新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

三木楽器心斎橋店×Gap/GapKids 心斎橋店(仮称)心斎橋筋一丁目計画」の状況 18.07


三木楽器心斎橋店 ✕ Gap/GapKids 心斎橋店の複合店舗が誕生

三木楽器株式会社と三井不動産株式会社は2017913日付けのニュースリリースで、大阪市中央区心斎橋筋一丁目において、2社共同で商業施設を建設する「(仮称)心斎橋筋一丁目計画」の施設概要を発表しました。ギャップジャパンが、店舗部分の地下1階、1階の一部、2階に出店し、アダルトブランドのGap、キッズブランドのGapKids、ベビーブランドのbabyGapなど、カジュアルファッションアイテムを、バリエーションに富んだカラー、サイズで取り揃え、世代を越えどなたでも気軽にショッピングを楽しめる空間を提供。三木楽器は1階の一部に店舗を出店、3階~5階で音楽教室を運営するとしています。店舗部分には、本施設建て替えのため20166月末より一時移転していた「三木楽器心斎橋店」を、ヤマハピアノ・エレクトーン専門店としてリニューアルオープン。新店舗と新教室は、洗練されたステイタス感あふれるスペースで、新たな音楽ライフの提案をする、としています。

【出典元】
心斎橋筋商店街に新商業施設 来秋オープンへ 三木楽器心斎橋店×Gap/GapKids 心斎橋店


【過去記事】
三木楽器心斎橋店×Gap/GapKids 心斎橋店(仮称)心斎橋筋一丁目計画」の状況 18.04




 


【スペック】
計画名称:(仮称)心斎橋一丁目計画
所在地大阪府大阪市中央区心斎橋筋1-45-1
階数:地上5、地下1
高さ:22.89m
構造:地上部S造、地下部RC造
杭・基礎 :
主用途:店舗
総戸数:—–
敷地面積:400.48
建築面積:396.61
延床面積:2009.42
建築主:三木楽器、三井不動産
設計者:熊谷組
施工者:熊谷組
着工:201702
竣工:201811月(予定)

 

 

 



 

現地の様子です。前回の撮影が2018年04月だったので約3ヶ月振りの取材です。

 

 

 

 

 


心斎橋筋側の様子です。「GAP」のロゴとhello Shinsaibashiの文字が掲げられています。

 

 

 

 

 

 


そして、直ぐ側にはユニクロ日本初のグローバル旗艦店、H&Mの大型店がせめぎ合っています。GAPは長堀通り北側から、コチラが側に殴りこんでくる感じですね。

 

 

 

 

 

 


順調に工事が進む三木楽器心斎橋店×Gap/GapKids 心斎橋店(仮称)心斎橋筋一丁目計画」。建物外装はほぼ完成しており、これから内装工事が本格化する事になります。GAPの立地は最高過ぎるので、メチャクチャ売れると思います。

3 COMMENTS

ファゴット

アメ村の三木楽器は、仮のものではないということですね。ビッグステップ界隈に、三木楽器の数店舗、心斎橋パルコの7階にあったイシバシ楽器、イケベ楽器、ミュージックランドKEYが、集まり、ギター街になってますね。

ぽてちん

三木楽器は心斎橋筋商店街には、なくてはならないお店ですね。
エレクトーン演奏は外国人観光客も喜ぶでしょう。ぜひ復活を!

アリー my dear

このエリアもいつの間にやら、名だたるファストファッションの激戦地へと変化してきましたね( ◠‿◠ )

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です