MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

ダイビル本館 12.03

IMG_4313.jpg


ダイビル本館は、 近代建築物の名作として名高かった「旧ダイビル本館」を、地上22階、塔屋2階、地下2階、高さ108.19mの超高層ビルに建て替える再開発計画で、 キーテナントは大林組が内定しています。新たに建設される超高層ビルは以前「中之島ダイビル・ウエスト」の仮称で呼ばれていましたが、正式名称は旧ビルと 同じ「ダイビル本館」になりました。前回から約1.5ヶ月振りに取材しましたが、高層部分がさらに成長しており、超高層ビルらしい外観になってきました。











IMG_4316.jpg




【スペック】
名称:ダイビル本館
階数:地上22階、塔屋2階、地下2階
高さ:108.19m
敷地面積:21,085.64m2(施設全体)
建築面積:4,559.81m2
延床面積:52,978.81m2
竣工 : 2013年02月末(予定)











IMG_4318_20120313230025.jpg


新ビルの低層部には「旧ダイビル本館」の外観が再現されます。その為、旧ダイビル本館を解体する時に旧ビルの「壁面」が切り取られ現在は別の場所で保管されています。今回の取材では低層部が、すでに旧ダイビル本館を彷彿とさせる形になっていました。









IMG_4288.jpg

低層部をアップで。この部分に旧ダイビル本館の壁面が取り付けられ、往年の姿が再現されます。











IMG_4328_20120313230025.jpg


アングルを変えて、ほぼ真横から見た、ダイビル本館の様子です。ビルの厚みはこんな感じになります。










IMG_4296.jpg

さらにアングルを変えて、南側から見た、ダイビル本館の様子です。












IMG_4299.jpg


南側の低層部をアップで見ました。あれれ?南側は普通にガラスカーテンウオールになるみたいです。旧ダイビル本館が再現されるのは北側、西側部分だけみたいですね。。











IMG_4246.jpg

最後はさらにアングルを変えて、オリックス本町ビルの展望台、クロステラス本町から見た、ダイビル本館の様子です。




1 COMMENT

タイム

SECRET: 0
PASS: 74be16979710d4c4e7c6647856088456
関電ビルと中之島ダイビルに挟まれているだけに、何だか埋もれているように見えますね~。
中之島西部の駐車場や低層エリアも早く高層化してほしいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です