地には、大阪都心部で逼迫しているオフィス需要を満たす、超高層オフィスビルを建設して欲しいのですね。未確定な要素が多いニュースですが、今後の動向には非常に注目が集まります。



[ 2017/09/30 19:19 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(13)

建替え中の阪神百貨店の外壁が甲子園球場のツタで覆われる?梅田1丁目1番地計画の外壁はツタを這わせ壁面緑化される様です。

th_IMG_0217_201709282347227be.jpg



読者様から頂いた情報によると、梅田1丁目1番地計画(大阪神ビルディング及び新阪急ビル建替計画)の外装が緑化されるそうで、甲子園球場のツタで覆う計画との事です。確かに完成予想パースをじっくり見ると壁面緑化されている姿が描かれています。












th_0001 2




完成予想パースの百貨店部分の様子です。壁面緑化と思われるグリーンが見えますね。












th_IMG_0872.jpg


こちらはリニューアル後の阪神甲子園球場の外壁です。数年前の写真なので、現在はもう少しツタが成長して緑が深くなっていると思います。















th_IMG_0219_20170928234723ac8.jpg



こちらは建替え中の阪神百貨店の外壁の様子です。パンチングメッシュの金属の外装カーテンウォール(厳密には装飾パネル)が目を引きますが、ここの一部がツタに覆われる様です。しかも甲子園のツタを移植するとの噂も・・・。
















th_IMG_0908_20150617235551820.jpg


読者様から頂いた情報を元に推測すると、梅田1丁目1番地計画は、大規模な壁面量化プランが計画されている事になり、これまた梅田の風景を一変させる事になりそうです。公式情報の発表はまだありませんので、今後の情報に注目して行きたいと思います。


[ 2017/09/29 00:05 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(17)

Mastercard 調査「2016年度世界渡航先ランキング」で、大阪は急成長渡航先ランキング世界1位。

th_IMG_0260_2017092821431619a.jpg


Mastercard は毎年、「度世界渡航先ランキング」を発表しています。Mastercard 調査「2016年度世界渡航先ランキング」では、バンコクが世界第1位でした。ランキングではアジアの都市が世界の上位10都市の半数を占め、バンコク、シンガポール、クアラルンプール、ソウルに加えて、東京が第9位にランクインしています。大阪は「世界渡航先ランキング」では第17位(702万人)に留まったものの、過去7年間にわたって海外からの渡航者数が最も増えた都市として「急成長渡航先ランキング」第1位を獲得しました。

【出典元】
Mastercard 調査「2016年度世界渡航先ランキング」










th_P1120839.jpg

世界渡航先ランキング2016(渡航者数)上位10都市

バンコク          2,147万人
ロンドン          1,988万人
パリ                  1,803万人
ドバイ             1,527万人
ニューヨーク    1,275万人
シンガポール    1,211万人
クアランプール 1,202万人
イスタンブール 1,195万人
東京      1,170万人
10 ソウル     1,020万人


急成長渡航先ランキング 上位10都市 2009 年~2016 年)


1
 大阪(24.15%)
2 成都(20.14%)
3 アブダビ(19.81%)
4 コロンボ(19.57%)
5 東京(18.48%)
6 リヤド(16.45%)
7 台北(14.53%)
8 西安(14.20%)
9 テヘラン(12.98%)
10 廈門(12.93%)








th_IMG_1684_20170928214314e58.jpg


大阪で海外からの渡航者が増えたのは、近隣諸国、特に中国と韓国の渡航者を引きつけることに成功したためでした。中国の3都市、成都、西安、廈門の成長は、海外からの渡航者の関心を引く中国の魅力が高まっていることを証明するものです。第4位にランクインしたコロンボでは、長期にわたる内戦が終結した後、観光産業における力強い回復が継続して見られます。

「世界渡航先ランキング」と「急成長渡航先ランキング」の上位10都市の違いは、世界経済を見通す上で、アジア太平洋、中東、アフリカ地域がより重要になってきていることを示唆しています。このランキングの調査対象となった多くの都市は成長軌道にあり、居住地および渡航先としての関心が高まっていることを示しています。


渡航目的と渡航先での支出に関する洞察

海外の渡航目的(ビジネスまたはレジャー)と渡航先での支出対象(食事、宿泊、買い物)を調査した結果、上位20都市では、レジャー目的が多数を占め、バンコクでは85.6%の渡航者が、東京では72.5%の渡航者がレジャーのために渡航したと回答しました。一方、上海では半数以上の渡航者(54.6%)がビジネスのために渡航していたそうです。

自由に使える支出に関しては、イスタンブールを除くほとんどの渡航先で、宿泊費が渡航者にとって一番大きい支出を占めています。渡航先の生活費の相違を反映し、パリ、ミラノ、ローマ、アムステルダム、ウィーンでは渡航先での総支出額に対する宿泊費の割合が40%以上となる一方、バンコク、ソウル、大阪、上海、イスタンブールでは3割(33.3%)以下となっています。全項目の中で総支出額に対する買い物支出の割合が最も高くなったのはソウル(58.7%)で、続いてロンドン(46.7%)、大阪(43.4%)、東京(43.1%)という結果になりました。









th_IMG_0652_20170928232723762.jpg



急成長が続く大阪、今後は1000万人/年超えも

成長率で世界1位となった大阪ですが、実数では17位(702万人)となっており、まだまだ大阪の渡航客数が増加する余地があると思われます。今後も年率20%近い勢いで増加した場合、2〜3年で1000万人を突破、世界ベスト10入りする様な人気都市になる可能性が高いです。USJ、大阪城、スカイビル、心斎橋・難波エリアなど人気の観光スポットが目白多しで、比較的コンパクトに纏まっているのも大阪の強みです。さらに京都・奈良など西洋人受けする観光地に近く世界基準を満たす24時間運営の国際空港もあります。大阪は外からの力によって国際都市のステージに押し上げられつつあります。

[ 2017/09/29 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(8)

りんくうプレミアム・アウトレット5期増床計画!りんくう公園予定地内に集客施設などを整備する民間事業者募集のコンペで、三菱地所・サイモンを特定

th_002_20170926224428e8c.jpg

大阪府は、泉佐野市にある「りんくう公園」予定地内に集客施設などを整備する民間事業者募集のコンペで、三菱地所・サイモンを特定したと発表しました。三菱地所・サイモン社は65億円を投じアウトレットモールなどの整備を提案しており、今回の計画地は同社グループが運営する「りんくうプレミアム・アウトレット」と隣接していることから、既存店舗と一体的な運用、実質的には「りんくうプレミアム・アウトレットの5期増床計画」と言えます。


典元】
大阪府>りんくう公園予定地(空港連絡道路南側)開発運営について

【過去記事】
りんくうプレミアム・アウトレット第4期増床オープン!









th_001_20170926224423465.jpg


計画地は、泉佐野市りんくう往来南4ほかの敷地約4.9haで、計画コンセプトは「りんくうGreen Link」。30年間の事業定期借地権方式で貸し付け面積は4万5658㎡です。区域内にアウトレットモールやフードホールで構成する店舗のほか休憩施設、芝生広場などを整備する計画です。概算事業費は65億円、年間利用者数は50万人を見込んでいます。
















th_P1090820-001.jpg



かなり前の写真ですが、リンクゲートタワービルから見た計画地の様子です。

















th_IMG_4837_2017092622442599c.jpg



2012年7月12日にオープンした、りんくうプレミアム・アウトレット新エリア「Sea Side」の様子です。オープンした頃に取材しましたが、その時から「海側の敷地」は将来的にはりんくうプレミアム・アウトレットの5期増床に充てられるだろうな、と予想していました。



















th_IMG_4851_201709262244269fe.jpg

 
最後はりんくうプレミアム・アウトレットの全景です。今回の提案内容は、海がみえる芝生広場(約3,000m2)、店舗(アウトレット、フードホール)、休憩所(ランナーズステーション&カフェ)などが設けられる予定なので、公園と商業施設をミックスした計画と言えます。さらに詳細な事業計画はこれから明らかになりますので、その内容が楽しみですね。
[ 2017/09/27 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(3)

おおさか東線の新駅は「衣摺加美北駅(きずりかみきたえき)」に決定、2018年春の開業予定。大阪に新たな難読駅が誕生!

th_002_2017092621360271c.jpg

JR西日本が建設工事を進めている、おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間の新駅ですが、同社は2017年09月26日付けのニュースリリースで、新駅の名称が「衣摺加美北(きずりかみきた)」駅(Kizuri-Kamikita)に決定したと発表しました!新駅は、おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間の東大阪市と大阪市平野区の市境に位置しており、駅が所在する「衣摺」(東大阪市)と、「加美北」(大阪市平野区)の地名をあわせた駅名となりました。


JR長瀬駅 と新加美駅の間は駅間距離が2.7kmと長いため、かねてから東大阪市が大阪市との市境付近に新駅設置を要望していました。2011年3月には両市とJR西日本が新駅設置に合意、2018年に新駅を設置する事が決まりました。


【出典元】
おおさか東線全線開業に向けて~JR長瀬・新加美駅間新駅の駅名の決定について~
おおさか東線 JR長瀬~新加美駅間新駅設置について



 ※アリー my dearさんから情報を頂きました、ありがとうございました! 











th_001_20170926213601bf5.jpg


◆新駅の概要

(1)所在地
大阪府東大阪市衣摺5丁目(JR長瀬駅←約1.3キロメートル→新駅←約1.4キロメートル→新加美駅)

(2)駅設備
高架下駅舎
相対式ホーム2面(8両対応)
旅客上家(6両対応)
エレベーター2基(各ホーム1基)
エスカレーター4基(各ホーム上り1基・下り1基)
自動改札3通路
券売機3台

(3)駅舎デザイン

・コンセプト「モノづくりが紡ぐ歴史とまち」
地元の方々に親しんでいただけるように、モノづくりが盛んな地域の特性を取り入れたデザインとしています。古代の染め型を使った染色技法を、現代の材料で表現しており、駅入口の壁面に設けた金属パネルは布、ルーバーは染め型をイメージしています。

・昼光利用の観点で、積極的に自然光を取り入れ、駅を明るく開放的な空間としています。

(4)周辺整備
駅開業に伴い、東大阪市が駅前交通広場の整備を進めています。
また、駅南側に自転車駐車場が設置される予定です。














th_IMG_6756.jpg


おおさか東線、JR長瀬・新加美駅間の新駅、「衣摺加美北(きずりかみきた)」駅は2018年(平成30年)春の開業予定です。さらに、その1年後の2019年(平成31年)春には、新大阪~放出駅間に新駅4駅が開業し、おおさか東線が全線開業する事になります。


[ 2017/09/26 22:30 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(5)

リニューアル工事が進む梅田新歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)の欄干のライトアップが始まる!夜の梅田歩道橋が「光の道」の様に美しく変貌!

th_IMG_0866_20170917211925a49.jpg


以前から追跡取材を続けている梅田新歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)のリニューアル工事ですが、取り替えられた欄干がライトアップされていて驚きました!
まったく予想していなかったので本当にビックリです。









th_IMG_0859_20170917211923ea4.jpg


ライトアップされた欄干の様子です。手摺の下部にLED照明が設置され、欄干を照らしだすシンプルな作りですが、暖色系のあかりがメッチャいい感じです!









th_IMG_0863_2017091721192645e.jpg

ライトアップされた欄干のアップです。











th_IMG_0870_20170917211928b63.jpg




ライトアップが始まったリニューアル工事が進む梅田新歩道橋(阪急阪神連絡デッキ)。まだ阪神百貨店側の僅かな区間ですが、全体の完成が本当に楽しみになってきました。また、ライトアップされた歩道橋を地上から見た様子も、そのうちレポートしたいと思います。
[ 2017/09/18 00:00 ] INFOMATION 再都市化ニュース | TB(0) | CM(4)