新規プロジェクト情報などの書き込みは【再都市化ナレッジデータベース】のコメント欄にお願いします。

「茶屋町あるこ」のアーケード設置工事が完成!快適な歩行空間はデザイン性と実用性を両立


阪急電鉄、阪急阪神不動産、阪急阪神ビルマネジメントが開発していた、阪急梅田駅北側の高架下に新たな飲食街「茶屋町あるこ」が、2019年3月28日(木)にオープンしました。大阪市と阪急電鉄は、同高架の東側「(市道)梅田北野線」の歩道を拡幅・美装化する等 の整備工事を進めており、これに合わせて歩道沿いに路面型の店舗を新たに配置し、7店舗、約630㎡の飲食街「茶屋町あるこ」が誕生しました。

【出典元】
梅田・茶屋町エリアに新しい飲食街が誕生! 3月28日(木)に「茶屋町あるこ」がオープンします 



 

 

 

「茶屋町あるこ」のアーケード設置工事は開業後も続いていましたが、ついにアーケードが完成しました。

 

 

アーケードの様子です。阪急側からせり出す形で歩道を覆っています。

 

 

アーケードのアップです。強化ガラスとルーバーを組み合わせたデザイン性の高いアーケードです。

 

 

アーケードの先端が透明に「なっているので屋根下の薄暗さが大幅に軽減されています。

 

 

引き気味でみたアーケードの様子です。

 

 

茶屋町あるこの完成に続き、同エリアの北側歩道の拡幅工事が始まっていました。

4 COMMENTS

おろろN

此処の混雑具合を考えると市道を歩行者専用道路に変えても良いような気がします。それが難しいなら車道部分を1車線に狭めて一方通行にするのも手かもしれません。

K

阪急梅田駅の横、だいぶ歩きやすくなりました!
歩行者優先の流れの都市開発がこれからもっともっと進んでほしいです。

三刀流

すごい賑わいですね。これでもまだ、歩行者数に対して歩道が狭いぐらいに感じます。といってこれ以上広げるのは難しそうですね。外国の都市などと比べると、本当に大阪はゆっくり歩ける広い歩道が少ないですね。高速走行の自転車も怖いです。

Akira

歩道が広って歩きやすくなり、お洒落でデザイン性の高いアーケードですね。
大阪駅南側では阪神建て替え中、旧大阪中央郵便局の高層化(今年中建設開始)、そしてうめきた2期が完成すれば梅田エリアが見違えるようになるので楽しみにしています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です