くずはモール 「SANZEN-HIROBA」はどこへ向かって走るのか

 th_IMG_7583.jpg



くずはモールは、京阪電車の樟葉駅前にある大型ショッピングモールですが、そこに設けたミニ鉄道博物館「SANZEN-HIROBA」(さんぜんひろば)が凄いです。SANZEN-HIROBA」は、子供から大人まで「京阪電車を見て、知って、体験できるライヴ感あふれるミュージアムゾーンで、KUZUHA MALL「南館 ヒカリノモール」1階にあります。



この「SANZEN-HIROBA」(さんぜんひろば)の目玉は、昨年3月末に引退した旧3000系特急車の3505号「テレビカー」を極力誕生時の姿に復元し、本物の音と映像を駆使する事であたかも”動態”のように体感出来るという「3505号車デジタル動態保存」です。これは鉄道マニアな事でも有名なミュージシャン「向谷実」さんの考案によるものだそうです。



※「SANZEN-HIROBA」内は撮影可のエリアです。
念の為に現地スタッフの方に撮影許可を頂きました。三脚、脚立の使用は不可です。









th_IMG_7572.jpg



ドーン!
ショッピングモールの館内に突然、実物の電車が現れました!
同じ館内には家電量販店やらシネコンがはいっています。その中でこの実車は物凄い違和感&迫力です。














th_IMG_7563.jpg



この「デジタル動態保存」の臨場感の源となっているのが車内2箇所、車外に6箇所設置されたスピーカー。
台車部からはシミュレータ操作とリンクしたモーター音やブレーキ音が、
MG電動発電機(でんどうはつでんき、Motor Generator)からはMG作動音が流れます。これらのスピーカーから流れる音は3505号車の現役時代のモノだそうです。ちなみに床下の塗色も当時の京阪ならではのわずかに緑がかったグレーが再現されています。












th_IMG_7645.jpg


現役時代にはまず見ることが出来なかった連結部の様子です。












th_IMG_7613.jpg



3505号車のデジタル動態保存に乗り込む為に設けられたプラットフォームは雰囲気バツグン。黄色の点字ブロックもありました。











th_IMG_7630.jpg



「特急」の種別表示が誇らしく、そしてレトロ。











th_IMG_7615.jpg



車内の様子です。うおっ!現役時代そのままで、美しく整備された車内に感激!しかも空気圧による自動座席転換装置も生きているそうです。自動座席転換装置を日本で最初に装備した車両は、この京阪3000系(初代)です。











th_IMG_7621.jpg



ちなみに京阪電車はこの旧3000系と同じく、車内の吊り広告が一切い、2ドアのオール転換クロスシート車を特別料金不要でいまも運行しています。使用されている車両はこの旧3000系の後継にあたる8000系リニューアル車です。










th_IMG_7624.jpg




妻面の様子です。このオリジナルの妻面は京阪電車には残っていなかった為、以前に旧3000系を譲渡した富山地方鉄道にお願いして返還してもらい取り付けたそうです。なんというコダワリ!










th_IMG_7652.jpg



撮影していると、デジタル動態保存の運転体験が始まりました!この運転体験は完全予約制となっており、当日行ってすぐに乗れるわけではありません。予約は専用ページから出来、約20分の運転体験をする事が出来ます。料金は1回2000円(税込)となっています。








th_IMG_7649.jpg



おおっ、巨大なスクリーンに線路が映し出されました!これは天満橋駅付近でしょうか・・。












th_IMG_7578.jpg



デジタル動態保存の運転体験は、特急(淀屋橋~枚方市)、 急行(淀屋橋~香里園) 、普通(中之島~守口市) の中から一つを選択できます。 所定時間を過ぎると区間途中でも終了。











th_IMG_7635.jpg



正面スクリーンと連動した側面スクリーンも設置されています。実画像が流れるのは世界初だそうです。なんかここまでくると、パイロットを育成する為のフライトシミュレーターならぬトレインシミュレーターそのものですね。


運転機能もそのまま再現されており、リバーサー、戸閉スイッチ、車内放送機能、座席の一斉転換機能、さらにデッドマン装置(人間の操作者が死亡・意識不明などの事態に陥ったときや、不用意に運転位置を離れた際に自動的に停止して事故を防止する装置)まで、機能してるそうです。















th_IMG_7655.jpg



実際に走行はしませんが、デジタル技術を駆使することで静態でありながらまるで動態の様に保存する「デジタル動態保存」。運転機能や座席の自動転換機能、放送機能などが生きているなど、今後の鉄道車両保存の方向性を示す意欲的な取り組みだと思いました。





くずはモールは京阪沿線からの集客を見込んでおり、特に沿線に住む家族連れ多いはずです。モール内に展示された旧3000系は訪れた子供達のキオクに焼きつく事でしょう。運転体験をした子はさらに強烈に刷り込まれると思います。

僕は、この「SANZEN-HIROBA」が、京阪電車のファンを地道に増やしてゆく取り組み、長期的なブランディング活動なんだと理解しました。マクドナルドと同じく子供時代からファンを育成する作戦です。少子高齢化が進行する時代、京阪沿線の人口の減少も待ったなしの状況です。将来この「SANZEN-HIROBA」を見て育った子供たちも、そのまま京阪沿線に住み続けてほしい、という京阪の思いがこもっているんだと思いが伝わってきました。



旧京阪3000系。本線からは確かに引退しましたが、実は未来に向けて京阪の先頭を走り始めた所だったようです。

[ 2014/06/05 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(3)

近鉄百貨店枚方店跡に建設される枚方T-SITE(仮称)の状況 14.05

 th_IMG_7710.jpg
※現地に掲示されているパネルを撮影、以下全て同じ


枚方T-SITE(仮称)は、TSUTAYAの系列企業で不動産事業などを手掛けるソウ・ツーが、京阪枚方市駅前の旧近鉄百貨店枚方店跡地に計画している再開発事業で、地上8階地下2階建て、延床面積1.6万㎡の新たな商業施設が建設されます。ソウ・ツーは2011年12月に東京・代官山に蔦屋書店と専門店で構成する複合施設「代官山T-SITE」を開業し話題を集めた企業で、今回の新商業施設は、この次世代型TSUTAYA「T-SITE」の運営ノウハウを生かしたものになりそうです。採光性の高いデザイン性に富んだ建築物になりそうです。



【出典元】
SO-TOW HP



【スペック】

名称:枚方T-SITE(仮称)
所在地:大阪府枚方市岡東12-2 
階数:地上8階 、地下2階
高さ:ーーー
構造:鉄骨造
杭・基礎 :ーーー
主用途:商業施設
総戸数:ーーー
敷地面積: 2722.11 ㎡
建築面積:ーーー
延床面積:16,170㎡
建築主:スパイラルスター・グローバル・パートナーズ
設計者:ーーー
施工者:ーーー
着工: ※2013 年 10 月から既存建物の解体開始(予定) 
竣工:2016 年春(予定) 













th_IMG_0053_20140530130413038.jpg

今回ご紹介している枚方T-SITE(仮称)のキューブの外観上の特徴である、キューブを積み重ねた様なデザインのビルが増えてきました。こちらは一足先に開業した、金沢市のル・キューブ金沢の様子です。こちらも中々斬新なデザインのビルです。





th_IMG_7703.jpg

館内の様子です。おおっ、何な内側と外側の境界線があいまいな感じがします。これはおしゃれな空間になりそうな気がします。このビルは完成後に相当話題になるのではないでしょうか・・・。










th_IMG_7694.jpg



うわー、こりゃオシャレやぁ・・・。図書館と本屋と美術館とカフェが1つに融合した様な空間ですね。枚方の駅前が一気にトレンディスポット(笑)に変貌する勢いです。












th_IMG_7698.jpg


こちらはライトアップの様子です。枚方T-SITE(仮称)はガラス面の多い造りなので、夜の方が見応えがあるかもしれませんね。














th_IMG_7681.jpg


最後は現地の様子です。旧近鉄百貨店の建物の解体工事が行われていました。現地を一回りしてみましたが、建築計画のお知らせはまた、掲示されていませんでした。



[ 2014/06/03 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(4)

増床オープンする「くずはモール」に誕生するミニ鉄道博物館「SANZEN-HIROBA(3000広場)」が凄い!

 001_201402171645004fe.jpg




大規模拡張工事が行われている樟葉モール内にミニ鉄道博物館が誕生します。南館 ヒカリノモール1階に設けられるミニ鉄道博物館「SANZEN-HIROBA(さんぜんひろば)」は、旧3000系特急車両の実車展示や京阪沿線の巨大ジオラマなどが設置された「レイルゾーン」とステージや大型ビジョンを活用して各種イベントを開催する「イベントゾーン」などで構成され、子供から大人まで京阪らしさを体感できる施設となります。施設名称はの「SANZEN-HIROBA(さんぜんひろば)」は「ヒカリノモール→燦然と輝く」「3000系」から命名されました。


SANZEN-HIROBAの目玉は、旧3000系特急車両のデジタル動態保存。デジタル動態保存とは、「展示車両は動かないものの、運転操作に合わせて画像や走行音 が流れ、実際に線路上を走行しているかのようにリアルな運転や 乗車体験が楽しめる」という仕組みです。デジタル技術の粋を集めた、世界に類を見ない「デジタル動態保存」により「テレビカー」がまるで現役車両のように走り続けます。 旧3000系特急車両のデジタル動態保存については、運転シミュレーターと合わせて、有名なフュージョンバンドであるカシオペアの元メンバーで、熱心な鉄道ファンとしても有名な向谷実氏がプロデュースしています。


【出展元】
→“BLOOMING KUZUHA”
KUZUHA MALLが大阪府下最大級ショッピングセンターに進化、グランドオープン!
(PDF)


【過去記事】
KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 13.08
KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 13.03
KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 12.09










003_2014021716450378e.jpg




京阪沿線の魅力を凝縮した巨大ジオラマ


大阪から京都・滋賀まで京阪沿線の豊富な魅力が凝縮された「京阪沿線ジオラマ」が登場します。中央には懐かしい初代くずはモール街を再現し、大阪城やひらかたパーク、京都の神社仏閣、そして四季折々の祭など、京阪沿線の見どころの中を京阪電車のHOゲージ鉄道模型が走行します。


上記のほか、京阪電車全駅の現在と昔の写真を展示し「京阪沿線 全線全駅いま・むかし」や大阪・京都・滋賀の京阪沿線の広がりを衛星画像で俯瞰できる「わたしのまち・京阪沿線」や、京阪電車の歴史紹介パネルや映像モニター、期間限定の企画展示など「ここに来れば京阪電車がわかる」空間が作られます。














th_IMG_7998.jpg

SANZEN-HIROBAに展示される旧3000系-3505号車の引退直前の姿


樟葉モールに誕生する「SANZEN-HIROBA」。館内に実車を常設展示するミニ鉄道博物館は郊外に乱立する大規模ショッピングモールの中でも異色の施設で、他のモールに対する差別化の為の強力な武器になりそうです。

また、多くの樟葉モールには多くのファミリー客が訪れます。モールを訪れた子供たちは「SANZEN-HIROBA」の旧3000系の展示や運転シミュレーターにに大喜びするでしょうし、その体験は子供達の記憶に強く残ると思います。


「SANZEN-HIROBA」は、京阪沿線の子供たちが将来も京阪電車に愛着を持ち続けてもらう為の、超長期スパーンで考えられた壮大なマーケティング活動なのかもしれませんね。


[ 2014/02/18 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(2)

KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 13.08

IMG_2243_20121014221431_20130909123941fc8.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。


KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画は、京阪本線樟葉駅前にある大型ショッピングセンターKUZUHA MALL(くずはモール)の「現西館」と「くずはコート」、「KIDS館」を解体、本館を増床し新南館を建設する増床リニューアル工事です。











IMG_5068.jpg


今回の増床は「西館」と「くずはコート・KIDS館」を解体し、それぞれの跡地に新施設が建設されます。こちらは駅側にあった西館跡に建設されている「本館増床部」の様子です。












IMG_5077_20130909123640714.jpg


反対側から見た「本館増床部」の様子です。













IMG_5088_20130909123644688.jpg


続いて「くずはコート・KIDS館」跡に建設される「新南館」の様子です。こちら側も計画高さまで組み上がっており施設全体のボリューム感が掴める様になっていました。












IMG_5095.jpg


再び駅前に戻り、ロータリー越しに見た「本館増床部」の様子です。









IMG_5082_2013090912364252e.jpg



こちらは京阪樟葉駅の様子です。KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画に合わせて、既存駅ビルの南側に
京阪くずは駅ビル南館」(写真左)が新設されました。現在は既存部分の改修工事が行われています。



【京阪ニュースリリース】
樟葉駅前の駅ビル2棟と駅ナカ店舗の一体リニューアルに着手します(PDF)








IMG_5080.jpg


久々に樟葉駅前を取材してみましたが、モールの増床部が組みあがり様子が一変していました。次回の取材はまた数カ月後になると思いますが、その頃には防護ネットが取り払われ外観が姿を表しているかもしれませんね。
[ 2013/09/10 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(0)

KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 13.03

IMG_2243_20121014221431.jpg


※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。


KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画は、京阪本線樟葉駅前にある大型ショッピングセンターKUZUHA MALL(くずはモール)の「現西館」と「くずはコート」、「KIDS館」を解体、本館を増床し新南館を建設する増床リニューアル工事です。

 












IMG_8079.jpg



※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。

今回の増床は「西館」と「くずはコート・KIDS館」を解体し、それぞれの跡地に新施設が建設されます。こちらは駅側にあった西館跡に建設される「本館増床部」の完成イメージ図です。










IMG_8053.jpg

前回撮影した2012年9月から約6ヶ月振りの取材です。前回は解体工事が始まった所でしたが、半年後に取材してみると旧建物がすっかりなくなっており駅前風景が一変していました。














IMG_8051_20130325114027.jpg

樟葉駅のホームから見た、西館跡の様子です。旧西館は綺麗サッパリ無くなっています。












IMG_8076_20130325114038.jpg

※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。

続いて「くずはコート・KIDS館」跡に建設される「新南館」の様子を見て行きましょう。












IMG_8063_20130325114030.jpg


「くずはコート・KIDS館」の解体工事も終わっており、新施設の基礎工事が始まっていました。












IMG_8066.jpg


3点式パイルドライバの様子です。本館に繋がるペデストリアンデッキの目の前にドドーンと現れました。

















IMG_8068.jpg


ゴリゴリやってます。













IMG_8060.jpg

こちらは京阪樟葉駅の様子です。KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画に合わせて、既存駅ビルの南側に京阪くずは駅ビル南館が新設されました。















IMG_8056.jpg


【スペック】
名称:京阪くずは駅ビル南館
階数:鉄骨造3階建
高さ:---------
延床面積:約4,470m2
営業面積:約2,950m2(駐輪場部分除く)

1階 三菱東京UFJ銀行、アンスリー(コンビニエンスストア)、駐輪場(機械式、自転車のみ)
2階 三菱東京UFJ銀行
3階 ECC外語学院













IMG_8081.jpg



再開発が進む京阪樟葉駅前。KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画に合わせて、既存駅ビルのリニューアルも計画されており、完成後は樟葉駅界隈のイメージが一変しそうです。


【京阪ニュースリリース】
樟葉駅前の駅ビル2棟と駅ナカ店舗の一体リニューアルに着手します(PDF)

[ 2013/04/02 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(0)

KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 12.09

IMG_2243_20121014221431.jpg
※現地に掲示されていたパネルを撮影しました。

KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画
は、京阪本線樟葉駅前にある大型ショッピングセンターKUZUHA MALL(くずはモール)の「現西館」と「くずはコート」、「KIDS館」を解体、本館を増床し新南館を建設する増床リニューアル工事です。

※以前、読者のtadasuさんよりリクエストを頂いていたので、今回取材してみました。情報を頂きましてありがとうございました<(_ _)>

KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画の配置図です。増床後のKUZUHA MALL(くずはモール)は、延べ床面積が約200,000m2(増床前 約110,000m2)、営業面積は約 72,000m2 (増床前 約 50,000m2)、駐車場は約3,000台    (増床前    約 2,000 台)まで規模が拡大されます。増床リニューアルオープンは2014年春の予定となっています。














IMG_2241.jpg

解体工事が始まった現西館の様子です。リニューアル後は本館の増床部分として生まれ変わります。











IMG_2260_20121014221430.jpg


「くずはコート」、「KIDS館」の様子です。リニューアル後は後方の駐車場敷地とセットで「新南館」になります。












IMG_2244.jpg


大規模増床工事が始まったKUZUHA MALL(くずはモール)。第2期開発計画完成後郊外のショッピングセンターとしては破格の規模に拡大されます。KUZUHA MALL(くずはモール)第2期開発計画 は、京阪が、その沿線の魅力を高める為に進めている大型プロジェクトなので、今後も追跡取材を行って行きたいと思います。

[ 2012/10/15 00:00 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(2)

くずはタワーシティ


くずはタワーシティは、京阪本線樟葉駅前に建設されたタワーマンション地上41階、高さ137mです。




        
高層部が2つに分かれていたり、とても特徴ある外観をしています。




        
反対側から。複雑な構造ですね。東京都庁にちょっぴり似ています。




        
樟葉駅前です。いかにもニュータウンの前の駅といった感じですが、平日の日中にも関わらず、けっこうな賑わい。駅の目の前にある「くずはモール」が結構イケてます。GAPが入っててビックリ。



        
駅前ロータリーも美しく整備されていました。



        
くずはタワーシティ。そのタワーマンションらしからぬ独特の外観が、とても魅力的で気に入りました。




□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■□□□■
【おまけ】
        
駅の上にある「看板」にご注目。こちらは普通に「京阪」



        
そして、反対側は「けいはん!」


[ 2009/10/18 08:08 ] 大阪府下 枚方 | TB(0) | CM(2)