【再都市化ナレッジデータベース】

大阪・光の饗宴2019ー台南・光の廟埕(びょうてい)は目に焼き付いて離れないランタンアート


大阪・光の饗宴2019ー台南・光の廟埕(びょうてい)は、色とりどりのランタンを使用した文化交流プログラムです。3年目の今年は台南グルメの起源である、廟埕(寺院の門前広場)の小吃(シャウチー/庶民料理)をテーマにした空間を演出がおこなわれています。

 

※この記事の写真は全べてZenFone5で撮影しました

 

 

ズラリと並んだ提灯のトンネルが圧巻です。

 

 

 

 

様々な台南のイラストが描かれた数百もの提灯。

 

 

 

 

奥に行くと色味が変わります。

 

 

 

カラフル!

 

 

 

 


今年の大阪・光の饗宴は、他のプログラムが今ひとつ・・な印象ですが、この台南・光の廟埕(びょうてい)は小規模ながら、中々の出来映えで良かったです!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です