MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

イオンタウン守口(仮称)谷町線守口駅前の市役所跡地に新街区「リンクシティ守口」が誕生へ【2023年秋オープン】


NTT都市開発とイオンタウンの2社は、守口市が実施した「大阪府守口市旧本庁舎等跡地活用事業」における公募に協業提案を実施し、優先交渉権者に選定され、2020年7月に基本協定書を締結しました。

計画地は、大阪メトロ守口駅前の市役所跡地等約7500㎡を活用して、商業施設と住宅からなる複合再開発「リンクシティ守口(Link City Moriguchi)」を開発する計画です。

完成予想パースにはイオンタウンのロゴマークが描かれているので、商業施設はイオンタウン守口(仮称)になる可能性が高いです。

【出展元】
NTT都市開発>大阪府守口市旧本庁舎等跡地活用事業における基本協定書の締結について

 

 



事業名称守口市旧本庁舎等跡地開発事業「(仮称)Link City Moriguchi」
所在地(地番)守口市京阪本通二丁目32番地
守口市豊秀町二丁目54番地、60番地、69番地
守口市日吉町二丁目48番地、49番地、56番地
敷地面積合計:7,524.31㎡
住宅敷地面積:1,995.24㎡
商業敷地面積:5,529.07㎡
延床面積合計:17,049.00㎡(予定)
住宅建物面積 8,226.67㎡(予定)
商業敷地面積 8,823.33㎡(予定)
階数(予定)住宅棟 地上10階建
商業棟 地上2階建
着工(予定)住宅棟・商業棟 2022年9月
竣工(予定)住宅棟 2024年6月/商業棟 2023年9月
事業者NTT都市開発株式会社
イオンタウン株式会社
 

計画地はこちらです。谷町線守口駅の目の前といえる最高の立地です。住宅建物面積 8,226㎡の住宅棟と商業敷地面積 8,823㎡の商業棟などが計画されています。

イオンタウン守口(仮称)は、2022年9月に着工し、22023年9月以降オープン開業予定です。また、リンクシティ守口の住宅棟は20229月に着工し、20246月の完成予定となっています。

 

保育園・コワーキングスペース・サイクルカフェ!


提案内容を見ると、NTTグループによるICTIoTAI等の通信技術と、イオングループによる地域リレーション構築、防災対策等のノウハウ連携を図るとの事です。

また、新たなライフスタイルに即したコワーキングプレイス、街の資源へのアプローチを容易にするウォーク・ラン・サイクルカフェ、子育てを支援する事業所内保育園、市民が主役となる参加型イベントスペース等の設置により、守口市と一体となり地域の課題を解決する街づくりに組む計画となっています。



<事業コンセプト>
① 守口市における新たな顔の創出
② 子育てを中心とした新たなライフスタイルの発信
③ 周辺の自然・歴史資源の活用を軸に、ヒト・モノ・コトがつながる商業・住宅の複合開発「(仮称)Link City Moriguchi」を提案

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE