グランドメゾン新梅田タワーの建設状況 17.03

th_IMG_0651_2017031323465220f.jpg


グランドメゾン新梅田タワーは、ザ・シンフォニーホールの東隣の区画に計画されている、地上39階、塔屋2階、高さ133m(軒高)の超高層タワーマンションです。延床面積は36.295㎡、総戸数は現時点では不明です。建築主は積水ハウス、設計・施工は竹中工務店が担当します。前回までは(仮称)大淀南2丁目計画の名称でご紹介してきましたが、正式な物件名称はグランドメゾン新梅田タワーになりました。











th_IMG_0673_20170313234658d0c.jpg


【スペック】
名称:グランドメゾン新梅田タワー
所在地:大阪市北区大淀南二丁目1番1(地名地番)
階数: 地上39階、塔屋2階
高さ:133m※軒高 
構造:RC造、一部S造
杭・基礎 :---
主用途:共同住宅(分譲)、飲食店舗、オフィス
総戸数:
住宅297戸(非分譲住戸29戸含む)、他非分譲店舗・非分譲事務所9区画
敷地面積:2,700㎡
建築面積:1,536㎡
延床面積:36,562㎡(容積対象面積:25,542㎡)
建築主:積水ハウス
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2016年06月(予定)
竣工:2019年06月(予定)










th_IMG_0658_201703132346550d3.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年07月だったので、約8ヶ月振りの取材です。随分と間が空いてしまいましたが、現地には既にタワークレーンが稼働しており、地上躯体の構築が始まっていました!










th_IMG_0655_20170313234654fe5.jpg


仮囲いの中には、躯体が地上部に姿を表している事が確認出来ました。











th_IMG_0669_2017031323465646f.jpg


東側から見た現地の様子です。グランドメゾン新梅田タワーですが、現在の所、タワークレーン1機で建設工事が進められています。









th_IMG_0663_20170313234659ba1.jpg


久々に取材したグランドメゾン新梅田タワーですが、順調に工事が進んでいる様に見えました。また、このタワーのすぐ北隣にある、朝日放送社屋・ホテルプラザ跡地には超高層タワーマンション計画が進んでおり、積水ハウスなど5社が跡地を取得、最大高さ178m、総戸数約900戸のタワーマンションが計画されています。梅北2期に連動した動きとも捉えられますが、近未来の福島界隈はタワーマンションの密集エリアになりそうですね、















th_IMG_1522_20170320104257c38.jpg


後は某所から見た、グランドメゾン新梅田タワーの様子です。

ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事の状況 17.03 -1アトリウム広場の仮設階段とEVは3月26日で閉鎖

th_IMG_1389_2017032015044972a.jpg


ヨドバシ梅田とルクアを接続する歩行者デッキ設置工事は、大阪ステーションシティの2階レベルとヨドバシ梅田の2階を接続する歩行者デッキの設置改良工事です。大阪ステーションシティ・ノースゲートビルディング側とヨドバシ梅田とのアクセス性の悪さは開業当初から問題視されており、しばしば「梅田ダンジョン」の難所の一つに上げられるポイントです。「目の前にヨドバシカメラがあるのに、いつまでいってもたどり着けない」。この状態を一気に解消すべく2階レベルの歩行者デッキで両施設が直結される事になります。


【関連記事】
ヨドバシ梅田タワー(仮称)計画がついに明らかに!ヨドバシ梅田2期棟は高さ150m、地上34階建て!!
ヨドバシ梅田とJR大阪駅(ノースゲートビルディング)を結ぶ歩行者デッキの準備工事が始まる!
→ヨドバシカメラ・マルチメディア梅田2期棟の最新の完成予想パース
ヨドバシ梅田二期棟の完成予想パースが公開! 
ヨドバシ梅田の新ビル都市計画開始 容積率1250%、最高限度150mで2013年度にも着工の見通し!
ヨドバシが梅田に新ビル、15年にも大型商業施設






th_004_20160831223333496.jpg
th_006_20160831223336e97.jpg

また、この工事はヨドバシ梅田2期工事と密接に連動しています。ヨドバシ梅田2期は現在の店舗の北側駐車場にホテルと商業施設で構成された複合ビルを建設する計画ですが、それに伴い、現店舗の2階レベル外周に新たに歩行者デッキと店舗入口が整備されます。そのデッキとルクア側のデッキを2階レベルで直結し、両施設の歩行者導線を一気に改善する計画となっています。











th_IMG_1388.jpg


計画は順番に進められてゆきます。まず、上の写真にあるノースゲートビルディングのアトリウム広場にある階段とエレーベーターですが、これは実は仮設モノです。そして、歩行者デッキの整備工事開始に伴い、先にこの仮設階段とエレーベーターが閉鎖、撤去される事になりました。









th_IMG_1392.jpg


あらためて階段とエレーベーター付近を見てみると、確かに他の施設に比べてチープな造りになっています。









th_IMG_1398_20170320150453742.jpg


「なんでこの階段にエスカレーターが無いのか?」そんな声を聞いた事がありますが、理由は「仮設階段だから」が正解でした。グランフロント大阪、ノースゲートビルディング、ヨドバシ梅田は2階レベルの歩行者デッキで直結される予定だったからです。












th_IMG_1404_2017032015050539b.jpg


仮設のエレーベーターの様子です。












th_IMG_1402_20170320150454ea7.jpg


現地では「27日からは他のルートをお通り下さい」といった旨の案内がされていました。ただ気になるのは、この仮設階段は2017年03月26日までで閉鎖されるのは解りましたが、その代替通路となる歩行者デッキの工事は今から始まる、という所です。歩行者デッキの第1段はルクアの東側、カリヨン広場付近に設置されますが、完成は2017年7月31日(工事終了予定日)となっています。この数カ月間はからにカオスな状態が発生する予感です。
[ 2017/03/21 00:00 ] 大阪都心 梅田 | TB(0) | CM(15)

(仮称)千寿製薬本社新築計画の建設状況 17.03

th_IMG_0225_20170312221950cc5.jpg

(仮称)千寿製薬本社新築計画は、大阪市中央区瓦町3丁目に建設中の製薬会社の新本社ビルです。千寿製薬は、眼主に眼科薬関連を製造する製薬メーカーで、眼科薬に強く、一方で耳鼻科向けの医薬品でも、その名を知られている製薬メーカーです。眼科薬のマスメディアへのイメージ宣伝戦略は積極的に、『マイティア』ブランドイメージの構築を行っています。「マイティアCL」のTVCMは何となく僕も記憶に残っています。












th_IMG_0231_20170312221948e84.jpg


【スペック】
名称:(仮称)千寿製薬本社新築計画
所在地大阪市中央区瓦町3-9,10
階数:地上9階、塔屋1階、地下0階
高さ:39.030m
構造鉄骨造
杭・基礎
主用途:事務所
総戸数:-----
敷地面積:955.75
建築面積:755.36
延床面積:6446.00 
建築主SJエステート
設計者清水建設
施工者清水建設
着工:2016年09月
竣工2017年12月(予定)








th_IMG_0233_20170312221947811.jpg



建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。
















th_IMG_0240_20170312221945c08.jpg


仮囲いの外からハイアングルで撮影した内部の様子です。南北に細長い敷地で現在は基礎工事が行われています。














th_IMG_0229_20170312221946c68.jpg



最後は南西側から見た現地の様子です。(仮称)千寿製薬本社新築計画の東隣では、先日ご紹介したタワーマンションクレヴィアタワー大阪本町の建設工事が進んでいます。



[ 2017/03/21 00:00 ] 大阪都心 本町/上本町 | TB(0) | CM(2)

三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.03

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館
は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました







th_IMG_0527_20161102001236a6f.jpg



【スペック】

名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目4番13号
階数: 地上18階、塔屋2階、地下3階
高さ:93.99軒高93.99
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:2,306.64
建築面積:1,593.18
延床面積:29,473.10㎡ ※25,025.43㎡
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201505月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)
























th_IMG_0356_20170307232617acd.jpg
 

現地の様子です。本館と同じくこの2ヶ月間で鉄骨建方が一気に進んでいました。

















th_IMG_0346_2017030723261507d.jpg 


別館でも外装カーテンウォールユニットとガラスサッシュの取り付けが始まっていました。















th_IMG_0360_20170307232614b91.jpg 


東側から見た様子です。別館は周囲を高層ビルに囲まれているので撮影適地が無く、取材が難しいです。















th_IMG_0358_201703072326134d7.jpg


別館南面の様子です。本館は御堂筋沿いに南北方向に長く、別館は東西方向に長い形状をしています。カーテンウォールユニットの取り付けが柱によって進捗が異なっています。まるで柱ごとに取り付け競争をしているかの様です。















th_IMG_0364_201703072326112f6.jpg


真南側から見た様子です。別館は横幅がかなり広く想像以上に大規模なビルになりそうです。














th_IMG_0367_201703072326260f0.jpg

最後は本館(写真左)と別館(写真右)の谷間の様子です。

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.03

001_201406252324386a9_201410132017512c0.jpg



三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館
は、大阪市中央区伏見町3丁目に計画されている、地上21階、高さ104.5mの超高層ビルです。厳しい高さ規制が課せられていた御堂筋ですが、高度成長期に建設された沿道ビルの建て替えを促進し御堂筋の活性化を図る為、昨年に高さ規制が大幅に緩和されましたが、この計画は新基準を適用した初めての建て替え計画として注目を集めています。





【出典元】
伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース(PDF)
御堂筋の規制緩和第1号は三菱東京UFJ銀の超高層ビル…高さ100m超、1階にはカフェ、ギャラリーも


【過去記事】
三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 17.01
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 17.01

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.10
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.10 

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.05
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.05

三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館の建設工事の状況 16.02
三菱東京UFJ銀行大阪ビル別館の建設工事の状況 16.02 

御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.09
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.07
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.05
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.04
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.03
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 15.01 
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.12
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.11
御堂筋の規制緩和後の新基準を初めて適用した、三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館・別館の建設工事の状況 14.10
御堂筋の規制緩和後の新基準を適用した伏見町三丁目地区(三菱東京UFJ銀行建替え)の最新の完成予想パース
三菱東京UFJ銀行大阪ビルの建て替え計画が始動、御堂筋の高さ規制緩和を受け107m高層ビルを建設! 
御堂筋の新しい景観ガイドドライン-御堂筋沿道建築物のデザイン誘導等に関する要綱(案)が公表されました













th_IMG_0538_2016103123160979e.jpg


【スペック】
名称:三菱東京UFJ銀行大阪ビル本館
所在地:大阪市中央区伏見町3丁目5番6号
階数: 地上21階、塔屋2階、地下3階
高さ:104.50軒高101.30
構造:地上S造、地下SRC造
杭・基礎 
主用途:事務所(銀行)
総戸数:---
敷地面積:3,178.14
建築面積:2,353.83
延床面積:49,289.43
建築主:三菱東京UFJ銀行
設計者:三菱地所設計・東畑建築事務所JV
施工者:大林・錢高・大末JV
着工:201507月(予定)※解体工事は2014年10月に着手
竣工:2017年11月(予定)














th_IMG_0319_201703072236487a3.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年01月だったので約2ヶ月振りの取材です。この2ヶ月間で一気に鉄骨建方が進んでおり驚きました。また外装カーテンウォールユニットの取り付けも始まっていました。













th_IMG_0327_20170307223644d83.jpg


真正面から見た様子です。銀行のビルらしく、建設途中ですが、すでに重厚感のあるデザインである事がつたわってきます。ビルの四隅に配される太い柱のような部分が特徴的です。











th_IMG_0336_20170307223645cfa.jpg


縦アングルで見た様子です。御堂筋の新景観ガイドラインの重要なポイントに「高さ50mの軒線ラインを強調する事」がありますが、既に50mの軒線ラインを超える所まで建設工事が進んでいました。











th_IMG_0323_20170307223643b9b.jpg


外装カーテンウォールユニットのアップです。花崗岩風の素材が使われています。



















th_IMG_0342_20170307223642d53.jpg



北東側から見た様子です。













th_IMG_0352_201703072236571f9.jpg


南側から見た様子です。











th_IMG_0341_20170307223659fa4.jpg



最後は、もう一度御堂筋側から見た様子です。御堂筋の東側のビルは新景観ガイドラインに添って建て替えられたビルが多く、既に50mの軒線ラインの統一感が出てきました。

JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)の建設状況 17.03

th_004_20161214000113d49.jpg



大阪城公園駅前に新施設が誕生!その名は「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」

大阪城パークマネジメント共同事業体(大阪城パークセンター)は2016年12月9日に、大阪城公園の魅力向上に向け、新たに整備する2施設の計画概要を発表しました。JR大阪城公園駅前に複合施設「JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)」を新設するほか、公園内の歴史的建造物「旧第四師団司令部庁舎」を改修し、飲食物販・歴史体験施設として整備されます。設計・施工を大和ハウス工業が担当。駅前のジョー・テラス・オオサカは、S造2階建て延べ4823㎡の規模で、レストランやカフェなど計15店舗が入る予定。2017年6月上旬の開業を目指しています。総工費は約15億円です。




JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)、2017年6月上旬に大阪城公園駅前に新施設が誕生!










th_001_2016121400011569e.jpg


施設概要 [大阪城公園駅前] JO-TERRACE OSAKA

ネーミング・コンセプト 
「城=JO」というワードをネーミングに盛り込むことでストレートに大阪城らしさ、また、「TERRACE」という言葉で ゆったりとした時間を過ごせるリラックス価値の訴求と、飲食スペースであることのわかりやすさを発信します。

ロゴマーク・コンセプト 
野外で茶会をする際に用いる「野点傘(のだてがさ)」をモチーフにデザイン。 大阪城公園の自然を感じながら、人々が集い、くつろぐことのできる、 この施設を象徴しています。 施設コンセプト 大阪城公園駅前のエリアが、 新施設と共に生まれ変わります。 和モダンの落ち着いた空間は、なごみのテラス。 公園に訪れる人々のにぎわいと自然の静寂が 大阪の新しい日常をつくり出します。 カフェで友達や仕事仲間と会話を楽しんだり、 お気に入りのお店をのぞいてみたり… 散歩するだけでも心地いい。 大阪城公園の新しいエントランスが誕生します。










th_IMG_0464_20170307002915996.jpg


施設概要 
  地:大阪府大阪市中央区大阪城 3 
建築面積:3,295.21  
延床面積:4,823  
建設構造:鉄骨造 2 階建 
営業時間:9:0022:30(予定) 
 通:JR 環状線 「大阪城公園」駅から徒歩 1  
設計・施工:大和ハウス工業株式会社 
運営・管理:大阪城パークマネジメント共同事業体



予定店舗  
パンケーキ:gram (グラム) 株式会社 gram-routine 
鉄板焼 :錦城亭 (キンジョウテイ) 錦城亭 
ランニングステーション :未定( 未定) スポーツクラブ NAS 株式会社 
レストラン、カフェ: 未定 (未定) 株式会社ポジティブドリームパーソンズ 
カフェ:タリーズコーヒー (タリーズコーヒー) タリーズコーヒージャパン株式会社 
ビュッフェ:城の森ダイニング (シロノモリダイニング) 西屋デリシャスフーズ 
ベーカリー :Ferdinand (フェルディナンド) 有限会社フェルディナンド

 上記以外に8店舗オープン予定















th_IMG_0459_20170307002914d4b.jpg



現地の様子です。2017年06月上旬のオープンに目指して順調に工事が進んでいる様でした。



















th_IMG_0457_2017030700291305b.jpg



施設中央部付近の様子です。

















th_IMG_0454_20170307002912901.jpg


引き気味で見た様子です。




















th_IMG_0466_201703070029105c8.jpg



大阪城公園駅から見た施設全体の様子です。










th_IMG_0452_20170307002924c60.jpg



建設工事が進む、JO-TERRACE OSAKA(ジョー・テラス・オオサカ)。JR大阪城公園駅から、城ホールに向かう導線上に店舗が配置されているので、自然な形で集客出来る施設になるのではないでしょうか。また、水上バス乗り場にも近く大阪城公園の玄関口として新たな賑スポットになりそうです。




日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況17.03

th_IMG_0578_20170307000617ba2.jpg



ザ・パークハウス中之島タワーは、大阪市北区中之島6丁目のグランキューブ大阪の西隣で建設されている、地上55階、高さ約193m、総戸数894戸の大規模タワーマンションです。現在建設中のタワーマンションとしては、西日本最大級、免振構造を採用したタワーマンションとしては日本最高階数となるビッグプロジェクトです。外観デザインのコンセプトは、「アクア・プリズム」。中之島のアクアライン(水面)が重なり、空に向かって積み上げられた「ガラスの箱」をイメージしており、上層部のスカイラインから地上部のファザードに至るまで、周辺も含めた開発が進む中之島エリアの新たなランドマークとしての存在感、奥行きを創出しています。



【プレスリリース】


【過去記事】
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況17.01
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.11
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.06
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.05
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.04
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.03
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況16.02
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況15.12
日本一の免震タワーマンション「ザ・パークハウス中之島タワー」の状況15.11
















th_IMG_0575_201703070006153ec.jpg



【スペック】
名称:ザ・パークハウス中之島タワー
所在地:大阪市北区中之島6丁目8番3、7番1
階数:地上55階・塔屋2階
高さ:193m
構造:RC造
杭・基礎 :ーーー
主用途:共同住宅(分譲)+店舗
総戸数:894戸
敷地面積:6,587㎡
建築面積:3,860㎡
延床面積:99,700㎡※容積率対象面積:71,200㎡
建築主: 三菱地所レジデンス、住友商事、京阪電鉄不動産、アサヒプロパティズ
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:2014年10月
竣工:2018年03月












th_IMG_0570_20170307000614aa0.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年01月だったので約2ヶ月ぶりの取材です。すでに最高階の地上55階に到達しており、防護ネットも大半が取り払われていました。














th_IMG_0573_201703070006139bb.jpg


また、北側のタワークレーンが下降を開始しました。















th_IMG_0567_201703070006125d6.jpg



低層部の様子です。こちらも防護ネットが取り払われ、外観が良く分かる様になりました。














th_IMG_0561_20170307000626cd2.jpg


北西側から見た様子です。延床面積10万㎡に迫る超巨大タワーマンションは、近くで見ると大迫力です。
















th_IMG_0559_20170307000628697.jpg


南東側から見た様子です。















th_IMG_0553_20170307000628e49.jpg


撮影ポイントを変えて、南東側から見たザ・パークハウス中之島タワーの様子です。
[ 2017/03/15 00:00 ] 大阪都心 中之島 | TB(0) | CM(1)

(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 17.03

th_001_2015050917542496d.jpg



(仮称)新MID大阪京橋
ビルは、OBP(大阪ビジネスパーク)にある旧パナソニック大阪京橋ビル跡に建設される、地上22階、塔屋2階、高さ116.27mの超高層ビルです。パナソニック大阪京橋ビルは、1974年8月竣工の古参のビルで、延床17,143.04 ㎡、敷地面積は3,698.55 ㎡のビルでしたがろ老朽化に伴い、新たな超高層ビルに建て替えられる事になりました。


新ビルは、地上 22階、延床面積約 49,660㎡、基準階貸室約 1,800 ㎡(約 540 坪)のテナントオフィスビルで、アウトフレーム構造の採用により三面開放の整形無柱執務空間を実現しています。また、ビルの構造がRC造、一部S造となってる所が超高層オフィスでは珍しいです。RC造は形状の自由度が高く、耐火・遮音性に優れていますが、費用が割高な為、遮音性が重視されるマンションに多く採用される形状で、超高層オフィスビルに採用されるケースはまだ少ないです。




【過去記事】
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.07
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 16.05
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.11
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.10
(仮称)新MID大阪京橋ビルの状況 15.05
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.10
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.08
パナソニック大阪京橋ビル解体工事の状況 14.05
OBPにあるパナソニック大阪京橋ビルの解体工事が始まる。次なる再開発への布石か?



















th_IMG_0425_20170305235629249.jpg


【スペック】
名称:(仮称)新MID大阪京橋ビル
所在地:大阪市中央区城見2丁目
階数: 地上22階、塔屋2階
高さ:116.27m
構造RC造、S造
杭・基礎 
主用途:一般事務所
総戸数:---
敷地面積:31,869.70
建築面積:2,536.38 
延床面積:49,662.14
建築主:MID都市開発
設計者:竹中工務店
施工者:竹中工務店
着工:201504
竣工:201709月(予定)

















th_IMG_0427_20170305235628569.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2016年11月だったので約4ヶ月ぶりの取材です。かなり高くなってきました。



















th_IMG_0433_2017030523562642f.jpg


ツイン21と絡めたカットです。(仮称)新MID大阪京橋ビルが成長した為、OBPの景観がかなり変化しています。

















th_IMG_0442_20170305235626cf1.jpg 

クリスタルタワー側から見た(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。















th_IMG_0443_20170305235624da7.jpg


(仮称)新MID大阪京橋ビルの外装カーテンウォールユニットのアップです。
















th_IMG_0422_201703052356379c0.jpg 

撮影ポイントを変えて、少し離れた場所から見た、(仮称)新MID大阪京橋ビルの様子です。よく見ると2機のタワークレーンがマストクライミングしていますね。

















th_IMG_0418_201703052356390ac.jpg

最後はさらに引き気味で見た、(仮称)新MID大阪京橋ビルとOBP全体の様子です。


「星野リゾート」がJR新今宮駅北側に計画しているリゾートホテルは無謀な計画でも賭けでもない。十分な勝算を持った堅実な計画だった!

th_002_20170312233608c33.jpg


全国で高級旅館などを展開する「星野リゾート」が、JR新今宮駅北側にある大阪市の私有地に進出する事が決まり、大きなニュースとして伝えられました。大阪都心部でもDEEPなエリアとしての印象が強い、あの新今宮駅前に長年放置されてきた広大な空き地に、高級リゾートで知られる「星のリゾート」が進出を決めた、その意外性に強烈なインパクトがあったからです。今回の計画発表を受け早速現地を取材してきましたが、様々な情報と現地の立地条件を考えると、星のリゾートが手を上げた理由が見えてきた気がしました。そして確信しました。星野リゾートの新今宮の新ホテルは成功するであろうと!




【過去記事】
「星野リゾート」が通天閣のJR新今宮駅北側の大阪市の所有地に進出、外国の富裕層などをターゲットにしたリゾートホテルのような高級ホテルを計画!

【出典元】
星のリゾート>大阪市新今宮駅前の都市観光ホテルの開発計画について
→大阪市>浪速区恵美須西3丁目16番街区用地の開発事業者募集プロポーザルにかかる事業予定者の決定について











th_IMG_0765_20170312230557335.jpg

星のリゾートの新ホテルの計画地の現在の様子。環状線の車両は最新型の323系に変わりつつある



読者のスライムさんのコメントにもありましたが、まず今回の計画地の取得金額が約1万4000平米で約18億円、計算すると坪単価約42万!乗降客数が多い駅前一等地のまとまった土地であることを考えると、この値段は破格の安さです。まずこの用地価格の安さが星野リゾートの計画が成功するであろう最大の要因です。
この破格の安さの用地取得によりホテルのイニシャルコストを大幅に下げる事が出来ます。これが成功要因の1です。









th_IMG_0768_20170312230558afa.jpg



続いて、計画地のアクセス性の高さ。新今宮駅周辺のイメージを白紙に戻して考えてみましょう。この「星のリゾートの計画地」の最寄駅に乗り入れる路線は、JR環状線・大和路線(大和路快速)・阪和線(関空紀州路快速、はるか、くろしお)、南海本線(ラピート、空港急行)・高野線地下鉄御堂筋線・堺筋線の7路線!観光客目線で見て、これがいかに凄いかを以下に纏めてみました。



→最大の大動脈である地下鉄御堂筋線で天王寺・難波・心斎橋・梅田・新大阪・千里中央が1本でアクセス可能

→地下鉄堺筋線は、阪急京都線を介して北摂、京都・嵐山方面にアクセス可能

→JR大和路線の大和路快速を使えば奈良方面に直通、阪和線に乗り入れる関空・紀州路快速を使えば関空・和歌山にもアクセス可能
→JR環状線を使えば大阪都心から放射状に伸びる私鉄各線への乗り換えが可能。大阪城、USJの乗り換え駅の西九条にも直結

→南海本線を使えば関空まで一直線、世界遺産として外国人に大人気の高野山にも高野線で一直線


「星野リゾートの計画地」は坪単価約42万円で買った土地としては最強レベルのアクセス性の高さを持っています。これが成功要因の2です。
















th_003_20170312235047900.jpg



星のリゾートと聞くと、超高級ホテル「星のや」のイメージになると思いますが、今回の計画では20階建て608室の内、518室が客室面積30㎡のセパレートバスタイプの客室となっています。宿泊料金はおそらくグループ内の他の施設より安く設定した超現実的な路線となるでしょう。これによりターゲット層が非常に広がり608室(予定)の客室を埋める事が出来るはずです。



「星野リゾートの新今宮の新ホテル」の成功要因3は、グループ内でもカジュアルな価格設定が可能となる30㎡の客室面積です。







th_IMG_0777_20170312230601af9.jpg



星野リゾートの新ホテルの計画地のすぐ近くには通天閣をシンボルとした「新世界」エリアがあります。ここはあまりにも観光地化され過ぎて地元の人はあまり行かないエリアになりましたが、外国人観光客からすればテーマパークの様なユニークなエリアに見えるのではないでしょうか。また、少し書きにくいですが、飛田新地の遊郭も唯一無二の観光スポットと言えると思います。

星野リゾート新今宮の新ホテルの成功要因その4は、計画地が新今宮であること。

ターゲットが100%外国人というわけではないでしょうが、関空へのアクセス性の高さから、外国人観光客の比率が非常に高いホテルになる事が容易に想像できます。そして、彼らには「西成うんぬん」の固定概念は無いのです。昨今のインバウンドの高まりによって爆発的に増加中の大阪の訪日観光客は教えてくれました。大阪は世界一流の魅力的な大都市である事を。そして地元民の凝り固まった固定概念はワールドワイドな目線で見れば逆に非常識である事を。














th_IMG_0780_20170312230610fe1.jpg


今回のニュースを受け、久々にに新今宮界隈をウロウロしましたが、20年前の「ヤバイ雰囲気」はほとんどなくなっていました。















th_001_20170312233611881.jpg



さて。星野リゾートの新今宮の新ホテルが、成功するかどうか。大挙して押し寄せる外国人観光客達がこのエリアをどう変えて行くのか?西成のイメージは外圧によって一変させられるのかもしれませんね。この記事を書きながらそんな事を思いました。




[ 2017/03/13 12:20 ] 大阪都心 天王寺 | TB(0) | CM(30)

北浜ミッドタワーの建設状況 17.03

th_IMG_0611.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました

北浜ミッドタワーは、北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)の跡地などに、地上43階、塔屋1階、地下1階、高さ約146.8m、延床面積35,865㎡のタワーマンションを建設する再開発計画です。以前は北浜ザ・タワー
の名称となっていましたが、ザ・タワーキタハマと混同しやすい為、正式名称は北浜ミッドタワーに落ち着きました。

この不動産は積和不動産関西が所有していましたが、所有権の90%を三井不動産レジデンシャルなど3社に売却。持ち分比率は三井不動産レジデンシャルが45%、京阪電気鉄道が25%、京阪電鉄不動産が20%、積和不動産関西が10%となっており、この4社が建築主となります。


【公式HP】
北浜ミッドタワー



【過去記事】
北浜ミッドタワーの建設状況 17.01
北浜ザ・タワー(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の建設状況 16.06
北浜ザ・タワー(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の建設状況 16.05
(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の正式名称は「北浜ザ・タワー」に決定!
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 16.03
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 16.02
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 15.12
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 15.10
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 15.09
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 15.07
北浜三泉ビル(旧中央三井信託ビル)跡地の再開発(仮称)大阪市中央区北浜2丁目計画の状況 15.05 












th_IMG_0131_201602141436155df.jpg


【スペック】
名称:
北浜ザ・タワー
所在地:大阪市中央区北浜二丁目20番2
階数: 地上43階、塔屋1階、地下1
高さ:146.8m※軒高
構造RC造
杭・基礎 
主用途:分譲共同住宅
総戸数:311戸 
敷地面積:2,293.92
建築面積:1,320.82 
延床面積:35,865.46
建築主:三井不動産レジデンシャル、京阪電気鉄道、京阪電鉄不動産、積和不動産
設計者:IAO竹田設計
施工者:竹中工務店
着工:201512月(予定)
竣工:201903月(予定)
















th_IMG_0392_2017030523234058c.jpg



現地の様子です。中々躯体が地上に姿を表さないのでヤキモキしましたが、今回取材してみると一気に上に向かって成長が始まっており驚きました!
















th_IMG_0394_20170305232342096.jpg


北側から見た、北浜ミッドタワーの様子です。



















th_IMG_0398_20170305232343aa3.jpg


北西側から見た様子です。

















th_IMG_0400_20170305232344e29.jpg


外装カーテンウォールユニットの取り付けも始まっていました。落ち着いた色調のタワーマンションになるようですね。















th_IMG_0403_20170305232346d48.jpg


最後は南西側から見た、北浜ミッドタワーの様子です。