ロイヤルパークホテルズのフラッグシップ店が入居する御堂筋の超高層ビル(仮称)御堂筋平野町計画の状況 17.12

th_001_201702072159033a6.jpg


(仮称)御堂筋平野町計画は
情報システム会社のオービックが御堂筋に計画している再開発計画で、ホテルとオフィスで構成された超高層ビルの建設計画です。オービックが御堂筋に計画している超高層ビルは、地上25階、塔屋2階、地下2階建て、延床面積55,533.82m2、高さ116.35m。御堂筋は2014年に高さ制限が緩和されましたが、オービックのビルは規制緩和後、2箇所目の100m超え超高層ビルの建設となります。2017年5月に着工、2020年1月の完成を予定しています。投資額は約250億円です。










th_P_20161118_153529.jpg



【スペック】
名称:(仮称)御堂筋平野町計画
所在地大阪市中央区平野町4丁目13-1番他27筆
階数:地上25階、塔屋2階、地下2階
高さ:116.35m
構造:S造(一部SRC)造
杭・基礎 
主用途:店舗、事務所、ホテル、駐車場
客室数:352室
敷地面積:3,924.19m2※船場後退後有効面積
建築面積:3,109.37m2
延床面積:55,533.82m2 ※容積対象面積:48,907.62㎡
建築主オービック
設計者鹿島建設
施工者鹿島建設
着工:2017年05月(予定)
竣工2020年01月(予定)











th_IMG_3979.jpg


三菱地所グループのホテル統括会社である株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツは、2017年02月07日付けのプレスリリースで、独立系大手SIer「オービック」が御堂筋に建設中の超高層ビルの高層階に「ロイヤルパークホテルズ」の関西地区におけるフラッグシップホテルを新規出店すると発表しました。開業は2020年春を予定しています。

新ホテルの施設構成は、バスルームを充実させたゆとりあるツインルームを中心に 352 室を計画、上層階 の 24・25 階はエグゼクティブフロアと位置づけ、上質な滞在空間を提供。また、最上階の 25 階には宿泊者専用のエグゼクティブラウンジを設け、大阪の街並みを見渡しながら優雅なひと時を過ごせるとしています。 




ホテル概要(予定) 
・ホテル賃借面積  15,523.61 ㎡(4,695.89 坪) 
・施設構成  客室(1525 階、352 室)、レストラン、バー、宿泊者専用エグゼクティブラウンジ 
・ホテル経営  株式会社ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ(三菱地所㈱100%出資) 
・ホテル運営  株式会社ロイヤルパークホテルマネジメント(㈱ロイヤルパークホテルズアンドリゾーツ 100%出資) 
・開    2020 年春

















th_IMG_4488_201712101627374be.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので約3ヶ月振りの取材です。

















th_IMG_4480.jpg


今回は大きな収穫がありました・・・。












th_IMG_4479_201712101627399d1.jpg



早くも鉄骨が地上に姿を表しているではありませんか!「V字」型の制振ブレースも見えます。鉄骨建方が始まったので、これからドンドン成長して行くと思います。これまた、追跡取材のテンションが上がる出来事でした。





関連記事

新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.12

th_001_20160404215843fa7.jpg


冠婚葬祭大手の株式会社ベルコは、2016年4月4日に発表したプレスリリースで、大阪難波の新歌舞伎座跡地のホテル計画の概要と外観デザインを発表しました。

新ホテルの仮称は「ホテルロイヤルクラシック大阪」。外観デザインは低層部に旧建築の意匠を残し新しいランドマークとして生まれ変わる事が明らかになりました。

低層部は既存の新歌舞伎座のファサード及び屋根の一部を継承したデザインとし、難波 の街に馴染んできた「顔」である建物を保存する意匠となります。高層部はアルミルーバー を複数枚重ねた、繊細かつダイナミックなファサードデザインです。ホテルは2016年6月に着工、2019年10月の開業を予定しています。

難波のランドマーク的な建物だった旧大阪新歌舞伎座は、施設の老朽化等に伴い2009年6月に閉館、劇場機能は近鉄が上本町駅近くに建設した
「上本町YUFURA」に移転しました。テナントが無くなり空きビルになった新歌舞伎座跡は、2012年3月に冠婚葬祭「ベルコ」が用地を取得していました。



【出典元】
2019年秋、大阪ミナミに建築家・隈研吾氏設計の新ランドマークが誕生
「ホテルロイヤルクラシック大阪」(仮称)新歌舞伎座跡地に旧建築の意匠を残し生まれ変わります!
(PDF)


【過去記事】
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.10

新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.07
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 17.01
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 16.06
新歌舞伎座跡地に建設されるホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の状況 16.04
(仮称)ベルコ難波ホテル 新築工事の状況 15.12
旧新歌舞伎座を建て替える(仮称)ベルコ難波ホテル新築工事が始動!
さよなら新歌舞伎座。ついに新歌舞伎座の解体工事が始まる
新歌舞伎座跡地に「ベルコ」結婚式場など建設へ
 

【隈研吾氏の作品例】

→富山キラリ(TOYAMAキラリ)~富山市立図書館 本館・富山市ガラス美術館~

地方都市の中心市街地活性化策の成功事例として注目を集める「アオーレ長岡」が凄い!












th_IMG_0204_20160111121851c91.jpg


【スペック】
名称:ホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)
所在地大阪府大阪市中央区難波四丁目59-1 外(地名地番)
階数:地上19階、地下1階
高さ:85.85m
構造S造、RC造、SRC造
杭・基礎 ---
主用途:ホテル(宴会場、レストラン、ラウンジ、客室、駐車場)、店舗
客室数:150室
敷地面積2,292.65㎡
建築面積1,893.46㎡
延床面積26,490.90㎡(容積対象面積22,349.19㎡)
建築主:ベルコ
設計者:隈研吾建築都市設計事務所、鹿島建設
施工者:鹿島建設
着工:2016年06月
竣工:2019年07月(予定)







th_IMG_4300_2017121013421361c.jpg



現地の様子です。前回の撮影が2017年10月だったので約3ヶ月振りの取材です。













th_IMG_4301_20171210134218fc9.jpg


仮囲いの外から見た限りでは、長らく変化が無かったこの現場ですが、ついにタワークレーンが建ちました!そして、一気に地上階の鉄骨建方がはじまりました。ここまで来るのに相当時間がかかったので鉄骨を見て感動しました。











th_IMG_4290_201712101342170c1.jpg



北東側から見た様子です。1機目のタワークレーンの設置場所は敷地の北東側付近です。かなり北に寄せて設置されている事と、案件の規模から考えて、タワークレーンはもう1機設置されると思います。

















th_IMG_4297_201712101342162af.jpg



真東から見た様子です。隈研吾氏が手がける外観デザインは、低層部に旧建築の意匠を残したものになるので、仕上がりがとても楽しみです。













th_IMG_4302.jpg



ついにタワークレーンが建ち鉄骨が地上に姿を現したホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)。これから成長して行く姿をウオッチするのがとても楽しみになってきました。













【おまけ】





th_IMG_4137.jpg


夜のホテルロイヤルクラシック大阪(仮称)の様子です。






関連記事
[ 2017/12/11 00:00 ] 大阪都心 心斎橋/難波 | TB(0) | CM(1)

南海ー新今宮駅にハーフワイドLCD(液晶)タイプの新型発車票が設置される!

th_IMG_4548.jpg

南海電鉄の車両を撮影する為に新今宮駅に行くと、見かけない新しい発車票が設置されていました。よくみると、LCD(液晶)モニタ・タイプの発車票ですがアスペクト比(縦横比)が通常の16:9ではなく、超横長のハーフワイド液晶でした。















th_IMG_4561_20171210125852ff6.jpg

アップで見た様子です。専用筐体に収納されており、違和感が全くない完成度の高い仕上がりです。ハーフワイド液晶は、阪急・阪神の新型車両に採用され、大阪市交通局の御堂筋線21系リニューアル車でも採用が始まっていますが、何れも車内用のインフォメーションモニタです。今回南海新今宮駅に設置されたホーム上の発車票は、非常に珍しいです。
















th_IMG_4554.jpg


ちなみに。こちらはソラリーと3色LEDを組み合わせた従来機の様子です。新型に比べると奥行きが凄くて時代を感じさせます。落下して頭に当たると即死レベルで大きいです。














th_IMG_4557.jpg


新型を見上げた様子です。従来機に比べるとそのコンパクトさが良く解りますね。側面もカーボン調の化粧パネルが取り付けられ、カッコイイです。















th_IMG_4563_201712101258574f6.jpg


取材時点では、南海新今宮駅の2番、4番線にハーフワイドLCDタイプの発車票が設置されていました。
















th_IMG_4560.jpg


南海新今宮駅に登場した、新型ハーフワイドLCDタイプの発車票。天井の低いシチュエーションでも設置できるので、これから増殖してゆくかもしれませんね。






関連記事
[ 2017/12/10 13:00 ] 鉄道 橋上駅舎/駅改良 | TB(0) | CM(6)