【再都市化ナレッジデータベース】

阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.06

IMG_7565.jpg


阪急梅田本店・二期棟建設工事は、2009年9月にオープンした一期棟と入れ替わりで既存の百貨店を取り壊し、新たに二期棟を建設する百貨店の建替えプロジェクトです。二期棟が完成し増床すると、阪急百貨店梅田本店は延べ床面積約8.4万平米の巨大店舗にパワーアップします。


先日発表された、エイチ・ツー・オー リテイリング株式会社のプレスリリースによると、建替え工事中の「阪急うめだ本店」のグランドオープンは2012年11月下旬、開業初年度の売上目標は 1,900億円、(阪急メンズ館を含む「阪急本店」の売上目標は2,130億円)との事です。

ストアコンセプトは「素敵な時(トキ)の過ごし方、暮らしの劇場・阪急うめだ本店」。お客様の生活スタイルの創造をお手伝いする百貨店を目指し、エキサイティングな買い物体験を提供する「暮らしの劇場」に生まれ変わります。




【公式HP】
エイチ・ツー・オー リテイリング ニュースリリース


【過去記事】
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.04
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.03
阪急梅田本店・二期棟建設工事 12.01
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.11
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.10
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.08
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.06
阪急梅田本店・二期棟の最新イメージパース
阪急梅田本店・二期棟建設工事 11.05
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.12

→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.10
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.05
→阪急梅田本店・二期棟建設工事 10.03
→梅田阪急ビル 朝と夜
→阪急工事中
→梅田阪急ビル 09.08
→伸びる阪急2
→伸びる阪急
阪急梅田本店立て替え











IMG_8046.jpg



前回の撮影から約2ヶ月振りの取材です。前回と比較すると、屋上にあった自走式クレーンがなくなっており、全てのクレーンが姿を消しています。また、歩道に面する箇所の「仮設の庇」の撤去が進んでおり、低層部壁面の仕上げが進んでいました。











IMG_7573.jpg


続いて、阪急ターミナルから見た阪急梅田本店・二期棟建設工事の様子です。










IMG_7579.jpg

屋上のをアップで。屋上庭園の広さは約1,000m2。シンボルツリーを中心に広がる広場はお買い物の合間の憩いのスペースになります。











IMG_7569_2.jpg



順調に工事が進む阪急梅田本店・二期棟建設工事 。すべてのクレーンが姿を消した事で、外装工事は一段落といった感じです。今後は、地階の歩道橋周辺の低層部壁面の仕上げと内装工事が進められる事になります。



3 COMMENTS

茨木市民

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
阪急のコンコースの6連エスカレータの共用が7月31日に決定したようです。少し前倒しになりましたね。
日本初の並列6連ですし、エスカレータの上部にも阪急のファザードがありイイ感じですね。
また共用開始いたしましたら取材の方お願い致します。
http://holdings.hankyu-hanshin.co.jp/ir/data/ER201207181N1.pdf

愛阪者

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
”大阪ステーション・シティーから、関西マーケットを見る”で検索すると、アパレル業界の人と思しき人が、伊勢丹の敗因に関して分析したブログの記事が出てきます。
この記事、ど素人の私には結構面白く読めました。よかったら読まれてみたらいかがでしょうか。
もっとも、玄人の人にとっては言わずもがなのことなのかもしれませんが。。。

淀屋

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
オープンが待ち遠しい。やはり梅田は阪急の街。単に買い物の場でなく、なんとなくワクワクする昔の百貨店に感じていた百貨店が誕生しそう。大梅田のシンボルとなる。伊勢丹新宿を抜いて日本一の売上を上げれば、百貨店業態復活のモデルともなる。
来年夏の日本一の売場面積、近鉄百貨店のオープン、その前の不振伊勢丹の大改装で、百貨店の新業態は大阪で大きな花を咲かすことになりそうである。昨年は梅田、阿倍野が勝ち、ミナミ一人負けから今年は梅田一人負け、ミナミ躍進となり、三極はそれぞれ個性を発揮して発展することが確認された。それよりは地域内の勝ち負けの方が熾烈といえる。梅田は阪急・阪神村対JR村の戦い。グランフロントも阪急運営。大阪駅、JR村に対して阪急・阪神村は東西南北完全な包囲網を敷いた。まるで大阪の、夏・冬の陣の様相。本陣は阪急百貨店、対するJR村の本陣は伊勢丹。両店の競争の帰趨で戦いの結果が決まりそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です