MENU

カテゴリー

アーカイブ

最近のコメント

【再都市化ナレッジデータベース】

シエリア大阪上町台パークタワー 建設工事の状況【2021年09月竣工】


シエリア大阪上町台パークタワーは、ボーケン大阪本部ビル跡の再開発計画です。計画名称は(仮称)中央区上町計画。一般財団法人ボーケン品質評価機構(通称 ボーケン)は、繊維製品の輸出振興と品質向上を目的として1948年に商工省(現在の経済産業省)の許可を得て設立された第三者試験機関です。衣料品、雑貨、日用品に至るまで、幅広い分野の品質評価試験を実施しています。

難波宮跡公園の南側にあった、同社の大阪本部と大阪事業所の各部門(上町試験課、大阪国際ビル渉外事務部門、瓦町ビル試験課)は新社屋大阪本部ビルへ移転する事になり、跡地の再開発計画が行われる事になりました。

【公式HP】
シエリア大阪上町台パークタワー

 


シエリア大阪上町台パークタワーの建築主は関電不動産開発と三井不動産レジデンシャル、設計・施工は長谷工コーポレーションが担当。地上29階、高さ99.985m、延床面積14,712㎡のタワーマンションが計画されています。2019年03月着工、2021年09月の竣工を予定しています。

 

 


【物件概要】
名称:シエリア大阪上町台パークタワー
計画名称:
(仮称)中央区上町計画
所在地:大阪市中央区上町1丁目18-9(地番)
階数:地上29階、塔屋2階、地下1階
高さ:高さ99.985m
構造鉄筋コンクリート造
杭・基礎 :
主用途:共同住宅(分譲)
総戸数:—-
敷地面積:1,816.63㎡
建築面積:676.57㎡
延床面積:14,712.22㎡(容積対象面積9,537.20㎡)
建築主:関電不動産開発、三井不動産レジデンシャル
設計者:長谷工コーポレーション
施工者:長谷工コーポレーション
着工:2019年03月(予定)
竣工:2021年09月(予定)

計画名称:(仮称)中央区上町計画

2020年5月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年3月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

北東側から見た様子です。

南西側から見た様子です。躯体が地上に姿を現し始めました。

2020年3月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2020年2月だったので、約1ヶ月振りの取材です。

北西側から見た様子です。取材時には地下躯体工事が行われていました。

南東側から見た様子です。

最後は南西側から見た様子です。

2020年2月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年12月だったので、約2ヶ月振りの取材です。

北東側から見た様子です。基礎工事が本格化しています。

南東側から見た様子です。

最後は南西側から見た様子です。

2019年12月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年9月だったので、約3ヶ月振りの取材です。

南西側から見た様子です。

南東側から見た様子です。

最後は北東から見た様子です。

2019年7月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年05月だったので約2ヶ月振りの取材です。

現地の掲示板を見ると、取材時は杭工事が行われている様でした。

南西側から見た様子です。

最後は開いていたゲートから見た内部の様です。

2019年4月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年03月だったので約1ヶ月振りの取材です。

この一ヶ月間で既存建物の解体工事が一気に進み、驚きました。

僅か一ヶ月で旧ビルはほとんど姿を消しました。

南東側から見た様子です。写真左奥に同じ通り沿いに建設されているグランドメゾン上町台 ザ・タワーの姿が見えます。

最後南西から見た様子です。

2019年3月の様子

現地の様子です。前回の撮影が2019年02月だったので約1ヶ月振りの取材です。

解体工事のペースはゆっくりとしています。

 

建築計画のお知らせでは今月工事着手予定となっていますが、工事は若干遅れそうです。

 

最後は南西側から見た様子です。

2019年2月の様子

現地の様子です。既存建物の解体工事が始まっていました。

南西側から見た様子です。

最後は南東側から見た様子です。

 2018年05月の様子

現地の様子です。既に移転が完了している様ビル周辺は非常に静かでした。

北東側から見た様子です。

南東側から見た様子です。計画地南側には広小路公園に面しています。

最後は南西側から見た様子です。(仮称)中央区上町計画 の周辺は住環境に優れたエリアなので、ファミリー層には人気が出そうな立地だと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

YouTube
Twitter
SHARE