【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

コストコ門真倉庫店(仮称)は2023年春オープン予定!建設工事の最新状況 22.08



三井不動産は2021年10月15日に、大阪府門真市松生町に計画している「(仮称)門真市松生町商業施設計画」の起工式を執り行いました。商業施設、住宅(分譲マンション)、事業所等からなる複合再開発が行われます。

新街区の核となる施設は三井不動産が展開するSC「ららぽーと門真」で、さらに、敷地内に会員制倉庫型店舗「コストコ(Costco)」が出店する事が明らかになりました!

【出展元】
「(仮称)門真市松生町商業施設計画」建築着工 2023年春開業予定

 

施設配置図



計画地は門真市松生町のパナソニックの工場や研究施設などの跡地、約166,000㎡で近畿自動車道の門真IC近く、大阪中央環状線(中環)や国道163号線などが利用できる他、京阪本線・大阪モノレール門真市駅から徒歩圏内の交通利便性が高い好立地です。

計画名称は(仮称)コストコホールセール門真倉庫店。ガソリンスタンドも併設予定です。施設規模は、鉄骨造、地上3階建て、高さ18.47m、敷地面積:33,958.76㎡、延床面積:47,560.04㎡。売場面積は不明ですが、コストコの国内他店舗の売り場面積が概ね10,000㎡なので、門真も同程度になると思います。建築主はコストコホールセールジャパン、設計者はkatachi ap、施工者は未定。2021年07月初旬に着工し、2022年10月下旬に建物が竣工する予定です。

A街区:ららぽーと門真(仮称)
B街区:分譲マンション
C街区:コストコ門真倉庫店(仮称)
D街区:東和薬品の事業所

 

他店では買えないコストコの商品



コストコは高品質な優良ブランド商品を出来る限りの低価格で提供する、アメリカ生まれの会員制倉庫型スーパーです。元々は、卸売業者が小売業や飲食業などの事業者会員に販売する「ホールセールクラブ」が原点で、その後に会員の幅を拡大し、現在では一般消費者にまで門戸を広げて拡大を続けています。

コストコの商品は原則、他店では買えないコストコ仕様となっており、特に食品類は絶対額は安くはありませんが、明らかに品質が高い品を、それなりの価格で大量に買う事ができます。

商品アイテム数を絞り込み、かつ大容量を販売する事で、1アイテムあたりの販売数量を最大化しており、これによって他店に比べ高いコストパフォーマンスを発揮しています。コストコは「ここでしか変えない商品」を武器に支持を集め、国内の会員数は推計800万人を超えているそうです。

 

 

大阪府下では2店舗目、近畿圏は9年ぶりの出店



2022年2月現在、国内のコストコの店舗数は30店舗を展開しています。門真店がオープンすると、大阪府下では2店舗目、近畿圏は9年ぶり5店舗目の出店となります。門真のコストコは、既存の京都八幡と尼崎の隙間を埋める絶妙な場所にあるので、両店舗の顧客が分散する他、周辺からも凄まじい集客を上げると思います。

2003年:尼崎倉庫店、
2011年:京都八幡倉庫店
2012年:神戸倉庫店
2014年:和泉倉庫店
2023年春頃:門真倉庫店(仮称)
2024年夏頃:滋賀東近江倉庫店(仮称)

 

計画概要



計画名:(仮称)コストコホールセール門真倉庫店(C敷地)
所在地:大阪府門真市松生町204-3の一部
交通:京阪本線・大阪モノレール 門真市駅
階数:地上3階、地下0階
高さ:18.47m
構造:鉄骨造
用途:商業施設・自動車修理工場、駐車場・ガソリンスタンド
敷地面積:33,958.76㎡
延床面積:47,560.04㎡
売場面積:不明
建築主:コストコホールセールジャパン
設計者:katachi ap
施工者:未定
着工:2021年07月初旬(予定)
竣工:2022年10月下旬(予定)

 

 

2022年8月の様子

 


現地の様子です。前回の撮影が2022年2月だったので、約6ヶ月振りの取材です。

 


西側から見た様子です。三点式パイルドライバが投入され杭打ちが始まっていました!

 


南西側から見た様子です。「建築計画のお知らせ」によると10月下旬に建物が完成する予定ですが、とても間に合いそうになにのでリスケされるのは確実だと思います。

 

 


最後は東側から見た様子です。コストコの店舗建物は非常に簡素な造りなので、これから一気に工事が進み、来春のオープンに間に合わせるのかも知れませんね。

 

2022年2月の様子


現地の様子です。前回の撮影が2020年9月だったので、約1年5ヶ月振りの取材です。

 

 


西側から見た様子です。旧建物の解体工事が終わり更地になっていました!

 

 


南西側から見た様子です。奥に見えているには、ららぽーと門真(仮称)の躯体です。

 

 


南側から見た様子です。コストコの計画地では建物の建設は始まっておらず整地が行われていました。

 

 


最後は再開発地区の南側にある接道の様子です。オープン後の交通量の増大を見越して拡幅工事が行われていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。