エジプト・カイロでピラミッド風の超高層ビルが計画中!

Egypt-Pyramid-skyscraper_dezeen_BN01.jpg


ピラミッドで有名なエジプトでも超高層ビルの建設計画が進んでいます。エジプト政府が公表した計画によると、構想されている超高層ビルの高さは200m、地上49階建て、全体のデザインはピラミッドをモチーフにしています。
















Egypt-Pyramid-skyscraper_dezeen_468_2.jpg

この高さ200mの超高層ビルの周辺には、行政、商業、エンターテイメント施設が計画されています。再開発エリアの総面積は約190ヘクタールが想定されており、クルマで約30分ほどの距離にはにギザのピラミッドがあります。古代世界の超高層建築物、ギザの大ピラミッドの高さ138メートルよりも高い、国内で最も高い建築物となります。


















Egypt-Pyramid-skyscraper_dezeen_468_3.jpg

エジプト・カイロで計画されている超高層ビル。総事業費や設計デザインの詳細は不明ですが、近々エジプト政府から発表があるかもしれません。
[ 2015/06/29 12:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)

スタジオ·ギャング設計のシカゴで計画されているWANDA VISTAタワー


002_201506241636017fd.jpg

WANDA VISTAタワーは、シカゴで計画されている高さ348mの超高層ビルです。建物を構成する3つの塔は、47階、71階、93階建ての3列に配置され、複雑な曲線を描く未来的なデザインが特徴です。設計はスタジオ·ギャング·アーキテクツで2019年の完成を予定しています。




















003_201506241636035df.jpg


WANDA VISTAタワーは、川沿いに林立する超高層ビル群の中でも一際存在感を放っています。海外では日本のSFアニメで描かれている様な光景がドンドン現実になってきています。












001_2015062416360458b.jpg



最後はシカゴのスカイラインとWANDA VISTAタワーの様子です。
[ 2015/06/27 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(3)

ASローマが新スタジアム計画発表、周辺施設を含め総額2000億円超!

AS-Roma-Stadium-001.png

ローマ(イタリア)のジェイムズ・パロッタ会長は現地時間15日、総額15億ユーロ(約2090億円)の新スタジアムおよび周辺施設計画を発表しました。新スタジアムはサッカー専用となります。2017~18シーズンに竣工予定の新スタジアムは、世界遺産コロッセオをモチーフにデザインされ、収容人員5万2500人を予定。ビッグマッチの際は6万人まで拡大が可能との事です。














02_2015062320095736f.jpg



新スタジアムの建設地は、市内中心部とレオナルド・ダヴィンチ空港の間にある「トール・ディ・ヴァッレ」地区。スタジアムのほかにも、練習場や、3棟の高層オフィスビル、公園、商業施設、娯楽施設も併設されます。スタジアムの建設に要する費用は3億ユーロ(約416億円)と見積もられていますが、周辺インフラや交通整備により、さらになる予算が必要となる見込みです。スポンサーの『ナイキ』社が一部負担するとみられますが、そのほかの資金調達先は不明です。











08.jpg



スタジアム周辺には商業施設も建設される様です。









01_20150623200955226.jpg


サッカー専用として建設される新スタジアムは観客席とピッチが近く、迫力あるゲームが楽しめます。











03_201506232009572e5.jpg



新スタジアムの建設予定地は、ローマ郊外にある「トール・ディ・ヴァッレ」地区。元競馬場の跡地です。スタジアムの他にもショップやホテルといった商業施設、高さ200mのオフィスビルが3棟建設される予定で、緑豊かな公園として、試合開催日以外でも楽しめる複合施設となります。










04_20150623200959962.jpg


ローマで計画されている新スタジアム。周辺の再開発と合わせて新しい時代のローマを象徴するエリアになりそうです。
[ 2015/06/26 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(1)

ローマの「トール・ディ・ヴァッレ」地区で計画されている受話器型のトリプルタワー

002_20150622123834dc8.jpg



高層ビルとは無縁と思われているローマですが、市内中心部とレオナルド・ダヴィンチ空港の間にあるトール・ディ・ヴァッレ」再開発地区で3棟の超高層ビルが計画されています。再開発地区にはASローマサッカースタジアムが計画されている他、練習場や、公園、商業施設、娯楽施設も併設される計画です。



ダニエル·リベスキンド氏が設計したこの超高層ビルの最高高さは220m。据置型の電話機がお互いに対話している様にも見える不思議なデザインです。



3000㎡の広場の周辺には商業施設が配置されています。
















004_20150622123830f92.jpg
http://www.dezeen.com/2015/06/16/daniel-libeskind-top-heavy-skyscrapers-rome-italy/


「トール・ディ・ヴァッレ」地区では、この3棟のオフィスビルの他にもコロッセオに見立てた52500人収容の新スタジアムは民間企業の出資により建設されます。新スタジアムの外観も魅力的なので、次回にご紹介したいと思います。

[ 2015/06/25 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(3)

シンガポールの湾曲した巨大コンドミニアム、Reflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)

002_201506181251092bf.jpg
http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/


Reflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)は、シンガポールのケッペル湾沿いに建設された、大規模なコンドミニアムです。ニューヨークのグランド・ゼロのマスタープランを作成した、ダニエル・リベスキンドが手がけており、ベイエリアにに林立する湾曲したタワー群は未来都市の様相です。













003_20150618125057eaf.jpg
http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/

リフレクションズ・アット・ケッペルベイはは、地上41階、高さ160mのタワー3棟と、地上24階建てのタワー3棟、合計6棟の超高層タワーと、低層棟11棟で構成され、総延べ床面積が約19.3万㎡、総戸数は1129戸です。2011年に完成しました。


【スペック】
所在地 :Keppel Bay (シンガポール)
建築面積:22,835m2
延床面積:193,400m2
階数:タワー棟 41階建(3棟)、24階建(3棟)
総戸数:1129戸
竣工:2011年12月
建築主 :Keppel Bay Pte Ltd. (シンガポール)
デザインアーキテクト:Studio Daniel Libeskind Architect LLC
施工:Woh Hup Pte Ltd. (シンガポール)










004_20150618125100207.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/


タワー棟は、それぞれ異なる湾曲をもち、上階に向けて細くなる形状に異なる色調のガラスとアルミパネルがランダムに配置され、見る角度や日差しにより反射しその名の通り様々な表情を見せています。ちなみにReflections at Keppel Bayの外装カーテンウォールユニットは日本のYKK apが担当しています。














005_20150618125101d7b.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/



タワー頂部は、緑豊かなガーデンとなっており、住人のオアシス的な憩いの場となっている他、タワー同士を連結している9箇所のスカイブリッジも空中庭園となっています。
















001_201506181250569d5.jpg

http://www.dezeen.com/2012/02/03/reflections-at-keppel-bay-by-daniel-libeskind/



最後は夕日に輝くReflections at Keppel Bay(リフレクションズ・アット・ケッペルベイ)の様子です。湾曲し、複雑に絡み合う6棟のタワー群は見る角度、時間帯によって、様々な輝き(リフレクションズ)を放っています。
[ 2015/06/22 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)

フィリピンで最高級グレードのコンドミニアム、Century Spire(センチュリー・スパイヤー)

002_2015061812104063c.jpg
http://centuryspire.com/index.html


Century Spire(センチュリー・スパイヤー)は、フィリピンの経済中心地といわれるマカティ市に建設される、高さ245m、地上60階建ての超高層ビルです。Century Spireは500戸以上で構成されており、スイートからペントハウスまで8つの異なるタイプに分けられています。米・ニューヨーク「グランド・ゼロ」のマスタープランを設計した建築家としても名高い、ダニエル・リベスキンドがデザインを担当、2018年の竣工予定となっています。















001_20150618121042551.jpg
http://centuryspire.com/index.html

Century Spire(センチュリー・スパイヤー)ですが、フィリピンでも最高級グレードのコンドミニアムとして注目を集めてます。インテリアデザインは「アルマーニ / カーザ」が担当しており、同社が手掛けるのは、主にグランドロビー、図書館、プール、リラクゼーションスペース、スパ、ジム、フィットネスルームなどの共有スペースとなります。












005_20150618121042141.jpg
http://centuryspire.com/index.html

マカティ市 (Makati City) は、フィリピンのメトロ・マニラと呼ばれるマニラ首都圏に属する都市で、首都マニラの南東に位置し、シティバンク、インテル・フィリピン、マイクロソフト、Nestleなどの企業が多く集まり、高層ビル群が立ち並ぶフィリピンのビジネス首都の位置付けをされ、「フィリピンのウォール街」と呼ばれる副都心です。













004_2015061812104459e.jpg
http://centuryspire.com/index.html



センチュリー・スパイヤーは、米・ニューヨーク「グランド・ゼロ」のマスタープランを設計した建築家ダニエル・リベスキンドや内装デザインを手がけるアルマーニなど、関係者のネームバリューなどからも、マカティ市 (Makati City) の新しいランドマークとして、これから大きな話題を集めそうです。




[ 2015/06/21 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)

新国立競技場を設計したザハ・ハディド氏がオーストラリアで有機的デザインの超高層ビルを計画中!

 Mariners-Cove-by-Zaha-Hadid_dezeen_BAN2.jpg

http://www.dezeen.com/2015/06/15/zaha-hadid-pair-tapered-towers-skyscrapers-gold-coast-queensland-australia/



新国立競技場を設計した事で、日本でも一躍有名になったザハ·ハディド氏ですが、今度はオーストラリアのゴールドコーストとブリスベンで、如何にも同氏らしい有機的なデザインのタワーをデザインしています。こちらのツインタワーは、クイーンズランド州の港の隣に建設される波状のツインタワーです。この2本のタワーはオーストラリアの人気観光スポット、シーワールドリゾートの再開発の一環で、370戸のマンションと69室のホテルスペースが一体になっているそうです。












th_Zaha-Hadid-Toowong-Towers-Brisbane_dezeen_ss2.jpg

http://www.dezeen.com/2014/09/05/zaha-hadid-toowong-development-brisbane-skyscrapers-trio/


AUS4.2億ドル開発の一部として、オーストラリアのブリスベンのウォーターフロントに3つの住宅タワーを設計しました。ザハ氏いわく、「デザインはタワーの接地面積を最小限に抑え、河岸にパブリックスペースを設けるために各構造を先細りさせ、新しい川沿いに活気に満ちた市民のスペースを作成した」と述べています。













オーストラリアで計画されてる、この有機的デザインの超高層ビル。袖を絞ったデザインは難易度が高そうですが、案外実現可能な気もします。海外では、この様な感じの斬新なデザインの超高層ビルが当たり前になりつつあり、ドンドン未来が現実になってきています。
[ 2015/06/20 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(2)

ドゥ・ロッテルダム(nhow Rotterdam)

①6490419_29_z

http://nl.hotels.com/ho439534/nhow-rotterdam-rotterdam-nederland/


ドゥ・ロッテルダム(ザ・ロッテルダム)は、オランダのロッテルダムに建設された、高さ150m、地上44階建ての超高層ビルです。ドゥ・ロッテルダムの横幅は約100mで3棟が足元でつながっています。ロッテルダム生まれの建築家、レム・コールハウスが手がけました。










④CMF_NHOW231

http://www.callmefox.com/hotspots/nhow-hotel/



ドゥ・ロッテルダム(nhow Rotterdam)は、オフィススペース、住宅アパート、ホテル、会議施設、レストラン、カフェなで構成された複合ビル。オフィスワーカーや住民は、カンファレンス、スポーツ、レストランなどの施設を共有しています。
延べ床面積:162000㎡、オフィス:72000㎡、総戸数:240戸、ホテル客室数:278室+商業エリアといった構成です。






OMA-completes-De-Rotterdam-building_dezeen_9.jpg

http://www.dezeen.com/2013/11/21/oma-completes-de-rotterdam-vertical-city-complex/



建物はマース川の南岸に位置していており、ロッテルダムの新しいランドマークとなっています。














②nhow

http://www.caspt.org/wp-content/uploads/2013/05/nhow.png


ドゥ・ロッテルダムの手前に見える橋は、エラスムス橋(Erasmus Bridge)です。この橋はロッテルダムのシンボルで、オランダで最も有名な橋のひとつでもあります。1996年に完成しました。

この橋のデザインを手がけたのは、建築家ベン・ファン・ベルケルで全長800メートル、32本の支柱で支えられているパイロンの高さは139メートルです。この橋は、ロッテルダムの北部と南部を結ぶ重要な役割を担っています。





③1385137171_07_De-Rotterdam_P

http://www.wallpaper.com/architecture/oma-completes-de-rotterdam-a-vertical-city-within-a-city-in-the-netherlands/6981



ロッテルダムの新たなランドマークとなった、ドゥ・ロッテルダム(nhow Rotterdam)。ロッテルダムは新しく斬新な建築物を多数誕生させており、自ら新しい観光資源を創出させようとしているそうです。
[ 2015/06/19 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(1)

1 WORLD TRADE CENTER

 4J9Z9357+copy.jpg


1 ワールドトレードセンター(1World Trade Center)は、ニューヨークのワールドトレードセンター跡地の再開発によりに建てられた超高層ビルです。ワールドトレードセンター跡地で進行中の再建計画は、1 ワールドトレードセンターなど6つの超高層ビルとツインタワー跡地のメモリアルパーク、地下商業施設、パストレイン・ニューヨーク市地下鉄・バスターミナル等のターミナル施設などで構成されています。1 ワールドトレードセンターの高さは、アメリカ独立の年にちなみ1,776フィート約541m(軒高約415m、尖塔部分含め約541m、延べ床面積約24万m²)です。


【出典元】
http://www.wtc.com/













1WTC-with-7WTC.jpg


1 ワールドトレードセンターは、当初は世界一の高さとなる予定でしたが、計画の遅れのために、アラブ首長国連邦のドバイのブルジュ・ハリーファ(地上168階建、尖塔高828m、軒高636.0m、2010年竣工)が先に完成し、世界一の高さにはなりませんでした。










DSC_0012+copy.jpg



また、2009年にはビルの名称がフリーダムタワー(Freedom Tower)から1ワールドトレードセンターに名称変更がされた。これは、同じ敷地内にある他のビル群が「番号 + ワールドトレードセンター」という揃った名称になっているため、異なる名称を付けるとビル全体の管理運営に支障を来すとの理由によります。













4J9Z9872+copy.jpg















WTC-from-Hamilton-Park-Daytime-300dpi-20140122-9-copy.jpg


夕暮れ時の1 WORLD TRADE CENTERと周辺の様子です。軒高400m超の超高層ビルはニューヨークのスカイライン全体に大きなインパクトを与えています。












020_HotelRoofNight_ImagebyDbox.jpg


最後は、ワールドトレードセンター地区の完成予想パース(夜景)です。
[ 2015/06/18 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(2)

7 WORLD TRADE CENTER

002_20150616191328ca6.jpg


7 ワールドトレードセンター(7World Trade Center)は、ニューヨークのワールドトレードセンター地区の再開発により建設された超高層ビルです。ビルの高さは地上226mで地上52階建て、延べ床面積は156,181 m²となっています。2006年竣工。











001_20150616191323f33.jpg


7 WORLD TRADE CENTERの設計は1 ワールドトレードセンターと同じスキッドモア・オーウィングズ・アンド・メリル(SOM)のデイヴィッド・チャイルズ。鉄筋コンクリートのコアに、広い階段や太い耐火性の柱など安全面に配慮した構造となっています。新しいビルにはムーディーズやABNアムロ銀行が入居しました。











004_201506161913273b0.jpg


7 WORLD TRADE CENTERの外観はシンプルな箱型で、高さも226mと、日本に住む我々から見ても、まだ実感が湧く規模、形をしています。個人的には北東側から見たミッドランドスクエアとかなり似ている気がています。














003_201506161913266e6.jpg


夜の
7 WORLD TRADE CENTER付近の様子です。奥に見える超高層ビル群は、ワールドトレードセンター地区に隣接する
ワールドフィナンシャルセンターのビル群です。













025_2 WTC FromHudsonNight_Image by DBOX


最後はワールドトレードセンター地区の夜景(完成予想パース)です。
7 WORLD TRADE CENTERは、画像の中で最も高いビルの直ぐ右側にあるビルです。

[ 2015/06/17 00:00 ] その他 テクノロジー | TB(0) | CM(0)