新駅「箕面船場駅」前の再開発エリアに計画されている、関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)

計画が具体化している北大阪急行の延伸計画が、新たな再開発を誘発しています。

箕面市は2014年2月12日、北大阪急行の延伸で同市の船場地区に建設される予定の新駅「箕面船場駅」前の再開発エリアに、大阪大学と協力して「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」を整備する方針を明らかにしました。関係機関による連絡協議会を今月中にも発足させ、平成30年度の完成を目指して計画を具体化させる方針です。

同市の計画では、スポーツ科学やヘルスケアの研究所や芸術文化ホールなどの複合施設を整備、研究所では大阪大学の医学部と工学部の研究室がアスリートのための運動、リハビリ指導や、健康上の問題がない期間「健康寿命」を長くするための予防医学の研究を進める計画です。


箕面市は、「箕面船場駅」エリアの再開発の中核施設として、国立循環器病研究センターの移転を誘致していましたが、国立循環器病研究センターの移転先は昨年6月に吹田市の吹田操車場跡地に決まりました。箕面市は、「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」を国立循環器病研究センターに代わる再開発の核となる施設にしたい考えです。




箕面市では現在、北大阪急行線の延伸と同時に、新駅(新箕面駅、箕面船場駅。いずれも仮称)周辺のまちづくりについて検討を進めています。このうち、箕面船場駅周辺においては、大阪大学と箕面市が連携し、トップアスリートやダンス・バレエなどのアーティストの受け入れを視野に入れたスポーツ科学・医療・ヘルスケア施設と、芸術文化ホールなどを備えた総合施設の整備を検討しています。このたび、大阪大学、箕面市に加え、スポーツ関連施設などの運営主体となる候補企業数社、そのほか関係機関で構成する関係者連絡協議会を発足し、計画の具体化に向けて協議を進めていきます。

1.「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」構想について

「関西スポーツ科学・ヘルスケア総合センター(仮称)」は、診療・研究部門、スポーツ&パフォーミングアーツ部門、ヘルスケア部門、ホールからなる総合施設とする予定で、各部門の連携により、総合施設ならではの相乗効果を狙います。

トップアスリートの運動器検診やリハビリ指導実践により蓄積したデータを基に予防医学研究を進め、住民に還元して健康寿命の延伸モデルをつくります。

「医の知の森」をコンセプトに、うめきたなどとの連携や特区制度の活用を視野に入れ、介護支援機器や光技術を用いたヘルスケア診断機器の開発を進めます。

パラリンピック選手のトレーニングの支援を行うとともに、機能障害補助機器の開発を推進します。

また、これらすべてのリソースを一般住民に広く還元することにより、運動機能の低下防止や介護予防など、住民の健康寿命の延伸をめざします。

[ 2014/02/15 00:30 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(15)

ザ・千里タワー 09.08


ザ・千里タワーは千里中央に建設された、地上50階、高さ164mのタワーマンションです。なかなかシックでカッコいいタワーだと思います。



        
郊外としては破格の地上50階建て。




        
隣接してヤマダ電機の都心型業態「LABI千里」が出店しました。ちなみにLABI(ラビ)とは、「LIFE ABILITY SUPPLY」の略で、「豊かな生活を実現する力を提供する」といった意味です。「単なる家電販売だけにとどまらず楽しさや安らぎを提供するヤマダ電機の提案」といった所だそうで、社長の鶴の一声で決まったとか。。。ちなみにLABI業態の1号店であるLABI1(難波)が開店した時はヤマダ電機の各ブロックのブロック長級が各フロアのフロア長、販売部長が店長といった異例づくしの布陣で出店してきました。ヨドバシに対抗する為、都心型、駅前立地の運営ノウハウを全力で吸収する為だったようです。また、LABI千里はヨドバシ梅田を、北と南で挟み撃ちにする意味もあります。家電量販店は他業界と比較しても寡占化が著しく横綱同士の激しい激突が続いています。




        
新御堂筋から。飛び抜けた高さの為どこから見ても目立ちます。




        
□千里ライフサイエンスセンター
地上21階、高さ96mのオフィスビルです。

「北摂地区に集まる研究者などライフサイエンス関係者が親しく交流して、情報を交換しあう場となる、アカデミックな“赤ちょうちん”をつくりたい」。
千里ライフサイエンスセンターが計画された時に聞いたフレーズが強く印象に残っています。今思えばNHKスペシャル「沸騰都市」で紹介されていた、シンガポールが国家戦略として建設を進めている「バイオポリス」や「フュージョンポリス」のコンセプトを10年以上先取りしていた構想です。でも国家的な戦略やバックアップ体制が無いと大成するのは難しいと思います。。


        
□千里朝日阪急ビル
地上22階、高さ 98mのオフィスビルです。

千里中央もそうですが、千里ニュータウン全体についても、オールドタウン化の問題に対して容積率の緩和を活用した立て替え、再開発が徐々に行われ、他地域に比べ順調に新陳代謝が進んでいる様に見えました。まさに再都市化が進行しつつあります。
[ 2009/08/28 00:02 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(3)

千里タワー 08.08

千里タワー、相当高くなっていました。

この「千里タワー」は、北大阪急行、千里中央駅北側に建設中のタワーマンションで郊外では破格の高さ164m、地上49階と大規模な物件です。千里タワーの真横には、ヤマダ電機の駅前店舗業態《LABI千里》が出店しています。

写真を見ていると、1970年代に思い描かれていた「未来都市」と「現実の21世紀」のギャップが見て取れます。

千里中央を含む千里ニュータウンは、一時「オールドタウン」化が問題視されていましたが、他のニュータウンは異なり、地下鉄御堂筋線直結による都心へのアクセスの良さと旺盛な需要、容積率の緩和により高層化が可能になった、などの要因もあり、ニュータウンとしては最もスムーズに「再都市化」が進んでいるようです。

千里丘陵にオフィス街を中心に配した最先端副都心を建設する、という先人達の狙いはある程度達成されました。これからは、ニュータウンの再生という問題の最先端を切って千里ニュータウンは進んで行くのです。
[ 2008/08/20 23:44 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(0)

千里タワー

千里中央に建設中の超高層マンション「千里タワー」です。高さは160mを超え、周辺のスカイラインが一変しそうです。デザイン的にもシックな感じで好きです。千里中央は、再都市化の段階を迎え、マンションの建替えが比較的順調にすすんでいます。千里自体が大阪都心から12?15kmと非常に近い割りに、緑豊かで良質な住環境を持っており、再生を可能としているのです。日本発のニュータウン、「千里」は、ニュータウンの「これから」に対しても、先頭をはしり続けています。
[ 2008/03/30 10:10 ] 大阪府下 豊中 | TB(0) | CM(0)