【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

JR九州が帝人ビルディング跡に地上37階建てのタワーマンションを建設!(仮称)大阪南本町タワーの状況 18.02


帝人の大阪本社は2017年05月08日(月)から中之島フェスティバルタワーに本社移転、肥後橋シミズビルに総務、人財、人事、経理、財務・IR、資材・物流などの部署が2017年04月24日に移転しました。

帝人旧本社ビルはJR九州が約100億円で取得しており、旧ビルを解体し跡地に地上30階建て、高さ100m規模のタワーマンションを建設する事がアナウンスされていました。現地に掲示された建築計画のお知らせによると、報道よりも大規模な「地上37階、高さ137.5m、延床面積47,400m2」のタワーマンションが建設される事が明らかになりました。
JR九州の鉄道事業は2017年3月期に初の営業黒字を見込見込んでいますが、同社の鉄道事業は大きな成長は見込みにくい為、今後は不動産事業に注力し上場後の成長力を確保する戦略です。


【過去記事】
JR九州が帝人ビルディング跡に地上37階建てのタワーマンションを建設!(仮称)大阪南本町タワーの状況 17.09
JR九州が帝人ビルディング跡に地上37階建てのタワーマンションを建設!(仮称)大阪南本町タワーの状況 17.07
 



【スペック】
名称:(仮称)大阪南本町タワー
所在地:大阪市中央区南本町1丁目11番
階数:地上37階、塔屋1階、地下1階
高さ:137.5m
構造:RC造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲・賃貸)
総戸数:—-
敷地面積:2,844.46m2
建築面積:1,920m2
延床面積:47,400m2 ※容積率対象面積34,130㎡
建築主:JR九州(九州旅客鉄道株式会社)
設計者:INA新建築研究所
施工者:未定
着工:2018年07月(予定)
竣工:2021年04月(予定)

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので約5ヶ月振りの取材です。

 

 

 



帝人ビルディング全体が防護壁に覆われ解体工事が本格化してきました。大阪でここまで大規模な高層オフィスビルが解体されるのは、実は初めてなのではなでしょうか・・・。

 

 

 


南西側から見た様子です。解体用に大きなタワークレーンが建っています。

 

 

 

 


撮影時点では地上16,17階躯体の解体工事が行われている所でした。

 

 

 

 

 


計画地北西側のコインパーキングが閉鎖され「マンションギャラリー建設地」の看板が立ちました。

 

 

 



最後は中央大通側に掲げられた「JR九州」のロゴマークをパチリ。JR九州は上場を果たしましたが鉄道事業は厳しく、生き残る為には多角化経営をすすめる必要があります。大阪都心部での大型タワーマンション建設は、そんなJR九州の重要な戦略の1つなので、同社にとっても気合の入った計画となりそうです。

3 Comments

再都市化大ファン

大規模な本社自社ビルがなくなるのはさみしいですね~
オフィスビルのニュースを心待ちにしています

アリー my dear

言われてみれば、大阪でこれほどの規模の老朽化したオフィスビル解体はたしかに最初のケースかも知れませんね。
過去に解体されたビルで最大だったのはホテルプラザでしたし。それ以外もホテルコムズやラマダなど、大半が元ホテル。

しかし画像だけを見てるとタワークレーンもあって、解体というより「建設現場」のように見えてしまいます(^_^;)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。