【再都市化ナレッジデータベース】

新北ビル 09.07

順調に工事が進んでいる「新北ビル」。超高層部が姿を表してきました。本体の巨大さとドーム屋根に注目が集まりますが、超高層部も絶妙な位置にあり西梅田の「ビル景」に花を添えそうです。


        途切れなく長大編成の電車が発着します。さすがは大阪駅。来年には新北ビルが全貌を表し、いよいよドーム屋根の架設が始まります。日本最大、圧倒的規模の吹き抜け空間を持ったメガターミナルが誕生します。


        ヒルトン側から。すでに、もの凄いボリューム感です。再開発などに全然興味が無い人が見ても、すでに圧倒されるレベルです。



2 COMMENTS

ろんぐ

SECRET: 0
PASS:
>キンキ さま。

そうですよね。特に新大阪駅は、東海と西日本の区画で全然キレイさが違います。東海の管轄部分は照明も明るくて内装もキレイ。一歩西日本の区画に入るといきなり暗くなります。新大阪駅はまさに大阪の顔なので、特に美しく先進的にするべきだと思います。

キンキ

SECRET: 0
PASS:
まだ建設中とはいえ凄い迫力ですね、新駅は。
この大阪駅の建設が終わったら、新大阪や天王寺の駅も新たに建て替えてもらいたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です