新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト 10.07


(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト
は、JR高槻駅北東地区開発事業「MUSE(ミューズ)たかつき」に建設されているタワーマンションです。将来的には現在建設中のタワーの隣に同規模のタワーが建設されツインタワーになる予定です。MUSE高槻は、総面積約9.3ヘクタールの広大な敷地を再開発する西日本最大級の複合開発計画で住宅・学校・病院・商業施設等で構成されています。

【過去記事】
→関西大学高槻MUSEキャンパス
→MUSE 高槻
■追跡取材リスト






        

久々に現地を取材してみるとタワークレーンの組み立てが始まっていました!タワークレーンを見るとテンションが一気にアップしてしまう自分が悲しい。。

【スペック】
名称:(仮称)JR高槻駅前タワーマンションプロジェクト
階数:地上41階、塔屋2階
高さ:144m
戸数:450戸
敷地面積:7994.21m2
建築面積:4363.77m2
延床面積:62472.09m2






        

こちらは愛仁会リハビリテーション病院の現在の様子です。「MUSE(ミューズ)たかつき」を改めて取材してみると、この再開発プロジェクトが相当な規模だと言う事が実感できました。サンマークスだいにちメガシティタワーズに続く郊外の大規模開発ですので、「MUSEたかつき」のこれからの成長がとても楽しみです。



2 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>キンキ さま。
そうですね。今は地価が底値圏なので各社都心での用地仕入れを積極的に行っています。数年後には雨後のタケノコの様にタワーマンションが建設されるとおもいます。ですのでMUSEやサンマークスだいにち、クラスの再開発はしばらく無いかもしれません。あと、郊外の取材もがんばりますね^^;

キンキ

SECRET: 0
PASS:
今後も郊外でこのクラスの大規模再開発は大阪府内や他の府県でも行なわれるのでしょうか?
都心再開発も面白いですが、郊外の開発、駅前再開発にも興味があるのでこれからも楽しいレポートをお願いします。
正直、私もいろいろ街や再開発現場を巡っていろいろと報告したいのですが、今はいろいろと忙しいのでなかなかできない状態です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です