【お知らせ】コメント投稿はハンドルネーム・メールアドレス必須となりました。コテハンに「匿名」「匿名A」等の使用は禁止しています

(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する(仮称)積和不動産関西南御堂ビルの状況 17.12

001_20170906085023399.jpg


東急ホテルズが2016年10月26日に発表したニュースリリースで、2016年1月に閉館した御堂会館」の建替着手および「エクセルホテル東急」が関西初出店すると発表、日本で初めてとなる寺院の山門と一体となった高層ホテルが御堂筋に誕生する事になりました。計画地は、大阪市中央区久太郎町四丁目68番5、 敷地面積2,589.76㎡、定期借地権設定期間は2017年10月1日から2077年9月30日までの60年間。建築・設備設計はIAO竹田設計、構造設計は竹中工務店、施工は同じく竹中工務店が担当します。御堂会館の建替え計画は、東京五輪前の2019年冬の開業を目指しています。















th_IMG_0760_20170913225254a6e.jpg


【スペック】
名称:(仮称)積和不動産関西南御堂ビル
計画名称:(仮称)御堂会館建替計画 新築工事
所在地大阪市中央区久太郎町4丁目68番5
階数:地上17階
高さ:72,97m
構造:鉄骨造、一部鉄筋コンクリート造
杭・基礎 
主用途:複合施設(事務所、店舗、ホテル)
客室数:約360室
敷地面積:2,515.58m2
建築面積:1,670.39m2
延床面積:22,278.48m2 ※容積率対象面積20,684.15㎡
建築主:積和不動産関西
設計者IAO竹田設計
施工者竹中工務店
着工:201709月
竣工2019年09月(予定)













002_201709060850243e5.jpg



日本初の寺院山門一体のホテル「(仮称)大阪エクセルホテル東急」は、以前から注目を集めている計画です。暫く旧建物の解体工事が行われてきましたが、2017年09月07日から本体工事に着手しました。ホテル外観は低層部中央に参道を設けており、その特徴的な外観が注目を集めそうです。全体的なデザインはグレーを基調にしたシックな色合いで、低層部と客室部が明確に分かれた外装は「南御堂」への参道の入り口をイメージした様に思えます。










th_IMG_4465.jpg


現地の様子です。前回の撮影が2017年09月だったので、約3ヶ月振りの取材です。















th_IMG_4466_20171210154753eaa.jpg


北東側から見た様子です。(仮称)大阪エクセルホテル東急が入居する、(仮称)積和不動産関西南御堂ビルは、横幅が約75mもある相当大きなビルになります。完成後はこの風景も相当変わります。

















th_IMG_4445_201712101547551e3.jpg


敷地北東角から見た様子です。御堂筋沿いに横幅約75mの巨大なビルが出来ます。ただ、奥行きはあまりない、板状の高層ビルになります。ホテル用途だと奥行きはあまり必要ないので、ホテルは、この計画地の条件にピッタリです。















th_IMG_4450_201712101547550ab.jpg


南西側から見た様子です。
















th_IMG_4447_20171210154757f02.jpg


最後は仮囲いの透明箇所から見た、内部の様子です。




コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です