那覇市役所新庁舎

th_IMG_1386.jpg


那覇市役所新庁舎は、沖縄県那覇市泉崎1丁目に建設された那覇市の新しい庁舎です。1965年に竣工した旧庁舎は老朽化や狭小化が著しく、2006年の調査では耐震性不足や予想以上の老朽化進行が明らかになり、これらの理由から新庁舎の建設が計画されました。当初は那覇市北部で開発が進む新都心「おもろまち」地区への移転が計画されていましたが、財政難の為「おもろまち」の移転予定地は売却され、現在地で庁舎の新築建て替えが行われました。




【スペック】
名称:那覇市役所新庁舎
所在地:沖縄県那覇市泉崎1丁目11
階数: 地上12階、塔屋1階、地下2
高さ:54.4m
構造RC
杭・基礎 ---
主用途:市役所
総戸数:
敷地面積7,833
建築面積4,965
延床面積38,656
建築主:那覇市
設計者:意匠・構造設計:国建、設備設計:環境設計国建
施工者:國場組
着工:2010年07月
竣工:2012年12月
















th_IMG_1393.jpg



那覇市役所新庁舎は、今回の沖縄取材の中でも一番楽しみにしていたビルの1つなのですが、実際に目の当たりにして興奮しました!今まで様々な自治体庁舎のビルを見てきましたが、那覇市役所新庁舎は、その中でも特に独創的なデザインで見応えがありました。


















th_IMG_1389_20150913092848101.jpg


ひな壇状の低層部と公開敷地の様子です。いやーカッコイイ。どこがどうカッコイイのか?を表現するには難しいのですが、とにかく斬新で均整が取れた、日本離れした外観だと思います。



















th_IMG_1395.jpg



高層部壁面をアップで見た様子です。新庁舎は建物全体に壁面緑化・屋上緑化を施すことにより、比較的緑の乏しい市街地にも、コミュニティ道路や学校施設など緑豊な街区にもなじむように計画されており、環境共生都市“那覇市”のランドマークとして位置づけられるデザインとなっています。


















th_IMG_1398.jpg


外観デザインの特徴である、深い庇と有孔ブロックによるスクリーンは、沖縄の強い日差しを遮るために設けられており、そこに絡むように計画し植栽された植物によって、木漏れ日の様な柔らかい外光が室内にもたらされます。緑化には旧庁舎の壁面を覆っていたアマミヅタ、有志の市民で管理していただいている、市花のブーゲンビレアなどが再植栽されています。

約90種類にも及ぶ亜熱帯地域ならではの植物は、訪れた市民の癒やしになるほか、壁面や屋上の緑化は建物の熱負荷を軽減し、空調代の削減につながると期待されています。


















th_IMG_1428.jpg


撮影ポイントを変えて、地上正面から見た、那覇市役所の様子です。エントランス付近には立派なシーサーの姿も見えます。



















th_IMG_1430.jpg


植え込みに草花があふれる新庁舎ですが、まだ完成形ではありません。植えられた高さ30cmほどのブーゲンビレアなどが縦横に張られた柵に沿って育てば、今はコンクリートが目立つ新庁舎の外面積約12,800㎡中の4割を緑が覆い、豊かな草花が咲き誇る事になります。












th_IMG_1433.jpg



北西側から見た様子です。


















th_IMG_1435.jpg


西側壁面の様子です。ここまで大規模な壁面緑化が施された大型ビルは中々ないと思います。



















th_IMG_1438_2015091309290503f.jpg


南西側から見た様子です。



















th_IMG_1452.jpg


北東側から見た様子です。



















th_IMG_1387.jpg


最後はもう一度引き気味で新庁舎全体を見下ろした様子です。積年の念願かなって、ようやく見ることが出来た
那覇市役所新庁舎。その独特のデザインと大規模な壁面緑化計画は凄いの一言で、撮影していてかなり興奮し満足感もひとしおで、沖縄那覇までやってきた甲斐がありました。


[ 2015/09/13 11:35 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(3)

那覇新都心センタービル(ダイワロイネットホテル那覇おもろまち)

th_IMG_1082.jpg



那覇新都心センタービル(ダイワロイネットホテル那覇おもろまち)は、沖縄県那覇市おもろまち一丁目那覇新都心おもろまち地区に建設されたオフィス、ホテルから成る複合ビルで、地上18階、高さ77.8m、延べ床面積37,282㎡の高層ビルです。














th_IMG_1090.jpg



【スペック】
名称:那覇新都心センタービル
所在地:沖縄県那覇市おもろまち一丁目1番2(地番)
階数: 地上18階 地下1階
高さ:77.8m
構造鉄骨造(一部鉄筋コンクリート造、鉄骨鉄筋コンクリート造)
杭・基礎 ---
主用途:事務所、ホテル、店舗、駐車場
客室数:243室
敷地面積:7,880.42m2
建築面積:4,611.95m2
延床面積:37,282.08m2
建築主:大和ハウス工業、オリックス不動産(DO新都心開発特定目的会社)
設計者:大林組、日建設計・國場組JV
施工者:大林組・國場組JV
着工:2009 11
竣工:2011年08月









th_IMG_1123.jpg



ガラスとホワイトのタイルを纏うシンボリックな外観の「那覇新都心センタービル」は、低層階(1階)に観光客や地元の人々で賑わう「ショップ」、中層階(2~8階)に多様なビジネスシーンに応える「オフィス」、高層階(9~18階)に開放的な眺めが楽しめる「ホテル」を配置しています。














th_IMG_1112.jpg



真横から見た那覇新都心センタービルの様子です。テトリスの凸型ブロックの様な特徴的な形をしています。オフィスとホテルの既機能性を再優先させたデザインに見えます。
















th_IMG_1126.jpg


高層階のアップです。高層階に入居するホテルは建築主でもある大和ハウス工業グループのホテル「ダイワロイネットホテル那覇おもろまち」。客室数243室の規模で入居しています。












th_IMG_1274_20150909000456969.jpg



最後は那覇新都心センタービルとRYU:X TOWER(リュークスタワー)を絡めた1枚です。
[ 2015/09/09 00:25 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(0)

プレミスト牧志タワー国際通り

th_IMG_1298.jpg



プレミスト牧志タワー国際通りは、沖縄県那覇市牧志3丁目の沖縄都市モノレール「ゆいれーる」牧志駅前で行われた再開発「牧志・安里地区市街地再開発事業」の一環として建設された、複合開発型タワーマンションプロジェクトです。プレミスト牧志タワー国際通りの高さは88.9m、延べ床面積22,822.37㎡、総戸数は161戸の規模です。












th_IMG_1307.jpg

【スペック】
名称:プレミスト牧志タワー国際通り
所在地:沖縄県那覇市牧志3丁目15番37号
階数: 地上25階 塔屋1階
高さ:88.9m
構造鉄筋コンクリート造

杭・基礎 ---
主用途:共同住宅、駐車場
総戸数:161
敷地面積2,869.432
建築面積1595.29m2
延床面積:22,822.37m2
建築主:大和ハウス工業
設計者:大林組
施工者:大林組・國場組JV
着工:2008年10月
竣工:2010年11月











th_IMG_1315_201509072354166bf.jpg


北東側から見た、プレミスト牧志タワー国際通りの様子です。
















th_IMG_1317.jpg


プレミスト牧志タワー国際通りの足元には安里川が流れています。地区内を大きく蛇行して流下していた安里川は、再開発により流れをゆるやかにし、断面積は約2倍に広げられました。美しいカーブを描く護岸は、琉球石灰岩の雑相方積みで築かれています。親水庭園にはテラスやステージが設けられ、沖縄の水辺に見られる樹木が植栽されるなど憩いの親水空間となっています。


















th_IMG_1325_20150907235418f9d.jpg



南東側から見たプレミスト牧志タワー国際通りの様子です。バルコニーのデザインが独特ですね。









th_IMG_1328.jpg



プレミスト牧志タワー国際通りが立地する「牧志・安里地区第一種市街地再開発事業」地区の広さは約2.3ヘクタールで、「さいおんスクエア」の愛称で呼ばれています。このタワーマンションの他にもダイワロイネットホテル(後日記事化予定です)や公民館・図書館、商業施設カーゴス、駅前広場などが整備されました。















th_IMG_1331.jpg


最後は南西側から見た、プレミスト牧志タワー国際通りの様子です。






[ 2015/09/08 00:20 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(1)

RYU:X TOWER(リュークスタワー)

th_IMG_1138_20150906184734354.jpg



RYU:X TOWER(リュークスタワー)は、沖縄県那覇市の新都心、おもろまち一丁目に建設された、地上30階建て、高さ104.3m、総戸数676戸のツインタワーマンションです。RYU:X TOWER(リュークスタワー)は、沖縄県内で最も高いビルであり、総戸数676戸は沖縄県内の分譲マンションとして最大規模、沖縄県内初の分譲ツインタワーマンションで、海抜約30mの高台に建設された事もなり、那覇市内の各所から視認出来るランドマークタワーです。




【公式HP】
大和ハウス工業>
RYU:X TOWER(リュークスタワー)









th_IMG_1179.jpg



【スペック】
名称:RYU:X TOWER(リュークスタワー)
所在地:沖縄県那覇市おもろまち一丁目1番地1号(地番)
階数: 地上30階、塔屋1階、地下1階
高さ:104.3m
構造:鉄筋コンクリート造
杭・基礎 ---
主用途:商業施設、共同住宅、駐車場
総戸数:676戸(ゲストルーム2戸含む)The WEST:338戸、The EAST:総戸数338戸
    ※防災センター
1戸、他ビューラウンジ等4
敷地面積14,216.58㎡ 
建築面積5,438.98㎡(2棟の合計)
延床面積78,416.02㎡(2棟の合計)
建築主:大和ハウス工業、オリックス不動産、大京
設計者:基本設計(日建設計、国建JV) 実設計(清水建設)
施工者:清水・金秀・りゅうせき建設JV
着工:2011年05月
竣工:The WEST 2013年11月、 The EAST 2015年05月







th_IMG_1158.jpg


 201311月に竣工したThe WEST棟の様子です。総戸数は338戸となっています。












th_IMG_1152_2015090618473573f.jpg



こちらは、今年(2015年)5月に竣工したばかりのThe EAST棟です。先行して完成した、The WEST棟と全く同じデザインで、総戸数も同じ338戸となっています。




















th_IMG_1162_20150906184740809.jpg


タワーの足元に広がる平面駐車場の様子です。芝生が敷き詰められており、ぱっと見た感じは公園の様に感じました。















th_IMG_1109.jpg


北側から見たRYU:X TOWER(リュークスタワー)の様子です。ちなみに施設名称のRYU:X TOWER(リュークスタワー)は、RYU:X=琉球+X(色々な可能性を秘めた・未知数を意味するX)を組み合わせた造語で、LUXE(フランス語で上品、贅沢の意)の音感も連想させた言葉との事です。












th_IMG_1266_201509061847485af.jpg


少し離れて、北側から見たThe WEST棟の様子です。














th_IMG_1269_20150906184748ab4.jpg



頂部付近の様子です。小さい塔屋が確認できますね。














th_IMG_1497.jpg


最後は沖縄都市モノレール、ゆいれーるの車内から見た、RYU:X TOWER(リュークスタワー)の様子です。海抜約30の高台に建設された為、スペック以上に目立っています。


※週末に家族旅行の合間に念願の沖縄取材にいってきました!当日はスッキリとした晴天ではありませんでしたが、なんとか那覇市内の主要なビルを撮影する事ができました。那覇市内の再開発はかなり活発で、以前にくらべると街並みは大きく変化していました。これから徐々にアップして行きますのでご期待下さい!

[ 2015/09/07 01:56 ] 九州・沖縄 那覇 | TB(0) | CM(1)

近鉄が近鉄博多ビル構想を発表、「博多都ホテル」の建て替えを検討中!

001_20150601123923854.jpg

近鉄グループホールディングスは、2015年5月14日に発表した「近鉄グループ経営計画(2015年度~2018年度)」でJR博多駅近くで運営する「博多都ホテル」が入居するビルを建て替える近鉄博多ビル構想を発表、2018年度を最終年度とする経営計画に盛り込みました。新ビルは、ホテル、オフィスや商業施設などが入る複合ビルになる方向で検討が進められるとの事です。



【出典元】
「近鉄グループ経営計画(2015年度~2018年度)」の策定について(PDF)



博多都ホテルは1972年開業で竣工後約43年が経過。地下3階、地上14階建ての建物に254室を備えています。博多駅筑紫口から徒歩約1分の場所にあり、客室稼働率が高い一方で老朽化が進んでいました。近鉄グループホールディングスは「訪日外国人にも満足してもらえるビルにしたい」としており、最近のインバウンド需要の取り込みを図る意味もありそうです。

[ 2015/06/03 00:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(2)

福岡市のアイランドシティに32〜46階建て超高層マンション4棟の建設計画が浮上!

 th_002_20140808231726387.jpg



特報です!福岡市は2014年8月8日に「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉7 丁目27 番11 等)」における事業予定者が決定したと発表、同市東区のアイランドシティ(人工島)に、積水ハウス、西日本鉄道、福岡商事、西部ガス興商の4社による企業連合体が、32~46階建ての高層マンション4棟の建設を計画している事が判明しました!


【出典元】
「アイランドシティまちづくり事業提案公募(香椎照葉 7 丁目 27 番 11 等)」における 事業予定者の決定について(お知らせ)(PDF)












th_003_20140808233257b71.jpg



事業概要はこんな感じです。約3.6ヘクタールの敷地に、約326億円を投じて41階、32階、46階、46階の4棟のタワーマンション群を建設する壮大な計画で、総戸数は1068戸に達します。


【分譲集合住宅】
区画A:地上41階建て、総戸数280戸 ✕ 1棟
区画B:地上32階建て、総戸数194戸 ✕ 1棟
区画B:地上46階建て、総戸数297戸 ✕ 2棟
区画B:地上2階建ての商業棟 ✕ 1棟











th_001_201408082317244fc.jpg



場所はアイランドシティの北東側で、3棟のタワーを3階層の空中庭園で連結した非常にユニークな超高層ビルアイランドシティスカイクラブとはアイランドシティ公園を挟んだ反対側にあたります。


















こちらは、同じくアイランドシティ内で建設が進んでいる(仮称)照葉超高層タワーマンション計画の完成イメージパースです。タワーマンションとしては北九州市にあるは小倉D.C.タワー145.777m)を上回る、地上 45 階、高さ約149mの高さを誇る超高層分譲マンションとなります。













IMG_5981.jpg



突如としてアイランドシティに浮上した、4棟のタワーマンション群の建設計画。東京・大阪以外の大都市圏としては破格の規模の大規模開発の浮上に、福岡都市圏のパワーをまざまざと見せつけられた感じです。この計画が完成すると、アイランドシティスカイクラブの3棟(正確には連結されてるので1棟なのですが、見た目が3棟に見えるので)、(仮称)照葉超高層タワーマンション計画、今回の4棟、合わせて8棟の超高層タワーマンションが林立する事になります。

福岡の都心部は福岡空港の影響により超高層ビルの建設が出来ない為、郊外にあるアイランドシティでその鬱憤を晴らすかの如く開発が進みそうです。


[ 2014/08/09 00:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(16)

メッセンジャーサービスの大手LINEが福岡に新社屋を建設!

entry_img_2284_2014022810483051a.jpg



メッセンジャーサービスの大手でユーザー数が急拡大しているLINEは福岡市の都心部に国内第二の拠点となる新社屋の建設を進めていますが、昨日のニュースリリースで福岡新社屋の建設計画の概要と新ビルの外観デザインが明らかになりました。福岡新社屋は、地上11階・地下2階、延床面積13752.43㎡の規模で2014年4月に着工、16年春の完成を予定しています。


【出典元】
LINE社ニュースリリース>福岡社屋建設計画に関するお知らせ













002_20140228104831e5b.jpg




【スペック】
名称:LINE福岡新社屋(仮称) ※管理人が便宜上付けた仮称です
所在地: 福岡市博多区博多駅前2-172
階数: 地上11階、地下2階
高さ:51.00m
構造:S・SRC造
杭・基礎 :---
主用途:事務所、図書館
総戸数:---
敷地面積:1,589.83㎡
建築面積:1,271.50㎡
延床面積:13,752.43㎡
建築主:LINE
設計:---
施工:---
着工:2014年04月(予定)
竣工:2016年春頃(予定)











003_201402281048294e3.jpg




■コンセプト
・近隣や環境への配慮を最優先し、安全で合理的な建築でありながらLINEの”人と人を繋ぐ”というコンセプトを表現
・低層部に図書館を設置し地域に開放するなど、福岡市都心部機能更新型総合設計制度を活用
・駅前通りの賑わいを公園へとつなぐ、回遊動線
・環境にも最大限に配慮し、日本の建築環境総合性能評価指標「CASBEE」の最高ランクであるSランクと、
世界的な建物環境性能評価指標「LEED」の新築部門最高ランクであるプラチナ認証を同時に取得する、
日本初のオフィスビルを目指す














004_20140228102020629.jpg


新社屋には子会社となLINE Fukuokaが入居し、本社と連携しながらLINEと関連サービスの企画・開発・運営からカスタマーサポートを行います。企画・開発運営・カスタマーサポート・翻訳などの職種で、九州を中心とした西日本地域から200人以上の採用を計画しているそうです。また、低層部には図書館を設け、市民に開放する計画です。















005_201402281045401e8.jpg 



計画地はこちらです。キャナルシティ博多の近くですね。LINEの福岡新社屋は外観デザインが非常に秀逸で福岡都心部の都市景観に大きなインパクトを与えるビルになりそうです。これは楽しみですね。


[ 2014/02/28 11:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(2)

北九州市(仮称)新球技場整備事業

 th_001.jpg

北九州市(仮称)新球技場整備事業
は、北九州市小倉北区浅野三丁目に計画されている、収容人数1.5万人(将来は2満員以上に拡張可能)の新球技場の整備計画です。北九州市のシンボル施設として、Jリーグやラグビートップリーグなどレベルの高い試合をはじめ、コンサートの開催や小中高生のサッカー・ラグビー大会、グラウンドゴルフ大会、子どもたちへの芝生開放など、幅広い市民利用を行うことで、市民に夢と感動を提供するとともに、人が集い、にぎわいあふれる北九州市の創出を目指します。総事業費は約89億円(道路移設整備費を含む)です。


【出典元】→北九州市HP>スタジアムについて
















th_003.jpg
 



新球技場は、サッカーJ2・「ギラヴァンツ北九州」のホームとしてJR小倉駅に近い同市小倉北区浅野に建設されます。JR小倉駅からは直線距離で約500m、徒歩7分程度の距離感で、新幹線駅から最も近い本格的なスタジアムとなります。














th_004.jpg



都市計画道路浅野町愛宕線を西側に25-30m移設し、陸上部で敷地面積を確保、メーンスタンドを陸側に移し、J1基準を満たす1万5000人収容とする計画で、将来は、海上部へのバックスタンド増設が可能な設計です。















th_002.jpg



スタジアムのコンセプトは「夢と感動を生みだす躍動的(ダイナミック)な観戦環境」です。スタンドとフィールドが近接することによる躍動感・臨場感の創出、選手と観客の一体感の創出、ハイレベルなスポーツ観戦環境を実現するために大型映像装置による高水準の演出、ハイレベルなメディア環境の整備などが行われる計画です。













th_005.jpg
 


新球技場の完成後は、プロサッカーやラグビートップリーグ、学生サッカー・ラグビーなどの試合開催や市民利用等により、年間21万人の来場を見込んでいます。ウォーターフロントに立地する都心型スタジアムというのも日本では珍しいです。最近は中心市街地の活性化作の1つとして大規模集客施設を都心部に誘致する取り組みが増えていますが、北九州市の新球技場はその中でもひときわ規模が大きく注目に値すると思います。隣接する西日本国際展示場との相乗効果も見込めそうですね。
[ 2014/02/02 00:00 ] 九州・沖縄 北九州 | TB(0) | CM(0)

JR博多駅前の再開発、博多郵便局一体の敷地に2棟のビルを建設する「博多駅中央街地区地区計画」が始動!

 002_20140121211640291.jpg
【出典元】→日本郵便プレスリリースより(PDF)


九州一の乗降客数を誇る博多駅周辺は、九州新幹線の全線開通、JR博多シティの開業により賑わいを増していますが、そんなJR博多駅周辺で、さらなる再開発計画が進んでいます。博多駅中央街南西街区開発計画は、日本郵便とJR九州が進めている大規模再開発計画で、福岡市博多区の博多郵便局一体の敷地に2棟のビルが建設されます。











005_20140121211638baf.jpg006_201401212116418dd.jpg





1つは日本郵便とJR九州が所有する敷地に建設される店舗兼事務所の博多駅中央街南西街区における共同ビル。地上13階、地下3階でオフィス主体のビルとなります。



【スペック】
所在地:福岡市博多区博多駅中央街1-3
階数:地上13階、地下3階
高さ:---
用 途:事務所、店舗、駐車場
敷地面積:
延床面積:
着工:2014年2月(予定)
開業:2016年春(予定)












003_20140121211644764.jpg001_20140121211643fab.jpg
【出典元】→日本郵便プレスリリースより(PDF)


2つ目は日本郵便が所有する店舗ビル、博多駅中央街SW計画(仮称)。JR博多シティの博多阪急側の一等地に建設される店舗ビルは地上11階、地下3階の商業ビルで日本郵政グループ初の全館商業施設で、キーテナントとして丸井グループが1~7階に進出する事が決まりました。ビルの1階部分には公開広場を設けるほか、博多駅ビルと直結するペデストリアンデッキを設けるなど回遊性を高め、一体的な開発が進められます。2棟はいずれも2016年春の開業を予定しています。



【スペック】
名称:博多駅中央街SW計画(仮称)
所在地:福岡県福岡市博多区博多駅中央街1-1
階数:地上11階地下3階
高さ:---
用途:店舗、駐車場
敷地面積:約5,000㎡
延床面積:約65,800㎡
着工:2014年2月(予定)
開業:2016年春(予定)















IMG_5700.jpg




同計画が位置する「博多駅中央街地区地区計画」区域内の博多駅中央街南西街区は、都心部のさらなる機能強化と魅力づくりを推進するための方策「福岡市都心部機能更新誘導方策」が初めて適用された街区で、同計画はその適用を受ける第1号の開発計画となります。福岡市都心部機能更新誘導方策は、賑わい創出など、まちづくり貢献度に応じて容積率を上乗せする制度で、博多駅中央街地区地区計画では、800%の容積率が400%上乗せされた1200%まで緩和されています。博多駅周辺では、今回の規制緩和により高度利用が可能となった事から、今後も更新時期を迎えたビルの建て替えが続きそうです。











IMG_7078.jpg


九州新幹線を起爆剤に急速に開発が進むJR博多駅周辺。博多駅中央街地区地区計画が完成する事で、駅周辺の商業集積が厚みを増し、いよいよ福岡市は本格的な二大繁華街時代を迎える事になりそうです。





[ 2014/01/26 00:00 ] 九州・沖縄 福岡 | TB(0) | CM(19)

熊本交通センターを建て替える「熊本・桜町再開発事業」が具体化、2018年春の完成を目指す!

 001_20140110210428bfd.jpg


【出典元】→くまもと経済プレス(PDF)

熊本・桜町再開発事業は、九州産業交通ホールディングスが熊本交通センター一体で計画している大規模再発事業です。商業施設、コンベンションホールなどのMICE施設、ホテル、マンション、バスターミナル、駐車場を一体的に整備し熊本交通センター一帯2万8千㎡の敷地に、地上15階、高さ73.66m、延床面積15.96万平米の複合ビルが建設されます。再開発ビルの高さは約73mになり、熊本市の基準である海抜55mを超える見込みですが市は公共性の高さから容認するそうです。


再開発ビルに入居するホテルの客室数は約200室で、面積は約6000-8000㎡。アッパーグレードの宿泊特化型を想定しています。マンションは世帯数150戸程度で、面積は約1万1000-1万2000㎡。ホテルと住宅については2月7日まで提案受付、2月中旬に事業者を選定する予定です。












IMG_6817_20140110211640878.jpg

建て替え計画が具体化した熊本交通センター。延べ床約16万㎡の巨大ビルに生まれ変わる



再開発ビルは、商業施設やシネコンが入る北東側を地上4階に抑え、屋上に和風庭園を階段状に配置し、ホテルやMICE施設からは屋上庭園越しに熊本城や阿蘇を望めるような設計となっています。同計画の施設コンセプトは、まちにひらかれた「おもてなしの庭」。桜町地区を熊本城と庭つづきとなる交流拠点と位置づけており、歩行者空間シンボルプロムナード沿道の壁面を後退させ、エントランス広場やテラスなどの空間を確保し熊本城域と繋がる賑のある空間構成を目指します。ちなみに中核となるMICE施設のMICE(マイス)とは、

Meeting(会議・研修・セミナー)
Incentive tour(報奨・招待旅行)
Convention又はConference(大会・学会・国際会議)
Exhibition(展示会)


の頭文字をとった、ビジネストラベルの一形態を意味する造語です。MICEは、一度に大人数が動くだけでなく、一般の観光旅行に比べ参加者の消費額が大きいことなどから誘致に力を入れる国や地域が増えています。
[ 2014/01/15 00:00 ] 九州・沖縄 熊本 | TB(0) | CM(4)