【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

『オプテージ曽根崎データセンター』関テレ所有地に都市型データセンターを開発!関西テレビとサンケイビル初の共同事業【2026年1月運用開始】



関西テレビ放送とサンケイビル、オプテージ は、2023年1月25日付けのニュースリリースで、大阪市・東梅田エリアにおいて都市型データセンター「オプテージ曽根崎データセンター」を開発すると発表しました!事業は、関西テレビ所有地での再開発計画で、関西テレビとサンケイビルの初の共同事業で、両社にとって、データセンター開発の第一号物件となります。竣工後は株式会社オプテージが「オプテージ曽根崎データセンター」として運営を行います。

昨今、多くの企業や地方自治体においてDXの取り組みを進める中、データセンターのニーズが高まっています。また、2011年の東日本大震災以降、BCP対策がクローズアップされいる事もあり、近畿圏におけるデータセンターのニーズは今後さらに高まることが予想されます。

【出展元】
大阪市内にコネクティビティデータセンターを開発 2025年竣工予定「オプテージ曽根崎データセンター」


計画地がある東梅田エリアは、主要なメガクラウドやインターネットエクスチェンジとのアクセスポイントがある堂島エリアや心斎橋エリアから3km圏内に位置しており、曽根崎データセンターと直結することで、低遅延で安定した接続サービスを提供する事が出来ます。

 

計画では、2,239.81㎡の敷地に地上14階建ての高層データセンタービルを新設。免震設計、電源系統の冗長化、72時間以上の連続稼働が可能な非常用発電機、24時間365日の常駐管理など、JDCCが定めるティア4に準拠した設計となります。今後、2023年11月に着工、2025年9月竣工、2026年1月の運用開始を予定しています。

 

計画概要

建物名称:オプテージ曽根崎データセンター
所在地:大阪市北区兎我野町
階数:地上14階
高さ:---
敷地面積:2,239.81㎡
建築面積:---
延床面積:---
建築主:関西テレビ放送、サンケイビル、オプテージ
設計者:---
施工者:---
着工:2023年11月
竣工:2025年9月
開業:2026年1月(予定)

2 COMMENTS

アリー my dear

おはようございます(^_^)
今朝の建設通信新聞の記事からです。
https://www.kensetsunews.com/archives/783058

“ 想定規模は14階建て延べ約1万4643㎡で、11月の着工と2025年9月の完成を目指す。設計、施工は非公表。” とのことです。

アリー my dear

大阪にある大規模な他のデータセンタービルだと、京阪神OBPビルが16階で118m・NTT日本橋ビルが15階で98mですから、ここも恐らく高さは80m台くらいでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。