【再都市化ナレッジデータベース】

新北ビル 09.11


昨日の新北ビルです。急ピッチで建設が進んでいるようで、1ヶ月ちょっとで大きく姿が変わっていました。

【過去記事】
→新北ビル 09.10-2
→新北ビル 09.10
→新北ビル 09.07
→新北ビル 09.05
→姿を現し始めた新北ビル




        
橋上駅舎部分を見ると。。ついにドーム屋根が姿を表し始めました!これを何枚も作って左右にスライドさせて屋根を懸けて行きます。最大の見せ場である「ドーム空間」の建設に着手した事で、新北ビル建設工事もいよいよクライマックスに突入です。





        
アクティ展望台から。橋上駅舎の真上で組み立てをする事で列車を運行しつつ、大規模ドームを作る事が出来るんですね。





        
アップで。よく見ると、写真左側に2本のレールとゴンドラが写っています。資材運搬用のリフトでしょうか。。。





        
専門店街の部分、新北ビル西側にもガラスカーテンウォールが取り付けられていました。けっこうカッコいいですね。やっぱり実際に出来上がって来ると印象がガラリと変わります。




        
最高部まで到達した超高層棟もガラスカーテンウォールをドンドン取り付けています。



5 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>abc さま。
そうですね。あと半年するとドームがほとんど掛かっているかもしれませんね。その後の工事も興味深いです。


>愛阪者 さま。
ほんとに凄いですよね。ホームを順番に移設して行った時から決まってたんですよね。まさに用意周到です。


>香里園の住民 さま。
そうですね。一番多くの人が行き交う駅にシンボリックな仕掛けをする。最も効果的なアピール方法ですよね。僕は夜のドーム空間が楽しみで仕方ないです。


>Unknown さま。
1つ前の記事は今ひとつだったので消しました。。

Unknown

SECRET: 0
PASS:
あれ、ひとつ前の記事消えてません?
大阪駅は完成後の雰囲気が見えるようになってきましたね。

香里園の住民

SECRET: 0
PASS:

新しい大阪のシンボルになりそうですね

ドームを一刻でも早く見たいです

愛阪者

SECRET: 0
PASS:
当初の予定よりも結構早く進んでるようですね。
それにしても、あれやこれやと色んな工法を考え出す人はカシコイ。そう思います。

abc

SECRET: 0
PASS:
いよいよですね。半年もすればドームの形がかなり見えてきているんでしょう。

既に11番のりばも年内の供用開始が決まっています。駅改良工事が終盤戦に突入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です