【お知らせ】新規情報や取材リクエスト、ニュースなどは「再都市化ナレッジデータベース」のコメント欄で共有お願いしますm(__)m

(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 18.10


東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースで、2016年1月に閉館した御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になりました。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。

【出典元】
日本初 寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」が出店「(仮称)積和不動産関西南御堂ビル」着工
東急ホテルズ>「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」関西初出店のお知らせ

 

【過去記事】
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 18.07
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 18.06
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 18.04
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 18.02
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 17.12
(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 17.09
大阪初進出となる「(仮称)大阪エクセルホテル東急」が入居する(仮称)御堂会館建替計画が20170907日、ついに着工!
大阪初進出となる「エクセルホテル東急」が入居する(仮称)御堂会館建替計画の状況 17.07
大阪初進出となる「エクセルホテル東急」が入居する御堂会館建替工事(仮称)の状況 17.01
「御堂会館」建替着手および「エクセルホテル東急」の関西初出店が明らかに!日本初の寺院山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生!

 

 

 
th_IMG_0760_20170913225254a6e.jpg
 

【スペック】
名称:(仮称)積和不動産関西南御堂ビル
計画名称:(仮称)御堂会館建替計画 新築工事
所在地:大阪市中央区久太郎町4丁目685
階数:地上17
高さ:72,97
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:複合施設(事務所、店舗、ホテル)
客室数:約360
敷地面積:2,515.58m2
建築面積:1,670.39m2
延床面積:22,278.48m2 容積率対象面積20,684.15
建築主:積和不動産関西
設計者:IAO竹田設計
施工者:竹中工務店
着工:201709
竣工:201909月(予定)

 

 

 

日本初の寺院山門一体のホテル

(仮称)大阪エクセルホテル東急は、日本初の寺院山門一体型のホテルとして注目を集めており、2017年09月07日から本体工事に着手しました。ホテル外観は低層部中央に参道を設けており、その特徴的な外観が注目を集めそうです。全体的なデザインはグレーを基調にしたシックな色合いで、低層部と客室部が明確に分かれた外装は「南御堂」への参道の入り口をイメージした様に思えます。


002_201709060850243e5.jpg

 

 

 

ホテルコンセプトは 『大阪万華鏡』

大阪のにぎやかさ、はなやかさ、おどろきを感じられる内装・インテリアで館内を演出。高層階にあるフロントロビーやレストランからは万華鏡の輝きのような夜景が楽しめます。NIPPONOSAKA を体感していただけるようなイベントを催し、エクセルホテル東急 ならではのホテル発の情報をコンスタントに発信。

・ フロントロビーを 16 階に配置。ホテルを訪れる全てのお客様に、大阪のメイン ストリート御堂筋のビューを提供
・ 上層階には『(仮称)プレミアムルーム』の設置を検討中。御堂筋の夜景を見ながら バスタブに身体を委ねたり、NIPPONOSAKA を体感できるコンセプチュアルな客室を 用意する予定。
・ 全客室でバス・トイレ・洗面を分離し、複数人でもゆっくりとくつろげる客室 。
・ 最上階の 17 階には、多目的スペースを設け(約 180 ㎡)様々なイベント利用可能






 

 

 

 

 

 

 

 


現地の様子です。前回の撮影が2018年07月だったので約3ヶ月振りの取材です。結構、期間が空いてしまいました。この3ヶ月間で鉄骨建方かなり進み外装カーテンウォールの取り付けも始まりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


正面から見た様子です。このビルの一大特徴である、正面の参道が解る様になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 


アップで見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


北東側から見た様子です。外壁の色が完成予想パースと全く異なっていますが、これから化粧パネルが貼られるのでしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



 

引き気味で見た様子です。

 

 

 

 

 

 

 


最後は南西側から見た様子です。

 

4 Comments

アリー my dear

今日はこの現場もシティバス乗車中の車内から見ました。変化として、客室階部分の壁面が姿を見せ始めていましたよ!

アリー my dear

この現場も昨日見ました。鉄骨建方が進んで、早くも10階以上の鉄骨が部分的に登場してました(^。^)

ぽり

低層部北側は南御堂が賃貸する事が決まっていましたが、教化施設だけかと思っていたら、御堂会館が復活するようです。ただし音楽ホールはなく、以前の南側にあったイベントスペースとしての復活で、3,4Fを充てるようです。ホールは大阪書店組合のブックフェアでお世話になっていたので復活はうれしい。

アリー my dear

あ、そうそう。先ほど私がコメントで書き込んだのがこの状況でした(^_^;)
イメージパースと外壁の色味が違うみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。