新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

【2022年03月竣工】大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業の状況 19.09



近畿地方整備局は、PFI手法を導入する「大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業」の一般競争入札を行い、2017年11月24日に開札され、大林組グループ(代表:大林組、構成員:東京ビジネスサービス、協力企業:日本設計)が約207億で落札しました。

計画地は大阪市中央区大手前3丁目の「大阪府警察本部別館A棟」などの跡地6,453.54で、延床48,456㎡の合同庁舎が建設されます。特定事業では、事業敷地内の既存建物及び地下存置物等の解体撤去を含む、大阪第6地方合同庁舎(仮称)の施設整備(外構及び新設付属施設を含む)、維持管理及び運営を行います。契約期間は2018年1月23日から2032年3月末までの約14年間。近畿管区警察局、近畿管区行政評価局、近畿公安調査局、近畿地方整備局、大阪航空局が入居する予定です。

【出典元】
大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業の民間事業者選定結果(PDF)

 

【2022年03月竣工】大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業の状況 19.04



大阪第6地方合同庁舎(仮称)整備等事業の民間事業者選定結果が公表される。大林組を代表とする企業グループが207億円で落札。



 


【スペック】
計画名称:大阪第6地方合同庁舎(仮称)
所在地:大阪市中央区大手前3丁目3番10他
階数:地上14階、地下1
高さ:73.0m
構造:鉄筋コンクリート造、一部鉄骨造
杭・基礎 :
主用途: 事務所(庁舎)
総戸数:
敷地面積:6,453.54
建築面積:3,731
延床面積:48,456㎡ 容積対象面積:42,433
建築主:PFI大阪第6地方合同庁舎株式会社
設計者:日本設計
施工者:大林組
着工:201912月(予定)
竣工:202203月(予定)

 

 


建築計画のお知らせに掲載されていた立面図です。

 

 

 


同じく配置図です。

 

 

 

 

2019年9月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年4月だったので、約5ヶ月振りの取材です。

 

 

 

埋蔵文化財発掘調査と留め工事が行われていました。

 

 

 

何やら遺構らしきモノが見えますね・・・。

 

 

 

最後は北西側から敷地全体を見た様子です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です