【再都市化ナレッジデータベース】←新規情報やタレコミはこちらのコメント欄にお願いします!

ダイビル本館 12.01




ダイビル本館は、 近代建築物の名作として名高かった「旧ダイビル本館」を、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ108.19mの超高層ビルに建て替える再開発計画で、キーテナントは大林組が内定しています。新たに建設される超高層ビルは以前「中之島ダイビル・ウエスト」の仮称で呼ばれていましたが、正式名称は旧ビルと同じ「ダイビル本館」になりました。前回から約1.5ヶ月振りに取材しましたが、旧ダイビル本館が再現される低層部の上の高層部が伸び始めており、かなり良い感じに成長してきました。


【過去記事】
ダイビル本館 11.12
ダイビル本館 11.11
ダイビル本館 11.10
ダイビル本館 11.08
中之島ダイビル・ウエスト 11.04
→中之島ダイビル・ウエスト 11.02

→中之島ダイビル・ウエスト 10.10
→中之島ダイビル・ウエスト 10.08

→ダイビル本館の消失 10.07
→中之島ダイビル・ウエスト 10.05
→中之島ダイビル・ウエスト
■追跡取材リスト










IMG_2877.jpg


【スペック】
名称:ダイビル本館
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:108.19m
敷地面積:21,085.64m2(施設全体)
建築面積:4,559.81m2
延床面積:52,978.81m2
竣工 : 2013年02月末(予定)








IMG_2874_20120204215709.jpg


新ビルの低層部には「旧ダイビル本館」の外観が再現されます。その為、旧ダイビル本館を解体する時に旧ビルの「壁面」が切り取られ現在は別の場所で保管されています。今回組上がってきた鉄骨を見てみると、旧ダイビル本館の1大特徴であった角のR部分が解る様になってきました。












IMG_2861_20120204215709.jpg


続いて西側から見た、ダイビル本館の様子です。ビルの厚みはこんな感じになります。また、ダイビル本館の北西側には広さ約3,300m2 の「花・緑・水・光」をテーマにした「北西広場(仮称)」 が整備され、四季折々の花、豊かな緑や水盤・噴水による美しい水景により自然を楽しめる大規模な公開緑地となります。










IMG_2839.jpg

こちらは、北側から見たダイビル本館の様子です。横幅のスケール感はこんな感じです。











IMG_2854.jpg

南側から見た、ダイビル本館の様子です。












IMG_2872_20120204215709.jpg


最後は、もう一度、北西側から見たダイビル本館と周辺の高層ビルの様子です。ダイビル本館は、高さは108mとそれほど高いビルではありませんが、東西方向に横長の形状、低層部に再現される旧ダイビル本館など、想像以上に存在感のある超高層ビルになりそうで楽しみです。現在どこかで保管されている旧ダイビル本館の壁面が、再び中之島に帰ってくる日が楽しみです。



2 COMMENTS

福島区民

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
現在、ダイビル本館の低層部のシートが東側から取れてきています。下には旧本館の外壁のための白い下地のような物が取り付けられています。ちゃんと窓部分も開いています。
また東側タワークレーンもクライミングしました。

アイラブオオサカー

SECRET: 0
PASS: aa98a85119ba51551b31513da7cfdbfa
大変期待しているビルです♪ あの一見地味ながらも、風格と威厳を兼ね備えていた旧ダイビルの意匠。美しく再現されることを願っています。


それから、鉄骨の構築も“えらい組み上がるペースが速いなぁ..”と思いました。
でもよく考えたら、ちょうど一年後の来年2月竣工ですから、まぁこんな感じなのでしょうね(^^)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。