【再都市化ナレッジデータベース】

(仮称)シティタワー天王寺真田山 11.08



(仮称)シティタワー天王寺真田山は 環状線の玉造駅近くに建設中のタワーマンションで、シティタワーシリーズらしい四隅 にガラス面を配し、バルコニーが目立たないオフィスビル風の外観が特徴です。前回の取材かあ1.5ヶ月振りの来訪でしたが順調に成長しており間もなくトップに到達しそうな感じでした。











IMG_0303.jpg


【スペック】
名称:(仮称)シティタワー天王寺真田山
規模:地上34階、地下1階  
高さ:118.605m
戸数:221戸
敷地面積:2,130.21m2  
建築面積:989.65m2  
延床面積:21,399.83m2 
竣工:2012年03月














IMG_0319.jpg



高さ118.6mとそれほど高くはありませんが、周辺に高層ビルが少ない為に実際のスペック以上い高く感じ、存在感が出て来ました。デザインも良く結構いい感じです。











IMG_0312.jpg

最後は南側から見た、(仮称)シティタワー天王寺真田山の様子です。西日に輝くタワーがカッコイイ。




1 COMMENT

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
120m足らずの高さとは言え、やはりその存在感は際立ちます。でもその反面、周囲の風景に溶け込めずに浮いてしまわないかと、要らぬ心配もしてしまいます。

JR大阪環状線の東側あたりは、今でこそ上本町周辺などタワーマンションが林立する地区になりましたが、全体的に見ればまだ密度が低いですよね(ただ、これは環状線西側にも言えますが‥)

だけど何はともあれ、完成まであと一息のところまで出来てきました。 ここはひとつ、素直に喜びたいと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です